FC2ブログ
2019
01.26

掲載曲リストLe~Z(原題アルファベット順)

Category: 掲載曲リスト
冠詞も含めた原題アルファベット順の掲載曲リストです。クリックするとそのページが開きます。
リストを二つに分けました。Laまではこちら→掲載曲リストA~La

Le
L'eau à la bouche唇によだれ:Serge Gainsbourg
Le bal des Lazeラーズ家の舞踏会:Michel Polnareff
Le barbier de Bellevilleベルヴィルの理髪師:Serge Reggiani
Le bateau blanc白い船:Gilbert Bécaud
Le bel âge美しい年齢:Barbara
Le boum boumブン・ブン:Michel Fugain
Le canari est sur le balconカナリアはバルコニーに:Jane Birkin
Le chaland qui passe過ぎゆくはしけ:Lys Gauty
Le chant des partisansパルチザンの歌:Anna Marly
Le chanteurル・シャントゥール:Alice Dona
Le charleston des déménageurs de pianoピアノ運搬屋のチャールストン:Serge Gainsbourg 
L'écharpeスカーフ:Maurice Fanon
Le chat de la voisineお隣さんの飼い猫:Yves Montand
Le château de sable砂の城:Joe Dassin
Le chemin des forains旅芸人の道:Édith Piaf
Le chevalier de Parisパリの騎士:Catherine Sauvage
Le ciel空:Jacqueline François
Le ciel dans une chambre部屋のなかの空:Carla Bruni
Le cœur volcan火山の心臓:Julien Clerc
L'école est finie学校は終わった:Sheila
Le contre-ecclésiaste (rien n'est vanité)空虚なものは何もない:Juliette Gréco
Le cours du temps時の流れ:Yves Duteil
Le déserteur脱走兵:Boris Vian
Le disque uséすりきれたレコード:Édith Piaf
Le dormeur du val谷間に眠る人:Yves Montand
Le doux caboulotなつかしいレストラン:Francis Carco
Le facteur若い郵便屋:Georges Moustaki
Le festinごちそう:Camille
Le flamenco de parisパリのフラメンコ:Yves Montand
Le funambule綱渡り:Mireille Mathieu
Le galérienガレリアン:Yves Montand
Le goût de miel蜜の味:Fabienne Thibeault
La grenouilleカエル:Francis Lemarque
Le grisbiグリスビーのブルース:Jacques Pills
Le jardin extraordinaire驚きの庭:Charles Trenet
Le jazz et la javaジャズとジャヴァ:Claude Nougaro
Le jour où la pluie viendra雨の降る日:Gilbert Bécaud
Le lion est mort ce soirライオンは今夜死んだ:Henri Salvador
Le loup, la biche et le chevalier (Une chanson douce)オオカミと牝鹿と騎士(優しい歌):Henri Salvador
Le lundi au soleil陽のあたる月曜日:Claude François
Le mal de vivre生きる苦しみ:Barbara
Le malheur d'aimer愛することの不幸せ:Jean Ferrat
Le marchand de bonheur幸福を売る男:Les compagnons de la chanson
Le mauvais garçonろくでなし:Salvatore Adamo
L'embellie凪:Jean Ferrat
Le métèque異国の人:Georges Moustaki
Le monde est stone世界は石になった:Fabienne Thibeault
Le moribondル・モリボン(瀕死の人):Jacques Brel
Le mur de la prison d'en face眼前の刑務所の壁:Yves Duteil
L'enfant au pianoピアノを弾く少年:Serge Lama
Le Noël de la rue通りのクリスマス:Edith Piaf
Le paradis blanc白い天国:Michel Berger
Le parapluie雨傘:Georges Brassens
Le passager de la pluie雨の訪問者:Séverine
Le pénitencier刑務所(朝日のあたる家):Johnny Hallyday
Le petit âne gris小さな灰色のロバ:Hugues Aufray
Le petit bal perdu今はない小さなダンスホール:Bourvil
Le petit cordonnier小さな靴屋さん:Francis Lemarque
Le petit jardin小さな庭:Jacques Dutronc
Le petit train小さな汽車:André Claveau
Le piano de la plage浜辺のピアノ:Charles Trenet
Le piano du pauvre貧乏人のピアノ:Léo Ferré
Le piano noir黒いピアノ:Barbara
Le piano triste悲しいピアノ:Alice Dona
Le poinçonneur des Lilasリラの門の切符切り:Serge Gainsbourg
Le poisson des mers du sud南の海の魚:Isabelle Antena
Le pont Mirabeauミラボー橋:Léo Ferré
Le premier bonheur du jour一日の最初のしあわせ:Françoise Hardy
Le prisonnier de la tour塔の囚人:Édith Piaf
Le rempart城壁:Vanessa Paradis & Benjamin Biolay
Le revenant幽霊:Charles Trenet
Le roi Renaudルノー王:Pierre Bensusan
Le rouge et le noir赤と黒:Claude Nougaro
Les amants恋人たち:Charles Dumont & Édith Piaf
Les amants de Parisパリの恋人たち:Édith Piaf
Les amants de Véroneヴェローヌの恋人たち:Isabelle Aubret
Les amants d'un jourいつかの二人:Édith Piaf
Les âmes en allées逝きし人たち:Gilbert Becaud
Les amours finissent un jourある日恋の終わりが:Georges Moustaki
Les amours perdues失われた恋:Serge Gainsbourg/Juliette Gréco
Les ballons rouges赤い風船:Serge Lama
Les bons momentsふたりの時:Charles Aznavour
Les Champs-Élyséesシャンゼリゼ通り:Joe Dassin
Les châteaux de sable砂の城:Mireille Mathieu
Les comédiensコメディアン:Charles Aznavour
Les copains d'abord仲間を先に(パリジャン気質):Georges Brassens
Les croix十字架:Gilbert Bécaud
Les dessous chicsシックな下着:Jane Birkin
Les deux guitares二つのギター:Charles Aznavour
Les divorcés哀しみの別離:Michel delpeche
Les eaux de Mars三月の水:Georges Moustaki
Les feuilles mortes枯葉:Cora Vaucaire
Les gens sans importance名もない人々:Yves Duteil
Les goélandsかもめ:Damia
Les goémons海草:Serge Gainsbourg
Les gratte-ciel摩天楼:Salvatore Adamo
Les grilles de ma maison思い出のグリーングラス:Dalida
Les hommes qui n'ont plus rien à perdreもはや何も失うもののない男たち(悲しみの兵士):Sylvie Vartan
Les hommes qui passent通り過ぎる男たち:Patricia Kaas
Les insomnies眠れぬままに朝が来て:Barbara
Les lavandières du Portugalポルトガルの洗濯女:Jacqueline François
Les lilasリラ:Jean Ferrat
Les loups sont entrés dans Paris狼たちがパリに入って来た:Serge Reggiani
Les marches des provencesプロヴァンスの市場にて:Gilbert Bécaud
Les mariés de Vendéeヴァンデのカップル:Didier Barbelivien & Anaïs
Les mots bleus青い言葉:Christophe
Les mots tocs甘い言葉:Zaza Fournier
Les moulins de mon cœurわが心の風車(風の囁き):Amaury Vassili
Les roses de Saadiサアディのバラ:Catherine Maisse
Le soleil et la lune太陽と月:Charles Trenet
Le soleil noir黒い太陽:Barbara
Les orgues de Saint-Michelサン=ミッシェルのオルガン:Frédéric François
Les parapluies de Cherbourgシェルブールの雨傘:Nana Mouskouri
Les parfums d'autrefois古き香り:Liane Foly
Les passants通行人:ZAZ
Les petites femmes de Pigalleピガールの娘たち:Serge Lama
Les petits papiers小さな紙切れ:Régine
Les plaisirs démodés時代遅れの楽しみ(昔気質の恋):Charles Aznavour
Les plus jolies choses de la vieいちばん素敵なこと(明るい表通りで):Line Renaud
Les portes du souvenir思い出の扉:Les Nubians
Les prisons du roy王様の牢屋:Edith Piaf
Le square辻公園:Juliette Gréco
Les roses blanches白いバラ:Berthe Sylva
Les roses fanées萎れたバラ:Jacques Dutronc
Les sardinesイワシたち:Pierre Louki
Les séparés離れ離れのふたり:Julien Clerc
Les sucettesアニーとボンボン:France Gal
Le sud南:Nino Ferrer
Les vacances au bord de la mer海辺のヴァカンス:Michel Jonasz
Les vieux mariés永遠のきずな(年老いた夫婦):Michel Sardou
Les vieux pianos古いピアノたち:Claude Léveillée
Les yeux d'Elsaエルザの瞳:Jean Ferrat
Les yeux ouverts瞳をひらいて:Enzo Enzo
L'été indienインデアン・サマー:Joe Dassin
Le téléphone pleure涙のテレフォン:Claude François
Le temps de l'amour恋の季節:Françoise Hardy
Le temps des cerises桜んぼの実る頃:Cora Vaucaire
Le temps des fleurs花の時代:Vicky Leandros
Le temps de vivre生きる時代:George Moustaki
Le temps du lilasリラの季節:Barbara
Le temps du muguetすずらんの咲く頃:Danielle Darrieux
Le temps qui passe時のすぎゆくままに:Laura Fygi
L'été 42おもいでの夏:Michel Legrand
Le torrent急流:Gloria Lasso
Le tourbillonつむじ風:Jeanne Moreau
L'étranger異国の人:Damia / Edith Piaf
Lettre à Franceフランスへの手紙(哀しみのエトランゼ):Michel Polnareff
Le Tziganeジプシー:Pia Colombo
Le velours des vierges柔かい感触:Jane Birkin
Le vieux piano古いピアノ:Édith Piaf
L'homme男:Léo Ferré
L'homme à la motoバイクの男:Édith Piaf
L'homme de Berlinベルリンの男:Édith Piaf
L'homme en habit晴衣の男:Barbara
L'homme en habit rouge赤い服の男:Barbara
L'homme et l’enfantおじさんと子ども:Eddie & Tania Constantine
L'île aux mimosasミモザの島:Barbara
L'île Saint-Louisサン=ルイ島:Léo Ferré
L'important, c'est la roseバラはあこがれ:Gilbert Bécaud
L'invitation au voyage旅へのいざない:Léo ferré
Litanies pour un retour君の帰りをねがう祈り:Jacques Brel
L'ivrogneのんだくれ:Jacques BrelL'oiseau鳥:ZAZ
Lola, ou la légende du pays aux oiseauxローラ、あるいは鳥の国の伝説:Jacqueline François
L'orage (La Pioggia)雨:Gigliola Cinquetti
L'orangeオレンジ:Gilbert Bécaud
Lost songロスト・ソング:Jane Birkin
LOVEラブ:Léo Ferré
Love me please love me愛の願い:Michel Polnareff
Luna Parkルナ・パーク:Yves Montand
Luna rossa (Prière à la lune)ルナ・ロッサ(月への祈り):Lucienne Delyle

M
Ma cabane au Canadaカナダの私の小屋:Line Renaud
Madameマダム:Barbara
Mademoiselleマドモワゼル:Zaza Fournier
Mademoiselle chante le bluesマドモアゼルはブルースを歌う:Patricia Kaas
Mademoiselle de Parisパリのお譲さん:Jacqueline François
Mademoiselle Hortensiaあじさい娘:Yvette Giraud
Ma dernière volonté生きる:Serge Reggiani
Ma fille娘よ:Isabelle Boulay
Magaliマガリ:Gloria Lasso
Magnolias for ever木蓮よ永遠なれ:Claude François
Maintenant je sais今にして分かる:Jean Gabin
Maintenant que la jeunesse青春の過ぎ去りし今:Marc Ogeret
Ma jeunesse青春時代:Carla Bruni
Ma jeunesse fout l'camp私の青春は逃げて行く(もう森へなんか行かない):Michèle Arnaud
Maladie d’amour恋の病:Henri Salvador
Ma liberté僕の自由:Georges Moustaki
Maman a tortママンは間違っている:Mylène Farmer
Maman la plus belle du Mondeママは世界一美しい:Luis Mariano
Mamy blueマミー・ブルー:Nicoletta
Manchester et Liverpoolマンチェスターとリバプール:Marie Laforêt
Ma petite symphonie一本指のシンフォニー:Marcel Amont
Ma plus belle histoire d'amour私の最も美しい恋の物語:Barbara
Ma préférence僕の好みの人:Julien Clerc
Ma première guitare初めてのギター:Sacha Distel 
Marcia baïlaマルシアは踊る:Les Rita Mitsouko
Ma reine de Sabaサバの女王:Michel Laurent
Marie douceur, Marie colère優しいマリー、怒れるマリー:Marie Laforêt
Marie la Mer海のマリー:Salvatore Adamo
Marienbadマリエンバード:Barbara
Marinellaマリネラ:Tino Rossi
Marjolaineマルジョレーヌ:Francis Lemarque
Ma solitude私の孤独:Georges Moustaki
Ma vie c’est moi qui l’ai choisieわが人生、それを選んだのは私:Sylvie Vartan
Mea culpaメア・キュルパ(夜は恋人):Édith Piaf
Méfiez-vous de Parisパリにご用心:Juliette Gréco
Mélancolieメランコリー:Jacqueline François
Mélancolieメランコリー:Sylvie Vartan
Mélancolieメランコリー:Yves Duteil
Mélisaメリーザ:Enrico Macias
Même siたとえ:Marc Lavoine
Même sous la pluie雨が降っても:Françoise Hardy
Ménilmontantメニルモンタン:Charles Trenet
Mé qué mé quéメケ・メケ:Gilbert Bécaud
Merci chérieメルシー・シェリー:Udo Jürgens
Mes amis, mes copains友だち、仲間(若草の恋):Annie Philippe
Mes emmerdesやっかいごと:Charles Aznavour
Mes jeunes années若かりし頃:Charles Trenet
Mes joies quotidiennes(My Favorite Things)私のお気に入り:Mathé Altéry
Mes mains僕の手:Gilbert Bécaud
Message Personnel告白:Françoise Hardy
Miarkaミアルカ:Juliette Gréco
Milordミロール:Édith Piaf
Mistral gagnantミストラル・ガニャン:Renaud
Moi, j'aime le music-hal僕はミュージック・ホールが好き:Charles Trenet
Moi, je suis tango, tangoリベルタンゴ:Guy Marchand
Moi le clown僕は道化師:Marcel Amont
Moi…Lolita あたし…ロリータ:Alizée
Mon amant de Saint-Jeanサン=ジャンの私の恋人:Lucienne Delyle
Mon amie la roseモナミ・ラ・ローズ:Françoise Hardy
Mon ami m'a donné恋人が一輪の花をくれた:Édith Piaf
Mon amour, je viens du bout du monde恋人よ、僕は世界の果てからやってきた:Kenji Sawada
Mon amour mon amiモナムール・モナミ:Marie Lafôret
Mon café russe私のロシアンカフェ:Betty Mars
Mon camarade相棒:Léo Ferré
Mon cœur d'attacheいつも心に:Enrico Macias
Mon cœur est un violon私の心はヴァイオリン:Lucienne Boyer
Mon cœur survivra pour toiマイ・ハート・ウィル・ゴー・オン:Celine Dion
Mon Dieu神よ:Édith Piaf
Mon émouvant amour声のない恋:Charles Aznavour
Mon enfance子供の頃:Barbara
Mon enfance子供の頃:Jacques Brel
Mon faible cœur愚かなり我が心:Jacqueline François
Mon histoire私の物語(オン・マイ・オウン)
Mon homme私の男:Mistinguett
Mon légionnaire私の兵隊さん:Marie Dubas
Mon mec à moiわたしの彼氏(モン・メッカ・モア):Patricia Kaas
Mon manège à moi私の回転木馬:Edith Piaf
Mon Parisモン・パリ:Lina Margy
Mon paysわが故郷:Gilles Vigneault
Mon père父:Sylvie Vartan
Mon pot' le gitanジプシーの友だち:Barbara / Yves Montand
Monsieur Lenobleムッシュ・ルノーブル:Édith Piaf
Monsieur Williamムッシュ・ウィリアム:Léo Ferré
Mon vieuxおやじ:Daniel Guichard
Mon village au fond de l'eau私の村は水の底:Marie Laforêt
Moulin Rougeムーラン・ルージュの歌:Mathé Altéry
Mourir d'aimer愛のために死す:Charles Aznavour
Mourir sur scène舞台の上で死ぬ(歌いつづけて):Dalida

N
Nantesナントに雨が降る:Barbara
Nathalieナタリー:Gilbert Becaud
N'avoue jamais決して云わないで:Guy Mardel
Ne cherchez pas dans les pianosピアノのなかに探さないで:Charles Trenet
Ne joue pasたわむれないで:Colette Deréal
Ne me quitte pas行かないで:Jacques Brel
Ne partez pas sans moi私をおいて行かないで:Céline Dion
Ni belle ni bonne美しくもなく、善良でもない:Barbara
Nicolasニコラ:Sylvie Vartan
Non, je n'ai rien oublié いや、僕は何も忘れてはいない(遠い想い出):Charles Aznavour
Non, je ne regrette rienいいえ、私は何も悔やまない(水に流して):Édith Piaf
Non je ne suis plus la même愛のかたち:Sylvie Vartan
Non Monsieur, je n'ai pas vingt ansいいえムッシュ、私は二十歳じゃないの:Juliette Gréco
Nos yeux se sont croisés瞳を交わして:Yves Duteil
Notre amour限りなき愛:Léo Ferré
Nous僕たち:Hervé Vilard
Nuages雲:Lucienne Delyle
Nuit et brouillard夜と霧:Jean Ferrat

O
On iraオニラ:Zaz
On ira tous au paradis天国への道:Michel Polnareff
On n'oublie rien忘れない:Jacques Brel
On pense à toi,Parisパリを想えば:Cora Vaucaire
Ô toi! la vieおお、我が人生:Charles Aznavour
Où es-tu passé mon Saint-Germain-des-Prés想い出のサン=ジェルマン=デ=プレ:Nicoletta
Où s'en vont les avions ?飛行機はどこへ?:Julien Clerc
Où vont les fleurs?花はどこへ行った?:Francis Lemarque

P
Padam...padam...パダム・パダム:Édith Piaf
Page d'écriture学習帳:Yves Montand
Palladiumパラディウム:Brigitte
Panameパナム:Léo Ferré
Parce queだから:Serge Gainsbourg
Parce que c'est toiあなただから:Axelle Red
Pardonne-moi許したまえ:Tino Rossi
Pardonne-moi許して:Rina Ketty
Pardonne-moi ce caprice d'enfant気まぐれを許して:Mireille Mathieu
Parisパリ:Camille
Parisパリ:Édith Piaf
Parisパリ:Elodie Frégé
Parisパリ:Marc Lavoine & Saoud Massi
Parisパリ:Olivia Ruiz
Paris au mois d'août八月のパリ:Charles Aznavour
Paris canailleパリ・カナイユ(パリ野郎):Catherine Sauvage
Paris en colère怒れるパリ:Tino Rossi
Paris jardinパリの庭:Nicole Louvier
Paris, je t'aime d'amourパリ、ジュテーム:Danièle Vidal
Paris, 15 aoûtパリ、8月15日:Barbara
Paris sera toujours Parisパリはパリ:Maurice Chevalier
Paris violonパリ・ヴィオロン:Michel Legrand
Parle plus basそっと話して(ゴッドファーザー~愛のテーマ):Dalida
Parlez-moi d'amour聞かせてよ愛の言葉を:Lucienne Boyer
Parlez-moi de lui彼のことを話して:Dalida
Paroles...paroles...パロール、パロール:Dalida &Alain Delon
Pas de pinsonアトリのようには歌えない:Régine
Pas làパ・ラ:Vianney
Passe le temps時は過ぎゆく:Souad Massi
Pauvre Rutebeuf哀れなリュトブーフRutebeuf:Léo Ferré
Pépéeペペ:Léo Ferré
Perlimpinpinペルランパンパン:Barbara
Petit avé pour Rayレイのための小さなアヴェ・マリア(街角のアヴェ・マリア):Alain Barrière
Petite可愛い人:L
Petite fleur小さな花:Jacqueline François
Petite Marieプティット・マリー:Francis Cabrel
Petit papa Noëlプチ・パパ・ノエル:Tino Rossi
Pierreピエール:Barbara
Place des Grands Hommes偉人広場:Patrick Bruel
Plaisir d'amour愛の喜び:Marie Denise Pelletier
Pleurer des rivieresクライ・ミー・ア・リヴァー:Viktor Lazlo
Plus fort que nous愛は私たちより強く:Nicole Croisille & Pierre Barouh
Port Cotonポール・コトン:ZAZ
Poupée de cire,poupée de son夢見るシャンソン人形:France Gall
Pour en arriver là求めつづけて:Dalida
Pour faire le portrait d´un oiseau鳥の絵を描くために:Michael Berg
Pour faire une jamセッションするために:Charles Aznavour
Pour la vie生きているかぎり:Patrick Bruel
Pour les enfants du monde entier世界中の子供たちのために:Yves Duteil
Pour ne pas vivre seulひとりで生きないために:Dalida
Pour que tu m'aimes encore愛をふたたび:Céline Dion
Pour qui, pour quoi誰ゆえに、何ゆえに:Dalida
Pourquoiなぜ:Jane Birkin
Pour un flirt avec toi君のためなら:Michel Delpech
Précy Jardinプレシーの庭:Barbara
Prendre un enfant(à Martine)子供を抱いて(マルティーヌに):Yves Duteil
Prends une roseバラを君に:Guy Mardel & Chantal Goya
Prière祈り:Nana Mouskouri
Primevère (Telosma)夜来香:Laura Fygi
Printemps春:Barbara
Promets-moi la lune月を僕に(フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン):Eddy Mitchell
Puisque vous partez en voyageあなたが旅立つというので:Françoise Hardy&Jacques Dutronc
Pull marineマリンブルーのセーター:Isabelle Adjani

Q
Quand il est mort le poète詩人が死んだ時:Gilbert Bécaud
Quand je monte chez toi君の部屋へと登るとき:Henri Salvador
Quand Maman reviendraママンが帰って来たら:Jacques Brel
Quand on n'a que l'amour愛しかない時:Jacques Brel
Quand on s'aime愛し合っていれば:Nana Mouskouri & Michel Legrand
Quand refleuriront les lilas blancs白いリラの咲く頃:Christian Borel
Quand refleuriront les lilas blancs白いリラの咲く頃:Danielle Vidal
Quand tu dorsあなたが眠るとき:Cora vaucaire
Quand tu dors près de moiブラームスはお好き:Yves Montand
Quand un soldat兵隊が戦争に行くとき:Francis Lemarque
Quand vous mourrez de nos amoursあなたが死んだら:Catherine Sauvage
Quartier latinカルティエ・ラタン:Charles Trenet
Quartier latinカルティエ・ラタン:Léo Ferré
Que c'est triste Venise悲しみのヴェニス:Charles Aznavour
Que je sois un ange天使の私(夢がある限り):Nana Mouskouri
Que le mot soit perle真珠の言葉:Henri Salvador & Les Nubians
Quelque chose de Tennesseeテネシー・ウィリアムズ:Johnny Hallyday
Quelquefois時々ね:Claude François& Martine Clémenceau
Quelqu'un m'a dit誰かが私に言った(風のうわさ):Carla Bruni
Quel temps fait-il à Paris ?パリのお天気は?:Isabelle Aubret
Que n'ai-je ?クネージュ?(記憶からの逃走):Keren Ann
Que reste-t-il de nos amours ?恋の名残は?(残されし恋には):Charles Trenet
Que serais-je sans toiもしもあなたに会えずにいたら:Didier Barbelivien
Que sera, seraケセラセラ:Georges Guétary
Que sont devenues les fleurs?花はどうなったの?:Dalida
Qu'est-ce qu'on attend pour être heureux幸せになるのに何を待つの:Ray Ventura
Qui a le droit誰の権利:Patrick Bruel
Qui a tué grand maman ?誰がおばあさんを殺したの?:Michel Polnareff
Quoiコワ:Jane Birkin

R
Raphaëlラファエル:Carla Bruni
Refrainルフラン:Cora Vaucaire
Rendez-vous à Saint-Germain-des-Présサン=ジェルマン=デ=プレのランデヴー:Annette Banneville
Requiem pour un fou気違いのためのレクイエム:Lara Fabian & Johnny Hallyday
Resteじっとこうして:Charles Aznavour
Restera-t-il encore ?恋の名残:Michel Sardou
Retour à Parisパリに帰りて:Charles Trenet
Retour à Montmartreモンマルトルに帰りて:Cora Vaucaire
Rive Gaucheリヴ・ゴーシュ:Alain Souchon
Robin des Bois森のロビン:Georges Guétary
Romanceロマンス(恋歌):Juliette Gréco
Romanticaロマンティカ:Dalida
Rose Blanche (Rue Saint-Vincent)白いバラ(サン・ヴァンサン通り)
Rossignol de mes amours恋のナイチンゲール:Luis Mariano
Route nationale 7国道7号線:Charles Trenet
Rue des Blancs-Manteauxブラン・マントー通り:Juliette Gréco

S
Sables mouvants流砂:Barbara
Sa jeunesse青春という名の宝:Charles Aznavour
Salade de fruitsフルーツ・サラダの歌:Bourvil
Samba Saravah男と女のサンバ:Pierre Barouh
Salutサリュ:Michel Sardou
Sanguineサンギーヌ:Yves Montand
Sans bagages何も持たずに:Barbara
Sans patience耐えることなく:Joyce Jonathan
Sans toiあなたがいなくて:Corinne Marchand
Sans toi je suis seul嘆きのサンフォニー:Christian Delagrange
Sans toi ma mieサン・トワ・マ・ミー:Salvatore Adamo
Sans vousあなたがいないと:Alice Dona & Serge Lama
Sans vous aimer愛すことなく:Juliette Gréco
Savoir aimer愛せること:Florent Pagny
Sayonaraさよなら:Hervé Vilard
Scandale dans la famille家族のスキャンダル:Dalida
Señor(Colimasong)セニョ-ル(カタツムリの歌):Paris Combo
Septembre (Quel joli temps) 9月(なんと美しい季節):Barbara
Seras-tu là君はいてくれるの:Michel Berger
Sérénadeセレナード(小さな木の実)
Sérénade sans espoir望みなきセレナーデ:Lucienne Delyle
Seulひとり:Jacques Brel
Seuleひとり(孤独と夜の中で):Barbara
Seul sur son étoileひとり星の上に:Gilbert Bécaud
Siもしも:Zaz
Siffler sur la colline丘の上で口笛を吹く(野ばらのひと):Joe Dassin
Signé Saganシニェ・サガン:Sylvie Vartan
Si je chanteわたしが歌うとしたら:Sylvie Vartan
Si j'étais présidentもしも僕が大統領だったら:Gérard Lenorman
Si jolieとても美しい:Henri Salvador
Si l'on revient moins riches貧乏になって(青春の旅立ち):Michel Sardou
S'il suffisait d'aimer愛するだけでよかったら:Celine Dion
Si maman si聞いてよママン:France Gall
Si mi caballero私の騎士:Françoise Hardy
Si tu étaisそれが貴方なら:Salvatore Adamo
Si tu t'imaginesあなたがそのつもりでも:Juliette Gréco
Six feuilles mortes de San Franciscoサンフランシスコの6枚の枯葉:Mouloudji
Soir de Première初日の夜:Betty Mars
Solenzara思い出のソレンツァラ:Enrico Macias
Solitaireひとりっきり:Martine Clémenceau
Sombre dimanche暗い日曜日:Damia
Sonataソナタ:Nana Mouskouri
Soniaソニア:Patrick Juvet
Soulikoスリコ:Anna Prucnal
Sous le ciel de parisパリの空の下:Jean Bretonnière
Sous les jupes des filles女の子のスカートの下:Alain Souchon
Sous le soleil exactement太陽の真下:Anna Karina
Sous les ponts de parisパリの橋の下:Georgel
Sous les toits de Parisパリの屋根の下:Albert Préjean
Sous le vent風に乗って:Céline Dion&Garou
Sous une pluie d'étoiles星の雨の下で(上を向いて歩こう):Claude Valade
Station Quatre Septembreキャトル・セプタンブル駅:Vanessa paradis
Strip-teaseストリップショー:Juliette Gréco
Surabaya Johnnyスラバヤ・ジョニー:Catherine Sauvage
Sur l'arbre mort枯木の上に:Juliette Gréco
Sur les quais du vieux Paris古きパリの岸辺で:Lucienne Delyle
Suzanneスザンヌ:Françoise Hardy
Syracuseシラキューズ:Henri Salvador

T
Tables séparéesそれぞれのテーブル:Dalida
Ta cigarette après l'amour夜明けのタバコ:Charles Dumont
Tango de la roseバラのタンゴ:Rie Helmig
Tant de belles chosesたくさんのすてきなこと:Françoise Hardy
Tatouéeタトゥー:Enzo Enzo
T'en va pas行かないで(彼と彼女のソネット):Elsa Lunghini
Tête de bois木の頭:Gilbert Bécaud
Tique Taqueティック・タック:Pia Colombo
Tire l'aiguille針仕事に精をお出し:Line Renaud
Toi contre moi君対僕:Charles Aznavour
Toi jamaisあなたはけっして:Catherine Deneuve
Tombe la neige雪が降る:Salvatore Adamo
Tom pillibiトム・ピリビ:Jacqueline Boyer
Ton sourire est dans mon cœurスマイル:André Claveau
Toulouseトゥールーズ:Claude Nougaro
Tournent les violonsヴァイオリンは回る:Jean-Jacques Goldman
Tournesolひまわり:Yves Montand
Tous les bateaux, tous les oiseauxすべての舟、すべての鳥(渚の想い出):Michel Polnareff
Tous les droits des enfants子供たちのすべての権利:Yves Duteil & le Chœur d'enfants Sotto Voce
Tous les garçons et les filles男の子と女の子:Françoise Hardy
Tous les visages de l'amour (She)忘れじの面影:Charles Aznavour
Toute la pluie tombe sur moi雨にぬれても:Sacha Distel
Toutes les douleursすべての苦悩:Julie Zenatti
Toutes les vaguesすべての波:Serge Lama
Tout l'amour情熱の花:Caterina Valente
Tout le jour, toute la nuit夜も昼も:Damia
Tout seul一人ぼっちのタンゴ:Enrico Macias
Tout tout pour ma chérieシェリーに口づけ:Michel Pornareff
Tout va changerすべてが変わるだろう:Michel Fugain
13 Jours en France白い恋人たち:Pierre Barouh & Nicole Croisille
Trois petites notes de musique三つの小さな音符:Cora Vaucaire
Tu es mon autre私の分身:Lara Fabian & Maurane
Tu ne me parles plus d'amourあなたは愛を語らなくなった:Sylvie Vartan
Tu ne sais pas aimer人の気も知らないで:Damia
Tu ne te souviendras pas思い出して:Barbara
Tu t’laisses allerのらくらもの:Charles Aznavour
Tu verras君は見るだろう(チュヴェラ):Claude Nougaro

U
Un amour comme le nôtreたぐいなき恋:Noëlle Cordier
Un ange comme ça私の天使:Lucienne Delyle
Un certain sourireある微笑:Henri Salvador
Un chat que j'ai apprivoisé僕になついちゃった猫:Camille Couteau
Un dernier mot d'amour別れの詩:Mireille Mathieu
Une belle histoire美しい物語:Michel Fugain & Big Bazar
Une demoiselle sur une balançoireブランコに乗ったお嬢さん:Yves Montand
Une écharpe, une roseスカーフとバラ:Chantal Goya
Une femme amoureuse恋する女:Lynda Thalie
Une fille de l'Est東欧の娘:Patricia Kaas
Une histoire d'amourある愛の詩:Mireille Mathieu
Une île孤独の島:Serge Lama
Une larme aux nuagesひとつぶの涙:Salvatore Adamo
Une noixクルミ:Charles Trenet
Une petite cantate小さなカンタータ:Barbara
Une simple mélodie素朴なメロディー:Michel Polnareff
Une vie d'amour永遠の愛:Charles Aznavour&Mireille Mathieu
Un fiacre辻馬車:Yvette Guilbert
Un gamin de Parisパリのいたずらっ子:Yves Montand
Un garçon pas comme les autres(Ziggy)ジギー:Céline Dion
Un homme et une femme男と女(恋のデュエット):Nicole Croisille & Pierre Barouh
Un homme heureuxしあわせな男:William Sheller
Un jour l'amourただ愛に生きるだけ:Martine Clémenceau
Un jour, tu verrasいつの日にか:Mouloudji
Un jour, un enfantリラの季節:Frida Boccara
Un petit poisson,un petit oiseau小さな魚と小さな鳥:Juliette Gréco
Un peu d'amour ou d'amitié小さな愛と友情:Gilbert Bécaud
Un soir de pluie雨の舗道:Blues Trottoir
Un violon dans la nuit夜のヴァイオリン:Tino Rossi

V
Valentinヴァランタン:Abd Al Malik
Valse du temps perdu失われた時のワルツ:Marcel Amont
Va mon ami vaさぁ恋人よ行きましょう:Nana Mouskouri
Vancouverヴァンクーヴァー:Véronique Sanson
Vesoulヴズール:Jacques Brel
Vienneウィーン:Barbara
Viens à Saint-Germainサンジェルマンへおいでよ:Dany Brillant
Viens m'embrasser僕にキスしてよ:Julio Iglesias
Viens, viensヴィヤン、ヴィヤン:Marie Laforêt
Vie violenceヴィー・ヴィオランス:Claude Nougaro
Vive le vent風バンザイ(ジングル・ベル):Dalida
Vivre pour vivreパリのめぐり逢い:Nicole Croisille
Vivre sans vivreあなたなしに(サンバ・プレリュード):Yves Duteil
Vivre seulひとり生きる(ゴースト):Christian Delagrange
Vladimir Ilitchウラジーミル・イリイチ:Michel Sardou
Voilà l'été夏が来た:Les Négresses Vertes
Voir un ami pleurer涙(友が泣くのを見る):Jacques Brel
Voulez-vous danser grand-mère ?ダンスしませんか、おばあ様?:Lina Margy
Vous qui passez sans me voir去りゆく君:Jean Sablon
Voyage au Canadaカナダ旅行:Charles Trenet
Voyage en Italieイタリア旅行:Lilicub

W
Wight is wight(en hommage au festival de rock de l'île de Wight)ワイト・イズ・ワイト(ワイト島ロック・フェスティヴァルへのオマージュ):Michel Delpech

Y
Y'a de la joie喜びあり:Charles Trenet
Y'a tant d'amour恋がいっぱい:Raymond Asso & Claude Valéry
Y'a une étoileひとつの星がある:Léo Ferré
Youkali Tangoユーカリ・タンゴ:Méav Ní Mhaolchatha

Z
Zon, zon, zonゾン・ゾン・ゾン:Michèle Arnaud



Comment:0
2019
01.20

バルバリーBarbarie

Léo Ferré Le Temps des roses rouges


レオ・フェレLéo Ferréが作詞・作曲した「バルバリーBarbarie」という曲があります。ちょっとわらべ歌を思わせるようなメロディーのワルツで、歌詞内容も大人のためのわらべ歌(形容矛盾ですが…)って感じ。barbarieは一般名詞としては「粗野、野蛮」といった意味ですが、この曲では呼び名です。そういえばバルバラBarbaraの歌を歌うバルバリーBarbarieという歌手がいますね。この曲は1950年に録音され、1954年のアルバム:Chansons de Léo Ferré に収録され、後年2000年のアルバム:Le Temps des roses rougesに収録されました。このCDアルバムはフェレがピアノで弾き語りしているいい曲がずらっと入っていてお勧めです。そのうち「潜水夫の歌La Chanson du scaphandrier」「ムッシュ・ウィリアムMonsieur William」「芸術家の人生La vie d'artiste」「サン=ジェルマン=デ=プレでÀ Saint-Germain-des-Prés」「サン=ルイ島L'Île Saint-Louis」はすでに取り上げました。ほかの曲も今後少しずつ取り上げていきましょう。

レオ・フェレLéo Ferré



カトリーヌ・ソヴァージュCatherine Sauvageはミッシェル・ルグラン・オーケストラMichel Legrand Orchestraをバックに歌っています。



そしてバルバラBarbaraも。



Barbarie  バルバリー
Léo Ferré   レオ・フェレ


Dans la rue anonyme,
Y a partout des Jésus
Qui vont quêter leur dîme
Avec des yeux battus.
Barbarie, donne lui quelques sous.
Barbarie, ose cet air aigre doux. 注1
Barbarie, après tout, je m'en fous.

 ごくありきたりの通りに
 あちこちにイエスがいて
 おどおどした目をして
 お布施を集めている。
 バルバリー、彼に何スーかおやり。
 バルバリー、とげとげしくも優しいそんな態度をおとり。
 バルバリー、ともかく、俺にはどうでもいい。

Dans la rue où l'on pèche, 注2
Y a des filles d'amour
Qui mettent leur chair fraîche
A l'étal des carrefours.
Barbarie, garde donc ton écu.
Barbarie, c'est toi qui l'a voulu.
Barbarie, le remède est connu.

 ひとが猟色する通りに、
 娼婦たちがいて
 若々しい体を
 四つ角の陳列台に並べている、
 バルバリー、お前の銀貨をお取り。
 バルバリー、それを欲しがったのはお前。
 バルバリー、手立ては知ってのとおり。

Barbarie1.jpg


Dans la rue à nausée,
Y avait un assassin
Qui donna la saignée
Au galant pèlerin.
Barbarie, ce fut accidentel.
Barbarie, en sortant de l'hôtel,
Barbarie, le péché fut mortel.

 吐き気をもよおす通りに
 人殺しがいた
 そいつは慇懃な巡礼者に
 血を流させた。
 バルバリー、それは偶発的なことだった。
 バルバリー、ホテルを出て、
 バルバリー、犯罪は致命的だった。

Dans la rue infernale
Qui nous mène au sapin, 注3
Lave ton linge sale
Mais prend garde aux pépins.
Barbarie, si tu veux de l'amour,
Barbarie, méfie toi des discours.
Barbarie, le bonheur est si court.

 俺たちを棺桶にみちびく
 地獄のような通りで、
 お前の汚い下着を洗うんだ
 でも厄介ごとには気をつけろ。
 バルバリー、お前が恋を望んでいたら、
 バルバリー、おしゃべりには用心しろ。
 バルバリー、幸せはつかの間だ。

Barbarie2.jpg


[注]
1 aigre-douxとつなげて1語の形容詞としても用いられる。「甘酸っぱい」「優しそうでとげを含んだ」
2 pècher「(宗教上の)罪を犯す」「(魚を)釣る」の二つの意味があり、ここでは両者をかけているようだ。
3 sapin「モミの木」はクリスマスツリーに用いられる木だが、「棺桶」の材料でもあり「棺桶」そのものをも意味する。




Comment:0
2019
01.06

リベルタンゴMoi, je suis tango, tango

Guy Marchand Moi, je suis tango, tango


一昨日、映画「ピアソラ 永遠のリベルタンゴAstor Piazzolla inédito/Piazzolla, The Years of the Shark」を見ました。最終日でやたら混んでいました。アストル・ピアソラAstor Piazzollaに関心のある人がこれほどいたとは…。一人の人間としてピアソラを捉えたドキュメンタリー映画なわけですが、ミーハーならぬミーバーの私としてはただただ、片膝に乗せたバンドネオンを演奏しているピアソラのかっこよさにゾクゾクするばかりでした。慾を言えば、曲名を逐一テロップで出して欲しかったなと。邦題の「リベルタンゴ」とは1974年の彼の名曲の曲名Libertangoで、libertad「自由」とtango「タンゴ」と合わせた造語。ピアソラのタンゴ革命そのものを表します。
ピアソラの曲でフランス語で歌われている曲はこのブログですでにいくつか取り上げています。「忘却J'oublie(Oblivion)」「チェ・タンゴ・チェChe tango che」「ブレヒトとブレルの間でEntre Brecht et Brel」です。また、ピアソラへのオマージュであるクロード・ヌガロClaude Nougaroの「ヴィー・ヴィオランスVie violence」も。
「ピアソラ音の出る図書館」というブログに、ピアソラとその音楽に関する情報が多く載せられていますので、興味のある方はご覧下さい。



その名曲Libertangoにフランス語の歌詞をつけて、1975年にギィ・マルシャンGuy Marchandが歌いました、Moi, je suis tango, tangoというそのタイトルは、直訳すると「僕はタンゴだ、タンゴだ」ということになりますが、邦題は原曲通りの「リベルタンゴ」といたします。ギィ・マルシャンは「運命Destinée」という曲を先に取り上げています。



1981年にグレイス・ジョーンズGrace JonesがI've Seen That Face Beforeというタイトルで英語で歌いました。



そして2007年にはジュリー・ゼナッティJulie Zenattiもフランス語で(Tango) Princesseというタイトルで歌っています。



Moi, je suis tango, tango  リベルタンゴ
Guy Marchand       ギィ・マルシャン


{Refrain :}
Moi je suis tango, tango
J'en fais toujours un peu trop
Moi je suis tango, tango
Je ne connais que des rimes en o 注1
Moi je suis tango, tango
J'ai cette musique dans la peau
Moi je suis tango, tango
Elle me glace jusqu'aux os 注2
Moi je suis tango, tango
Je l'étais dans mon berceau
Moi je suis tango, tango
Je le serai jusqu'au tombeau
Moi je suis tango, tango
Toutes les femmes sont des roseaux 注3
Moi je suis tango, tango
Que je plie dans un sanglot 注4

 僕はタンゴ、タンゴ
 いつもちょっとやりすぎさ
 僕はタンゴ、タンゴ
 Oで韻を踏むことしか知らない
 僕はタンゴ、タンゴ
 この音楽を皮膚の内側に持つ
 僕はタンゴ、タンゴ
 この音楽は骨の髄まで僕を凍らせる
 僕はタンゴ、タンゴ
 揺りかごにいた時からそうだった
 僕はタンゴ、タンゴ
 墓に入る時までそうだろう
 僕はタンゴ、タンゴ
 女たちはみんな葦だ
 僕はタンゴ、タンゴ
 嗚咽のうちに手折る葦だ

{Refrain}

Astor Piazzolla2


J'aime...
Dire "je vous aime" 注5
Même...
Si c'est un blasphème
J'aime dire
"Je t'aimerai toujours"
Même si...
Ça ne dure qu'un jour

 僕は…
 言いたい「あなたを愛している」と
 たとえ…
 もしもそれが冒涜だとしても
 僕は言いたい
 「君をずっと愛すだろう」と
 たとえもしも…
 それが1日しか続かなくても

Même si...
Je n'ai jamais eu d'humour
Il ne m'en faut pas
Pour te faire l'amour
Je te serai
Toujours fidèle
Comme je le suis
A Carlos Gardel 注6

 たとえもしも…
 僕にまったくユーモアのセンスがなくても
 君を愛するのに
 そんなの必要ない
 僕は君にいつも貞節だろう
 カルロス・ガルデルに対して
 そうであるように

{Refrain×2}

Astor Piazzolla1


[注]
1 tangoを含め、ルフラン部分はすべて‘O’で韻を踏んでいる。
2 elleは前々行のcette musique。すなわちtangoのことだが、tangoは男性名詞。
3 roseau「葦」。フランスの哲学者、自然哲学者であったブレーズ・パスカルBlaise Pascalの「パンセPensées」(1670年)に書かれていた有名な言葉は人間を葦に例えている。L’homme n’est qu’un roseau, le plus faible de la nature; mais c’est un roseau pensant. 「人間はひとくきの葦にすぎず、自然の中で最も弱いものである。しかし、考える葦である」これは、人間は葦のようにひ弱なものであるが、考えるという点で優れている」という事を示している。
4 queの先行詞は前々行のdes roseaux。繰り返されるMoi je suis tango, tangoはいわば合いの手で、それ以外の部分が文脈的につながっている。
5 ピアソラの立場に立った歌詞で、ルフランでは自分がタンゴそのものだと言い、ここでは、vous「あなた」tu「君」すなわちタンゴに愛を語っている。…と解釈する。
6 Carlos Gardel「カルロス・ガルデル」(1890年-1935年)は不世出のタンゴ歌手として知られるアルゼンチンの歌手・作曲家・俳優で、その人気の絶頂期に飛行機事故で急逝した。ここでは昔からのタンゴの代名詞として彼の名を出している。代表曲「想いの届く日El día que me quieras」は彼の末年1935年に主演した同名の映画の主題曲として彼が作曲したが、その映画に少年の頃のピアソラが端役で出演している。


Astor Piazzolla3




Comment:0
2019
01.02

モントーバンの火Flambée montalbanaise

明けましておめでとうございます。今日は書き初めの日なので1曲取り上げます。去年から引きずっていた厄介な曲なので「恥かき初め」となりそうですが…。

André Minvielle Flambée montalbanaise


ギュス・ヴィズールGus Viseurが作曲し演奏した「モントーバンの火Flambée montalbanaise」はミュゼットの名曲とされる曲で、聴くだけでゾクゾクしてきます。彼はベルギー生まれで、あらゆるジャンルのミュゼットをこなし、初めてジャズを演奏したアコーデオン奏者。ジプシー系ギタリストのジャンゴ・ラインハルトDjango Reinhardtとも共演し、エディット・ピアフÉdith Piaf の伴奏も務めました。



Montalbanは、南仏のオック語で「柳の生える丘」を意味する地名(フランス語ではモントーバンMontauban)で、13世紀後半より、ラングドック地方Languedocとアキテーヌ地方Aquitaineを結ぶ交通の要衝として繁栄しました。そして17世紀初め頃はプロテスタントのカルヴァン派ユグノーの根拠地となっていましたが、1621年に、年若きルイ13世がここを崩落させようと包囲し、脅しのために城壁に400発もの砲弾を浴びせましたが効を奏せず、3ヵ月後国王軍は断念し撤退しました。「モントーバンの400発Les quatre cents coups de Montauban」と呼ばれるエピソードです。これが、トリュフォーFrançois Roland Truffautの映画「大人は判ってくれないLes quatre cents coups」(1959年)のタイトルのように、無鉄砲な行動を意味する言葉となりました。

Montauban1.pngこの曲が生まれたのは第2次世界大戦中の1940年、すなわちナチス・ドイツのフランス侵攻とパリ陥落の年。モントーバンは、ヨーロッパ北部から逃れてきた何十万人もの人々の終着点となりました。モントーバンは画家ドミニク・アングルJean-Auguste-Dominique Ingresの生地で別名「アングルの町la Cité d'Ingres」とも呼ばれますが、レオナルド・ダ・ヴィンチLéonard de Vinciのモナ・リザMona Lisaをはじめ、ルーヴルLouvreやヴェルサイユのミュゼmusée de Versaillesの芸術作品の数々も、モントーバンのアングル美術館musée Ingresのなかにかくまわれました。
flambéeは「焚き火、燃える火」のことで、この曲は第2次世界大戦でモントーバンが戦火に見舞われたことを題材にしているといわれますが、そのような記録はなく、また上に見てきたように、モントーバンは1621年にも1940年にも、人々を護りとおした町であるという実績を持ちます。「人々の心を燃やす熱い炎」という意味ではないかと私は勝手に思っています。

これに歌詞をつけてアンドレ・マンヴィエイユAndré Minvielleが1990年に歌いました。彼はパーカッショニストであり、フランス語とオック語にスキャットもまじえて歌うユニークな歌手でもあり、2008年仏ヴィクトワール・ド・ラ・ミュージック賞の最優秀ジャズヴォーカリストに選ばれました。この歌詞はギュス・ヴィズールの音楽活動に対するオマージュ的な内容ですが、正直なところチンプンカンプン。これで精一杯というところで出させていただきます。ほんと、自動翻訳かと思えるような訳文ですが、後日、理解が深まったら適宜修正いたします。



Flambée montalbanaise  モントーバンの火
André Minvielle      アンドレ・マンヴィエイユ


※元の歌詞はもっと細かく行を分けていますが、言葉を詰め込んだ早口の歌唱と照合しやすいようにフレーズに合わせてまとめなおしました。

Oyez la mélodie le fond du soir un café 注1
Écoutez, c'est le blues du coin l’Gus y joue du biniou comme fait Bach 注2
Pour une chanson, pucelle aux ailes déployées,
Rame, langue albatros, pique et trame au papier le cap et la falaise, balèze ! 注3
J'écoutais Montalbanaise une envolée de braises,
Noyé, je m'eau de vie-gueur Viseur au cœur, liqueur sœur, 注4
A cloche-pieds, cigarette, une bouffée volée yé
Au vent de la postérité.  注5

 聴け!メロディーを夜更けにカフェで
 聴けよ、それはブルースだ 隅っこでギュスがアコーデオンで演奏している バッハがやるように
 ひとつの歌のため、広げた羽を持つ処女、
 怠惰、アルバトロスの言葉、皮肉と紙上のたくらみ突端と断崖、どでかい!
 俺はモントーバンの曲を聴いた真っ赤な火の湧出、
 溺れる、俺は火の酒にど真ん中をねらう奴ヴィズール、酒は妹分
 片足飛び、たばこ、ひと息吐いて、イエィ
 後世の風上に。

Allez vas-y va, chaloupe ta mélopée ma chanson de café,
Charlie passe Parker, et l'Gus au biniou souffle aussi comme black au sax. 注6
Si le be-bop à valser devait sceller vos nuits,  注7
Blues et polka piquée, temps, tu nous réconcilies, m'entends-tu d'accordéon ? 注8
Monteille c'était tout petit le paradis d'été 注9
Sambapathie, dada plouc, on ramait bal d'amour flou 注10
Mais un souffle est dévoilé, une poussée bleue, d'envie,
M'accroche au cœur thank you Viseur.

 行け、それ行け、君の曲はボート 僕のカフェの歌を乗せ、
 チャーリー行けパーカー、そしてギュスもアコーデオンを吹き鳴らす サックスの黒人のように。
 ワルツを踊るのにビバップがあんた方の夜を封じるというのなら
 ブルースとスタッカートポルカ 今こそ、君は我々を融和させる 君は僕の歌にアコーデオンを聴くかい?
 モンテイユ、それはちっぽけな夏の楽園だった
 サンバもどき、田舎っぺの十八番 ゆるやかな愛でダンスホールを漕ぎ渡った
 だが、ひとつの息吹が姿を現した、羨望の青い高まりが、
 僕の心に引っかかる ありがとう、ヴィズール。

Gus viseur


Et ceux, les "griffe le temps" ont mis les doigts de cordes,
Apaches et Django Mississippi Didi guitare aussi m'a dit 注11
Et Paris loue, Paris prie, le tango bord de Marne
Chavire la valsouze intemporelle et blues 注12

 そして彼ら、「時をひっかく人たち」は弦に指を置く、
 アパッチそしてジャンゴ、ミシシッピ、ディディ、ギターは僕に語る
 そしてパリは賞賛し、パリは祈る、マルヌ川沿いのタンゴは
 時を越えたワルツとブルースを転覆させる

Goutte à goutte ces divines My Lady valsées,
Filles et femmes tam-tam au fil du temps funambules et modernité, 注13
Comme on jette à l'eau du calme un caillou ricochet,
Par ondes d'ondes là passe-passe l'écho des papis d'au-delà du top. 注14
Réveillez la mélodie, la chanson des cafés,
Vocalise la bob french, scat et valsez one more, d'oc,  注15
Comme un souffle dévoilé, Une poussée bleue d'envie,
Accroche au cœur thank you Viseur.

 すこしずつこれらの女神たちマイレディーは放り出され、
 娘たちや女たちのタムタム 時の流れとともに綱渡りと現代性と、
 静かな水に投げ込むように跳ね返る小石
 波の波の手品のような頂点を越えたじいさんたちのエコー。
 メロディーを目覚めさせろ、カフェの歌、
 フランスのボップをヴォカリーズ、スキャットとワルツをもう一度、オック語で、
 ひとつの息吹が姿を現し、羨望の青い高まりが
 僕の心に引っかかる ありがとう、ヴィズール。

André Minvielle


{instrumental+scat}

Oyez la mélodie Le fond du soir un café
Écoutez, c'est du coin l’Gus y joue du biniou comme fait Bach
Si le be-bop à valser devait voler vos nuits,
Blues et polka piquée temps, tu nous réconcilies m’entends-tu d’accordéon ?
Réveillez la mélodie, la chanson des cafés,
Vocalise la bob french, scat et valsez one more, d'oc,
Comme un souffle dévoilé, une poussée bleue d'envie,
Accroche au cœur thank you Viseur.

 聴け!メロディーを夜更けにカフェで
 聴けよ、隅っこでギュスが演奏しているアコーデオンでバッハがやるように
 ビバップダンスが君たちの夜を盗むなら
 ブルースとスタッカートポルカ 今こそ、君は我々と折り合う 君はアコーデオンで僕の声を聴くか?
 目覚めさせろメロディーを、カフェの歌を、
 フランスのボブをヴォカリーズ、スキャットとワルツをもう一度、オック語で、
 ひとつの息吹が姿を現し、羨望の青い高まりが、
 僕の心に引っかかる ありがとう、ヴィズール。

[注]
1 Oyez(=oyes) 古期フランス語で「聞け!, 謹聴!, 静粛に! 」法廷の廷吏や伝令使が通例で3度連呼する。
2作曲者のギュス・ヴィズールGus Viseurのgusは一般名詞として「兵士、あいつ」の意味。biniou「バグパイプ」は「ラッパ」も「アコーデオン」も意味する。
3 rameは「櫂」のほかに「怠惰」。albatros「あほうどり」はドイツ軍の戦闘機の名称でもある。piqueは「槍」のほかに「辛らつな言葉、皮肉」。trameは「横糸、骨組み、脈絡」のほかに「陰謀」。balaize(=balèze, balès)「でっかい、たくましい、力強い、」
4 eau-de-vie「ブランデー」のvieをvigueur「力強さ、活力」に変えて意味をより強めた造語のようだ。ギュス・ヴィズールGus Viseurのviseurは一般名詞として「狙撃者」の意味。liqueur は女性名詞なので「親密な者」の意味でsœur「姉妹」としたのか。
5 postérité「後世」のau vent「風上」に立つ、すなわち後世に影響を与えた。
6 Charlie Parker「チャーリー・パーカー」はアメリカの黒人アルトサックス奏者。passeが間に入っているのが意味不明。
7 be-bop「ビバップ」(英語)1940年代から発達したモダンジャズの演奏形式とそれに合わせて踊るダンスのこと。ギュス・ヴィズールは50年代にビバップを演奏していたという。
8 polka piquée「スタッカートポルカ」。tu「君」はギュス・ヴィズールであろう。
9 Monteilleノルマンディー地域圏、カルヴァドス県に属するコミューン。モントーバンからはほど遠い地。
10 sambapathie=samba+sympathie「サンバもどき」と訳した。dada「ダダイズム」のほかに幼児語の「お馬さん」、話し言葉の「固定観念、十八番」の意味もある。
11 Apaches「アパッチ族」が本義だが、大都会特にパリの「ならず者、無頼漢」の意味もある。Django Reinhardt「ジャンゴ・ラインハルト」は、ロマ音楽とスウィング・ジャズを融合させたジプシー・スウィングの創始者として知られるギタリスト。Mississippiはアメリカ合衆国南部の「ミシシッピ州」。B.B.キングB. B. Kingやエルヴィス・プレスリー Elvis Aron Presleyの出身地。Didiはステファン・グラッペリStéphane Grappelliの影響を受けたというヴァイオリニストのディディエ・ロックウッドDidier Lockwoodか?
12 valsouze=valse+blues ?
13 tam-tam「タムタム」アフリカの太鼓。
14 passe-passe「手品」。papa→papi「おじいさん」(mama→mamie「おばあさん」)。topは英語。
15 vocaliser「母音唱法で歌う」。辞書にはbobという語が4つあった。「ボブスレー」「釣鐘型帽子」「シリング貨幣、ドル」「さいころ」の意味で、すべて男性名詞なので該当しない。


Montauban2.jpg



Comment:0
2018
12.14

あなたがいないとSans vous

Alice Dona Mes petites madeleines


アリス・ドナAlice Donaとセルジュ・ラマ& Serge Lamaは、「恋に病んでJe suis malade」の作曲者と作詞者であり、それぞれ歌っていますが、二人がデュオで歌っているすてきな曲を今回ご紹介しましょう。Sans vousという曲です。直訳して「あなたがいないと」という邦題をつけました。そういえば、「恋に病んで」も我流の邦題でした。
作詞:アリス・ドナAlice Dona、作曲:ポール・ミスラキPaul Misraki。アリス・ドナの2013年のアルバム:Mes petites madeleinesに収録されています。

YouTubeに既存の動画がなかったので自分で作って出しました。



Sans vous            あなたがいないと
Alice Dona & Serge Lama  アリス・ドナ&セルジュ・ラマ



Sans vous plus rien ne sourit,
le ciel fait la moue, 
注1
le monde est morose.
Sans vous s'effeuille les roses
et l'oiseau se meurt d'ennui.

 あなたがいないと何も微笑みかけてくれない、
 空はふくれっつらをし、
 世界はむっつりする。
 あなたがいないとバラは花びらを散らし
 小鳥は退屈で死んでしまう。


Sans vous la plus belle nuit,
c'est un tout à coup,
le charme s'achève.
Sans vous s'efface mes rêves
et tout mon bonheur s'enfuit.

 あなたがいないと この上なく美しい夜だって、
 たちまち、
 その魅力が潰える。
 あなたがいないと僕の夢は消え
 僕の幸せはすべて逃げ去る

Alice Dona Serge Lama1


Votre voix, vos yeux, vos sourires,
pour moi signifient le bonheur
et l'amour ne veut plus rien dire
sans votre image dans mon cœur.


 あなたの声、あなたの瞳、あなたの微笑みは、
 僕には幸せの象徴なんだ
 そして愛はもう何も語ろうとはしない
 私の心のなかのあなたのイメージがなければ。


Sans vous plus rien ne sourit,
je suis las de tout,
le monde est morose.
Sans vous s'effeuille les roses
et l'oiseau se meurt d'ennui.

 あなたがいないと何も微笑みかけてくれない、
 僕はすべてにうんざりし、
 世界はむっつりする。
 あなたがいないとバラは花びらを散らし
 そして小鳥は退屈で死んでしまう。

Sans vous, la plus belle nuit
c'est un tout à coup,
le charme s'achève.

Sans vous s'effacent mes rêves
et tout mon bonheur s'enfuit.
 
 あなたがいないと、この上なく美しい夜だって
 たちまち、
 その魅力が潰える。

 あなたがいないと僕の夢は消え
 僕の幸せはすべて逃げ去る。

Alice Dona Serge Lama3


J'écoute le vent qui pleure,
j'entends partout votre voix,

sans fin je compte les heures
quand vous êtes loin de moi.
 
 泣いている風の音を聴くわ、
 あちらこちらにあなたの声が聴こえるのよ、

 僕はいつまでも時を数える
 あなたが遠いところにいるときは。

Sans vous, tout bas je redis,
les mots les plus doux,

mais nul ne m'écoute.
Sans vous j'ai perdu ma route,
je vous cherche en vain partout,
 
 あなたがいないと、私はそっと繰り返す、
 一番すてきな言葉を、

 でも誰も僕の声を聞いてくれない。
 あなたがいないと僕は道に迷ってしまう、
 私はむなしくあなたをあちこち探すわ、

Car,
je ne suis plus rien
sans vous, 注2
Sans vous  

 だって、
 私はもう駄目なの、
あなたがいないと、
 あなたがいないと

[注]
1 ネット上に出ている歌詞はすべてfait la mouとなっているが、mouは「柔らかいもの、(食肉用の)肺、脳みそ」を意味する男性名詞であり、「口をとがらすこと」を意味する女性名詞moueの間違いであろう。faire la moueは「ふくれっつらをする」という成句。
2 n’être rien「無価値である、無力である」




Comment:2
2018
12.07

《アミカル アフタヌーン シャンソン》

だいぶ先ですが、《アミカル・ド・シャンソン》の年に1度のコンサートを12月7日に東京杉並区富士見ヶ丘のブレーメンハウスで開催します。伴奏は去年11月とそして今年7月のパリ祭のマティネと同様、ピアノ:関根忍、ベース:ドミニク・シャニョン、ドラム:チッコ・ソウマ。…アミカル・トリオと呼ばせていただきます。ドミニク含め男性4人、女性8人の歌い手が、取って置きの歌をご披露いたします。コンサートの後はビュッフェ・パーティー(参加費3000円)を予定しています。

20181207amicale30.jpg



Comment:0
2018
12.05

大きくならないでGrandis pas

Michel Polnareff Enfin


昨年末にデビュー51年の総決算として、ほぼすべてのスタジオ録音と未発表音源を含む全430曲を収録した23枚組のCDをリリースしたミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffが今年11月30日に新譜のアルバムを出しました。1990年の「カーマ・スートラKâmâ Sutrâ」以来28年ぶりということで、タイトルもEnfin!(ついに!)です。発売に先立ち同アルバムより1曲だけフルコーラスで動画配信されています。「大きくならないでGrandis pas」という、わが子の成長に対する親の思いを表現した曲。作詞・作曲はもちろんポルナレフ自身。情報とリクエストをいただき、取り上げます。



Grandis pas   大きくならないで
Michel Polnareff ミッシェル・ポルナレフ


Grandis pas, n'oublie pas
Ce que tu sais
Grandis pas, t'es déjà
Ce que tu es
Chaque centimètre

Est comme un kilomètre
Ne laisse pas le temps
Faire de tes pas ceux d'un géant

 大きくならないで、忘れないで
 君が分かっていることを
 大きくならないで、君はすでに
 君そのものなんだ
 1センチずつが

 まるで1キロメートルのよう
 時間に
 君の歩みを巨人の歩みにさせないで

Laisse tes jouets, rester là
Que près de toi
Laisse ton prince, ne quitte pas 注1
Ce royaume là
Dis-moi qu'tu nous aimes
Avec des poèmes
Apprends de ma main
Allons marcher dans tes dessins

 君のおもちゃを、そこに残して
 君のそばに
 君の王子様を残しておいて、去らないで
 この王国を
 僕たちを愛していると言って
 詩心をもって
 僕の手で学び
 君のデッサンのなかを歩きに行こう

Grandis pas1


Et quand tu te tenais
À moi face à l'inconnu
J'aimais tellement te rassurer
Maintenant c'est moi qui suis perdu
Ma main
Ma main sans ta main

 そして君が
 僕の手につかまって知らない人に会ったとき
 僕はどれほど君を安心させたかったことか
 今じゃ迷子になったのは僕だ
 僕の手
 君の手をなくした僕の手

Quand ils parlent
Laisse les grands
Seuls dans leur monde
Ne vise pas ton enfance 注2
À la fronde
Ne va pas où les songes 注3
Deviennent des mensonges
Ne quitte pas ton lit
Pourquoi devient-il si petit ?

 大人たちが話しているときは
 彼らの世界に
 放っておくんだ
 君の幼年期を
 パチンコ玉の標的にするな
 空想が空言になってしまうところには
 行くんじゃない
 君のベッドを離れるな
 ベッドはなぜこんなに小さくなったんだろう?

Garde l'âge des nuages
Tendres et légers
Ce visage, paysage
Tellement parfait
Fais attendre cet homme 注4
Cet homme qui est en toi
Qui nous séparera
Malgré toi, malgré nous
Malgré moi

 優しく軽やかな
 雲のような年ごろを保つんだ
 こんなにも完璧な
 この面影、風景は
 その男を待たせる
 君のなかにいるその男を
 彼は私たちを引き裂くだろう
 君の意に、僕たちの意に
 僕の意に反して

Et quand tu te tenais
À moi face à l'inconnu
J'aimais tellement te rassurer
Maintenant c'est moi qui suis perdu

Ma main
Ma main sans ta main

 そして君が
 僕の手につかまって知らない人に会ったとき
 僕はどれほど君を安心させたかったことか
 今じゃ迷子になったのは僕だ

 僕の手
 君の手をなくした僕の手

Grandis pas4


Et si on se ressemble
C'est de grandir ensemble
Attrape ma main
Allons marcher dans tes dessins

Grandis pas
Grandis pas

 そしてもし僕たちが似ているとしたら
 それはいっしょに大きくなるからだ
 僕の手につかまって
 君のデッサンのなかを歩きに行こう

 大きくならないで
 大きくならないで

[注]
1 ton prince「君の王子様」とあるので、この子は女の子かと思ったが、「君の王子様のような様子」ともとらえられるし、あとで男の子の用いる玩具のfronde「ぱちんこ」(注2)が出てくるので男の子と判断した。
2 石を飛ばす玩具のfronde「ぱちんこ」でton enfance「君の幼年時代」をviser「ねらい撃つ」つまり「幼年時代をやっつける」こと。それを否定している。
3 songe「夢想、空想」とmensonge「嘘」が韻を踏んでいるので、訳語は1文字を合わせ「空想」と「空言(そらごと)」とした。
4 cet homme qui est en toi「君のなかにいるその男」とは、「君が将来なるはずの男」という意味だろう。注1の判断がこれで確定した。



Comment:0
2018
11.25

家族のスキャンダルScandale dans la famille

Dalida Scandale dans la famille


ダリダDalidaが歌った「家族のスキャンダルScandale dans la famille」は、もともと、ジャック・ターナーJacques Tourneurがシャロット・ブロンテCharlotte Brontëの小説「ジェーン・エアJane Eyre」をもとに(内容は全く異なるが)制作したアメリカ映画「私はゾンビと歩いたI Walked with a Zombie」(1943年。フランス語のタイトル:Vaudou)のためにサー・ランスロットSir Lancelotが作詞・作曲し映画の中で歌ったShame and Scandal in the Familyというカリプソcalypsoスタイルの曲です。
その後、アレンジを加えられたり、翻案されたりして世界中で歌われヒットしました。
ダリダDalidaの歌ったフランス語版は1965年にモーリス・テゼMaurice Tézéが作詞。サッシャ・ディステルSacha Distelなども歌いました。ダリダはイタリア語でも歌っています。
11月10日の《大阪ヴォーカルコンクール》で大西千夏さんが「オーパパ」と題して日本語で歌い、歌唱賞を受賞しました。

カリプソは20世紀に生まれた音楽のスタイルのひとつで、アフリカ人奴隷たちがお互いに言葉が通じず音楽でコミュニケーションをしたのが始まりで、イギリス領、フランス領のカリブの島々、特にトリニダード・トバゴTrinidad and Tobago(フランス語ではTrinité-et-Tobago)のカーニバルで発達し、レゲエのルーツの一つとなりました。トリニダード・トバゴは23の島々からなり、その主島トリニダード島Trinidadの名前が歌詞に出てきます。ちなみに、日本でも有名になったハリー・ベラフォンテHarry Belafonteの「バナナ・ボートBanana Boat Song」はトリニダードの労働者がバナナを船に積み込むときに歌う労働歌を元に作られた曲で、ジャマイカ民謡のメントの曲ですが、当時のアメリカではメントの知名度が低く、より有名なジャンルであるカリプソとして売り出されたそうです。どんどんわき道に逸れていきそうなのでこれくらいに。

ダリダ




サッシャ・ディステル



Scandale dans la famille 家族のスキャンダル
Dalida            ダリダ


Waoh papa !
Quel malheur, quel grand malheur pour moi
Waoh papa !
Quel scandale si maman savait ça

 オーパパ!
 なんという不運、僕にとってなんという大きな不運
 オーパパ!
 なんというスキャンダル、もしママが知ったら

À Trinidad, tout là-bas aux Antilles 注1
À Trinidad vivait une famille

 アンティル諸島の、トリニダードに
 トリニダードに、ある家族が住んでいた

Scandale3.jpg


La mama et le papa et leur grand fils aîné
Qui à 40 ans n'était pas encore marié
Un jour il trouva la fille qu'il voulait
Il dit à son père : "Je voudrais l'épouser"
Hélas mon garçon, hélas tu n'peux pas
Car cette fille est ta sœur et ta mère ne le sait pas

 ママとパパとお兄ちゃん
 彼は40歳でまだ未婚
 ある日彼は好みの娘を見つけた
 彼は父親に言った「彼女と結婚したい」と
 アアお前、アアそれはできないよ
 だってこの娘はお前の妹だ ママは知らないが

Waoh papa !
Quel malheur, quel grand malheur pour moi
Waoh papa !
Quel scandale si maman savait ça

 オーパパ!
 なんという不運、僕にとってなんという大きな不運
 オーパパ!
 なんというスキャンダル、もしママが知ったら

Scandale1-2.jpg


À Trinidad, tout là-bas aux Antilles
À Trinidad, woh woh quelle famille

 アンティル諸島の、トリニダードに
 トリニダードに、ウォーウォーどんな家族が

Deux ans passèrent puis le garçon un soir
Vînt trouver son père et lui dit plein d'espoir
La maîtresse d'école veut bien m'épouser
Mais le pauvre père prit un air accablé
Mon fils tu n'peux pas, tu n'peux pas faire ça
Car cette fille est ta sœur et ta mère ne le sait pas 注2

 2年が経ち息子はある晩
 父親をつかまえて期待を込めて言った
 学校の先生が僕と結婚したいってさ
 でも哀れな父親は困った様子
 お前、ああそれはできないよ
 だってこの娘はお前の姉だ ママは知らないが

Waoh papa !
Quel malheur, quel grand malheur pour moi
Waoh papa !
Quel scandale si maman savait ça

 オーパパ!
 なんという不運、僕にとってなんという大きな不運
 オーパパ!
 なんというスキャンダル、もしママが知ったら

À bout de patience, il courut écœuré
Raconter à sa mère toute la vérité
La mère se mit à rire et lui dit : "Ne t'en fais pas !" 注3
Ton père n'est pas ton père et ton père ne le sait pas 注4

 たまらなくなり、彼はがっかりして
 母親に真実を全部告げに走った
 母親は笑って言った「心配しないで!」
 父さんはおまえのお父さんじゃなくて父さんはそれを知らないのよ

Scandale5.jpg


Waoh mama !
Quel bonheur, quel grand bonheur pour moi
Waoh mama ! quel scandale, si papa savait ça
Waoh mama ! quel scandale, si papa savait ça
Waoh mama ...

 オーママ!なんという幸運、僕にとってなんという大きな幸運
 オーママ!なんというスキャンダル、もしパパが知ったら
 オーママ!なんというスキャンダル、もしパパが知ったら
 オーママ…

[注] タイトルおよび歌詞中のscandaleはスキャンダルとカナで書くともっぱら「醜聞」の意味となるが、フランス語としては「ひんしゅく、物議、大問題」などの意味合いももつ言葉。ここでは「大問題」くらいがふさわしいのだが、「スキャンダル」のほうが言葉として面白いのであえて用いた。
1.Antilles「アンティル諸島」は中央アメリカに位置し、西インド諸島の主要部を構成する諸島。そのなかの小アンティル諸島のまたそのなかのウィンドワード諸島にトリニダード・トバゴTrinidad and Tobagoがあり、その主島Trinidad「トリニダード島」がある。
2 sœurは「姉」「妹」のいずれか特定できないが、先の娘を「妹」とし、la maîtresse d'école 「学校の女教師」であるこちらを「姉」としてみた。
3 s'en faire「心配する、気にする」
4 ton père はton père ではなくて、ton père はそれを知らない。1番目と3番目のton père は「あなたが父親だと思っている人」で、2番目のton père は「あなたの実の父親」。「父さん」と「お父さん」に訳し分けた。


Scandale6.jpg



Comment:0
2018
11.20

彼女からのお返事D'elle à lui

Barbara La chanteuse de minuit


バルバラBarbaraが歌った「彼女からのお返事D'elle à lui」は1934年にポール・マリニエPaul Marinierが作詞・作曲した古い曲で、アンナ・チボーAnna Thibaudが創唱し、後に、イヴェット・ギルベールYvette Guilbertが歌っていました。「結婚するから俺と別れてくれ」という手紙に対する彼女からの返事。相手の男性にあらたな恋人ができて別れを持ち出された立場の曲としてまず浮かぶのは「ボン・ヴォワヤージュBon voyage」ですが、それよりずっと生々しくて、「恋は切なくEmportez mon amour」の一歩手前。相手がどんな男なのかもよく分かります。

バルバラの歌は2001年のアルバム:La chanteuse de minuitに収録されています。



D'elle à lui  彼女からのお返事
Barbara   バルバラ


Tu me dis, Léon, qu'il faut que je t'oublie,
Parce que dans quelques jours, tu vas te marier.
Ce qu'tu demandes là,
Mais c'est de la folie,
Car il y a des amours qu'on ne peut oublier.

 あんたは私に、レオン、あんたを忘れろと言うのね
 近々、あんたが結婚するからと。
 あんたの要求は、
 とんでもないことよ、
 だって忘れられない恋ってものがあるのよ。

Delle à lui7


Je te l'ai toujours dit :
Tu fus le premier homme
Qui m'ait, chaste et pure, tenue dans ses bras.
Oui, ça te fait sourire.
Ben souris, mon bonhomme,
Mais ça, c'est une chose
Qu'une femme n'oublie pas.

 私、あんたにいつも言っていた:
 あんたが、私を、貞節で清純な私をその腕に抱いた
 最初の男だって。
 ええ、あんたを笑わせることよね。
 さぁ笑いなさいよ、私のいい人、
 でもそれは、それはね
 女には忘れないことなの。

Ah oui, j'étais pure !
C'était ridicule.
Des choses de la vie,
J'savais rien de rien,
A ce point que toi,
Pourtant, qu'est pas un hercule, 注1
Ben, ce que tu m'faisais,
J'trouvais ça très bien.

 ああそうよ、私は清純だった!
 おかしな話よ。
 人生のいろんなことを、
 私はまったくもって分かっていなかった、
 その時は、あんたが
 英雄ヘラクレスじゃないってことを、
 ま、あんたが私にしてくれたことはね、
 私はとても快く受け止めていたのよ。

Ah ! t'aurais tout de même pas
Fait comme ce colosse
Des choses épatantes
Entre les deux repas.
Mais non, mon ami,
Non je ne suis pas rosse.
Y a tout de même des choses
Qu'une femme n'oublie pas.

 ああ!あんたはやっぱり
 この巨人のようには
 派手なことはしなかったわ
 2回の食事のあいだに。
 でもね、あんた、
 いいえ、私は性悪じゃないの。
 でもね、やっぱりあるのよ
 女には忘れられないことが。

En ce temps là, t'étais pas vêtu comme un prince.
Tu gagnais quelque chose
Comme cent francs par mois.
Quand on a le ventre creux, on a la taille mince.
J'aime pas les gros hommes,
Ben, t'étais de mon choix.
Je menais une vie sobre tout autant que rangée.

 あの頃、あんたは王子様みたいには装っていなかった。
 あんたはなにがしかは稼いでいた
 月に100フランとか。
 ひとはお腹が満ち足りないと、スリムな体型になる。
 私は太った男は好きじゃないの、
 ええ、あんたは私の好みだった。
 私は相応の質素な生活を送っていたわ。

Delle à lui1


Ah ! Tu te souviens pas de ça,
Maintenant que tu es gras !
Ce que j'en ai bouffé, d'la vache enragée 注2
Et ça c'est une chose
Qu'une femme n'oublie pas,
Ce qui t'empêchait pas de faire
Des p'tites bombances 注3
Et chercher ailleurs un autre bien que le tien.

 ああ!あんたは覚えていないの、
 おデブさんになっちゃった今!
 私が食うや食わずの暮らしをしていたこと
 それは
 女が忘れないことなのよ、
 そしてあんたがちょっとご馳走を食べたり
 自分のとは違うほかのいいものを欲しがるのは
 邪魔しなかったわ。

Ah ! Tu m'en as fait voir 注4
De toutes les nuances
Et tu prétendais même que le jaune m'allait bien... 注5
Et quand je pense que moi,
Moi, j'étais fidèle.
Dans la vie d'une femme, ça compte.
En tout cas, le cas est assez rare
Pour que j'me le rappelle
Et ça, c'est une chose que j'n'oublierai pas.

 ああ!あんたは私を辛い目にあわせた
 いろんな風にね
 あんたは黄色が私に似合うとさえ言い張ったわ…
 わが身を振り返るに、
 私は、従順だったわ。
 女の人生では、それって貴重なこと。
 いずれにせよ、たぐい稀なケースよ
 思い出してみるとね
 そして、それは私が忘れられないことよ。

Et le jour où je t'appris
Que j'allais être mère,
Un enfant à nous,
Mais c'était fabuleux...
Tiens :
Je l'ai ta voix, dans le creux de mon oreille :
"Ah non, pas d'enfant !
On est assez de deux !"

 そして私が母親になるだろうって
 あんたに告げた日、
 私たちの子どもよ、
 でもそれは作り話…
 ほら
 あんたの声が、私の耳に
 「ああいや、子どもはだめだ!
 僕たちは二人で充分だ!」と

Ah ! Tu te fiches bien
De ma vie, de ma souffrance,
Ce qui prouve, mon ami,
Que si t'es mufle, au fond,
C'est pas d'aujourd'jui
Que j'en fais l'expérience
Car il y a des choses
Qu'une femme n'oublie pas.

 ああ!あんたはないがしろにする
 私の人生を、私の苦しみを、
 それは示すのよ、あんた、
 あんたが実は、粗野な人間かどうか、
 それは今のことじゃない
 私がその経験をしたのは
 だってあるのよ
 女には忘れられないことが。

Delle à lui3-2


Ah ! Puis tiens, tu me rendrais méchante.
Si je remue tout ça,
C'est que j'ai tant de peine.
J'croyais qu'on vivrait toujours, tous les deux...
Mais non ! J'irai pas chez toi
Faire des scènes. 注6
Tu veux t'en aller ? Va t'en, sois heureux,

 ああ!だからさ、あんたは私を意固地にした。
 こんなこといろいろ持ち出すのは、
 とても辛いからなのよ。
 私たちはずっと二人で生きて行くと信じてた…
 でもいいえ!わたしはあんたんちに
 喧嘩を売りに行かないわ。
 あんたは行きたいの?行ってよ、しあわせになってよ、

Mais t'oublier, non.
Je t'avoue ma faiblesse.
Songeant au passé, je pleurerai parfois
Car ce temps-là, vois-tu,
C'est toute ma jeunesse
Et ça, c'est une chose
Qu'une femme n'oublie pas

 でもあんたを忘れるなんて、できない。
 私は自分の弱さをあんたにさらけた。
 昔のことを思うと、ときどき泣けてくるわ
 だってあの時代は、ねえあんた、
 私の青春のすべてよ
 そしてそれはね、
 女には忘れられないことなのよ。

[注]
1 Herculeギリシャ神話の英雄「ヘラクレス」。ここでは普通名詞として「英雄、逞しい男」の意味。次の節でce colosse「この巨人」と言い換えている。
2 manger de la vache enragée「窮乏生活を送る」bouffer=manger
3 faire bombance「ご馳走を食べる」
4 en faire voir à qn.「…を辛い目にあわせる」
5 jaune「黄色」は屈辱の色。aller bien「似合う」。
6 scèneは「舞台、シーン」が本義だが、「(現実生活の)場面」の意味に用いられ、その延長で、faire une scène / faire des scènesは「喧嘩を売る」、子どもだと「駄々をこねる」の意味に。



Comment:0
2018
11.10

《第3回大阪ヴォーカルコンクール》

第3回大阪ヴォーカルコンクールの本選出場者は下記の27名の方々です。

安藤ゆきお   旅芸人のバラード   兵庫県
アンナ   それが貴方なら   大阪府
伊勢田好美(すみ)   ポルトガルへの愛   兵庫県
糸井勇   それが貴方なら   京都府
枝川曉美   アラビア   滋賀県
太田倫代   ジュテーム   三重県
大西千夏   オーパパ   岡山県
岡本郁子   ヴィアナへ行こう   大阪府
カルロス松本   ラ・クンパルシータ   滋賀県
川西玲子   北の故郷   滋賀県
きよ子   ねぇ!仲間たち   兵庫県
小嶋繁樹   青春の旅立ち   兵庫県
西條伊里也   熱愛   大阪府
坂井隆子   青空に住もう   福岡県
シュウ岩田   シュゼット   兵庫県
SUZUKO   バラの咲く庭   兵庫県
千輝世美   歌おう愛の歓びを   兵庫県
龍田香住美   生きる時代   兵庫県
田中かよ   水に流して   兵庫県
どひかほる   想い出のソレンツァラ   京都府
富永順子   ピエロのリュリュ   京都府
藤田優子   さよならを教えて   兵庫県
松本洋子   遠い道   兵庫県
森田公司   スカーフ   兵庫県
柚希(ゆずき)   ウエイヴ   愛知県
吉井利明   黒い鷲   兵庫県
吉住克也   甘いささやき   東京都

2018osakavocal60A2.jpg

◎受賞者を発表いたします。

<グランプリ>
柚希   ウエイヴ   愛知県

<準グランプリ>
富永順子 ピエロのリュリュ 京都府
松本洋子   遠い道   兵庫県

<歌唱賞>
アンナ  それが貴方なら  大阪府
伊勢田好美 ポルトガルへの愛 兵庫県
大西千夏   オーパパ   岡山県
川西玲子   北の故郷   滋賀県
シュウ岩田  シュゼット  兵庫県



Comment:0
back-to-top