2018
04.02

だからParce que

Serge Gainsbourg Parce que


シャルル・アズナブールCharles Aznavourの‘Parce que’は、アズナブール自身が作詞し、ギャビィ・ヴァーゲンハイムGaby Wagenheimが作曲した曲で、1955年のアルバム:Charles Aznavour chante Charles Aznavour, vol. 2に収録されています。
この曲をセルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourgが歌っているのをYouTubeで聴いてたいへん気に入りました。1985年の番組Jeu de la véritéに出演して、自分でピアノを弾いて歌っていますが、これとは違う音源で、ゲンズブールの曲の集大成である2011年のアルバム:Intégraleの18枚目に収録されているのと同じ音源のようです。これにはemission cinq six septという副題が付いているのですが、CDを買っていないので詳細は分かりません。

先日、スブリームさんのグループ・レッスンの帰りに、一人の歌仲間が、ゲンズブールがとてもセクシーに感じられて「ラ・ジャヴァネーズLa javanaise」を歌いたくなった、と言い出したので、つられて私も、亡くなったダンナとちょっと似ているのよ、なんて言ってパス入れの中から古い写真を出して見せたりしました。この歌を聴くと、彼女の言うことがますます頷けます。歌詞内容はまさしくアズナヴールですが、個人的な好みでゲンズブールの曲として出したいと思います。既存の邦題は無いようなので、「だから」としました。

アズナブール



ゲンズブール



Parce que      だから
Serge Gainsbourg セルジュ・ゲンズブール


Parc' que t'as les yeux bleus
Que tes cheveux s'amusent à défier le soleil
Par leur éclat de feu
Parc'que tu as vingt ans
Que tu croques la vie, comme à un fruit vermeil
Que l'on cueille en riant,
Tu te crois tout permis,

 君が青い目をしているから
 君の髪が持ち前の炎のまばゆさで
 太陽と張り合っているから
 君が二十歳だから
 ひとが笑いながら摘み取る
 赤い果実のように、君が人生をかじっているから
 君はすべてが思い通りになると思っていて,

Serge Gainsbourg2


Et n'en fais qu'à ta tête
Désolée un instant prête à recommencer,
Tu joues avec mon cœur, comme une enfant gâtée,
Qui réclame un joujou pour le réduire en miettes
Parc'que j'ai trop d'amour,
Tu viens voler mes nuits du fond de mon sommeil
Et fais pleurer mes jours.

 そして自分が思ったことしかやらない
 やり直すべき時に困惑している、
 君は僕の心と戯れる、甘やかされた子どものように、
 君はおもちゃを欲しがる、それを粉々にするために
 僕が愛を抱き過ぎているから、
 君は僕の眠りのさなかに僕の夜を奪いに来て
 僕の日々を嘆かせる。

Mais prends garde, chérie, je ne répond de rien
Si ma raison s'égare, et si je perds patience
Je peux d'un trait rayer nos cœurs d'une existence 注1
Dont tu es le seul but, et l'unique lien.

 だが気をつけろよ、いとしい人、僕は何も保証しない
 もしも僕の理性が道を外れたら、もし僕が辛抱しきれなくなったら
 君が唯一の目的で、唯一の絆である生き方から、
 僕は僕たちの心を一気に消し去ることができるんだ。

Parc'que je n'ai que toi
Mon cœur est mon seul maître et maître de mon cœur
L'amour nous fait la loi 注2
Parc'que tu vis en moi
Et que rien ne remplace les instant de bonheur
Que je prends dans tes bras
Je ne me soucierais, ni de Dieu ni des hommes
Je suis prêt à mourir si tu mourrais un jour
Car la mort n'est qu'un jeu
Comparée à l'amour
Et la vie n'est plus rien sans l'amour qu'elle nous donne
Parc'que je suis au seuil
D'un amour éternel je voudrais que mon cœur
N'en porte pas le deuil 注3

 僕には君しかいないから
 僕の心は僕の唯一の支配者で、僕の心の支配者たる
 愛は僕たちを支配するから
 君は僕のなかに住んでいるから
 君の腕のなかで僕が得る
 しあわせな瞬間に何も取って代われないから
 神も男たちも、僕は心配しない、
 いつか君が死んだなら僕は死ぬつもりだ
 だって愛に比べれば
 死は戯れに過ぎない
 そして人生が僕たちに与えてくれた愛、それのない人生は無だ
 僕は永遠の愛の入り口にいるんだから
 僕は望む
 僕の心が喪服をまとわないことを

Serge Gainsbourg1


Parce que
Parce que
Parce que ...

 だから
 だから
 だから…

[注]
1 d'un trait「一気に」
2 faire la loi「支配する」
3 porter le deuil「喪服を着る」



Comment:0
2018
03.20

オルフェの歌La chanson d'Orphée

Dalida La chanson dOrphée


1959年のマルセル・カミュMarcel Camus監督のフランス・ブラジル・イタリア合作映画「黒いオルフェOrfeu negro」は、ヴィニシウス・ヂ・モライスMarcus Vinícius da Cruz e Mello Moraesの1956年の戯曲「オルフェウ・ダ・コンセイサゥン」を映画化したもので、ギリシア神話のオルフェウスの冥府下りのエピソードを、カーニバル真っ盛りの当時のブラジル、リオデジャネイロに舞台を移して描いており、フランス語版とポルトガル語版が同時に作られました。アントニオ・カルロス・ジョビンAntônio Carlos Jobimが担当したサウンドトラックにはボサノヴァの曲が多く含まれ、ルイス・ボンファLuiz Bonfáが作曲した「カーニヴァルの朝Manhã de carnaval」は特に知られています。この曲にFrançois Llenasがフランス語の歌詞を付け、ダリダDalidaが歌っています。「オルフェの歌La chanson d'Orphée」です。



La chanson d'Orphée オルフェの歌
Dalida           ダリダ


Le ciel a choisi mon pays
Pour faire un nouveau paradis
Au loin des tourments
Danse un éternel printemps
Pour les amants

 天はわが地を選ばれた
 新たな楽園を作ろうと
 苦しみから遠く逃れて
 恋人たちの
 永遠の春は踊る

Chante chante mon cœur
La chanson du matin
Dans la joie de la vie qui revient

 歌え、歌えわが心よ
 朝の歌を
 蘇る人生の喜びのなかで

Orfeu negro2


Matin fait lever le soleil
Matin à l'instant du réveil
Mais dans le cœur battant
De celui que j'attends
Un doux rayon d'amour
beau comme le jour

 朝は太陽を昇らせる
 朝、目覚めの時に
 けれど私が待つあの人の
 鼓動する胸のなかに
 陽光のように美しい
 愛の優しい光が

Chante chante mon cœur
La chanson du matin
Dans la joie de la vie qui revient

 歌え、歌えわが心よ
 朝の歌を
 蘇る人生の喜びのなかで

Orfeu negro1




Comment:0
2018
03.11

君に委ねるJe m'en remets à toi

Charles Dumont Je men remets à toi


「君に委ねるJe m'en remets à toi」という曲は、1963年にエディット・ピアフ Édith Piafのために、ジャック・ブレルJacques Brelが作詞し、シャルル・デュモンCharles Dumontが作曲しましたが、彼女はその年、録音することなく亡くなり、翌年、シャルル・デュモン自身が歌っています。



Je m'en remets à toi 君に委ねる
Charles Dumont    シャルル・デュモン


Pour ce qui est de vivre 注1
Ou de ne vivre pas,
Pour ce qui est de rire
Ou de ne rire plus,
Je m'en remets à toi

 生きるか
 それとも生きないかを、
 笑うか
 それとももう笑わないかを、
 君に委ねる

Pour ce qui est d'aimer,
Pour une part de chance, 
Pour ce qui est d'espérer
Ou de désespérance,
Je m'en remets à toi

 ひとつの幸運として、
 愛することを、
 期待するのか
 それとも絶望かを、
 君に委ねる

Je men remets à toi2


Oui mais,
Pour ce qui est des pleurs,
Comme autant de cerises,
Pour ce qui est du cœur,
Qui se tord et se brise,
Je m'en remets encore,
Je m'en remets à moi

 ああだが、
 さくらんぼほど大粒の、
 涙は、
 きりきりと痛む
 心は、
 所詮は委ねられる
 僕に委ねられるのさ

Pour que ce soit demain  注2
Plutôt que le passé,
Pour que ce soit l'airain 注3
Plutôt que le laurier,
Je m'en remets à toi

 過去よりむしろ
 将来のことであるべく、
 桂冠よりむしろ
 ブロンズであるべく、
 君に委ねる

Je men remets à toi1


Pour que ce soit la vie
Plutôt qu'une saison,
Pour qu'elle soit symphonie
Plutôt qu'une chanson,
Je m'en remets à toi

 ひとつの季節というよりむしろ
 人生であるべく、
 ひとつの歌というよりむしろ
 シンフォニーであるべく、
 君に委ねる

Oui mais,
Pour accrocher aux branches
Notre amour qui vacille,
Pour briser la faucille 注4
Du temps qui se revanche,
Je m'en remets encore,
Je m'en remets à moi

 ああだが、
 揺れる僕たちの愛を
 枝にかけるには、
 報復せんとする時の神の
 鎌を打ち砕くには、
 所詮は委ねられる
 僕に委ねられるのさ

Je men remets à toi3


Tu vois,
Tu peux faire l'été
Tu vois,
Je peux porter l'hiver
Tu vois,
On peut appareiller, 注5
Tu vois,
On peut croquer la terre. 注6

 そうさ、
 君は夏を作り出せる
 そうさ、
 僕は冬を耐え忍べる
 そうさ、
 僕たちは対になれる、
 そうさ、
 僕たちは大地にかじりつけるのさ。

[注] s’en remettre à qn.は「…を…に任せる、委ねる、託す」の意味。
1 pour ce qui est de「…については」
2 pour que +subj.は目的・因果関係・判断の理由などを表す。
3 airain「青銅、ブロンズ」。laurier「月桂樹」すなわち、「一時的な栄冠」よりもd'airain「堅固な」方を選ぶということであろう。
4「時の神Chronus」と「大地および農耕の神Kronos」は発音が同じ「クロノス」なので混同される。後者は万物を切り裂くアダマスの鎌を武器とする。「死神La Mort」も魂を獲る大鎌を持つ。
5 appareillerは「(他動詞で)石に印をつけて切り出す、(自動詞で)出航する」と「(他動詞で)似たものを対にする」の2義がある。後者の意味で自動詞的に用いていると判断した。
6 croquer la terre「大地をかじる」は「この地上で生きていける」といった意味か。「クロケ」という発音と「大地」…注4の「大地および農耕の神」のほうのクロノスとの関連をふと考えてしまったが…。




Comment:0
2018
03.01

愛は君のようL'amour te ressemble

Salvatore Adamo Une larme aux nuages


「愛は君のよう」という邦題で日本語で歌われるサルヴァトーレ・アダモSalvatore Adamoの曲の原題はL'amour te ressembleで、普通は「愛は君に似ている」と訳すことになるのですが、なんだかよく分かりません。歌詞には、君には以前に会った気がする、以前から知っていた気がするというデジャヴュ的な表現があり、君と僕とは“赤い糸で結ばれていた”んだということを言いたいようです。そう、ressemblerには「似ている」以外に「似合う、似つかわしい、ふさわしい」という意味もあり、そんな「ぴったり感」を表現しているのでしょう。歌詞中はこちらの意味で訳しましたが、邦題は「愛は君のよう」のままでいいでしょう。
先日取り上げた「ひとつぶの涙Une larme aux nuages」と同様、1968年のアルバム:J'ai tant de rêves dans mes bagagesに収録されています。





L'amour te ressemble 愛は君のよう
Salvatore Adamo    サルヴァトーレ・アダモ


Toi, l´amour te ressemble, si fort que j´en tremble
Et je me demande dans quel paradis perdu
Dans quelle légende, quel rêve où j´étais troubadour
J´ai pu te rencontrer un jour?

 君に、君にこそ愛はふさわしい、僕が身震いするほどに
 でもいったい どんな失楽の園で
 どんな伝説のなかで、僕が吟遊詩人になっているどんな夢のなかで
 ある日、君に出会えたんだろう?

Lamour te ressemble3


Toi, l´amour te ressemble, si fort qu´il me semble
Que j´ai connu tes yeux et ton sourire
Au pays merveilleux de mes délires!

 君に、君にこそ愛はふさわしい、まるで
 僕の妄想の不思議の国々で
 君の瞳と微笑みを見知っていたと思えるほど!

Toi, l´amour te ressemble, si fort que j´en tremble
Mais tu viens me surprendre quand je n´y croyais plus
Quand, lassé d´attendre, j´allais au fil de mes jours noirs
Perdu, le cœur au désespoir

 君に、君にこそ愛はふさわしい、僕が身震いするほどに
 だが君は不意にやって来る もう期待もしなくなったときに
 待ちくたびれて、暗い日々を過ごし
 絶望に心が落ち込んでいたときに

Lamour te ressemble2


Toi, l´amour te ressemble et cœur à cœur restons ensemble 注1
Et tu verras ma mie que dans la longue errance 注2
Qu´avait été ma vie sans ta présence
Tout te ressemble. 注3

 君に、君にこそ愛はふさわしい、心かよわせ共にいよう
 僕のいとしい人、君には分かるよ、長いさすらいのあいだ
 それが君なしの僕の人生だったが
 すべてが君を暗示していた。

[注]
1 cœur à cœur「率直に、胸襟を開いて」
2 mie「女友達、いとしい女」。ma mieをmamieと一語にすると「おばぁちゃん」。サン・トワ・マ・ミーSans toi, ma mie」。
3 これは「以前、どこかで君に会っていた」ということの総括であろう。ここはressemblerの訳語を変えた。




Comment:0
2018
02.22

ア・パリÀ Paris

Yves Montand A Paris


忘れていました、この大曲を。「ア・パリÀ Paris」です。1946年にフランシス・ルマルクFrancis Lemarqueが作り、自身がまず歌いました。1948年からイヴ・モンタンYves Montandが歌い、1953年のアルバム:Montand chante Parisに収録されました。なぜか、女性の歌手はあまり歌っていない曲です。

フランシス・ルマルク



モンタン



À Paris     ア・パリ
Yves Montand イヴ・モンタン


Des milliers des milliers et des milliers d'années 注1
Ne sauraient suffire pour dire
La petite seconde d'éternité
Où tu m'as embrassé
Où je t'ai embrassée
Un matin dans le lumière de l'hiver
Au parc Montsouris
À Paris
À Paris sur la Terre
La Terre qui est un astre

 何千年も何千年も何千年もかけても
 語りきれない
 ほんの小さな永遠のひと時
 そのとき君は僕にキスし
 そのとき僕は君にキスした
 ある朝、冬の陽射しのなかで
 ひとつの天体である地球
 その地球上のパリ
 パリの
 モンスリー公園で

À Paris
Quand un amour fleurit
Ça fait pendant des s’maines
Deux cœurs qui se sourient
Tout ça parce qu'ils s'aiment
À Paris

 パリで
 恋が花開くとき
 それは何週間ものあいだ続くんだ
 ふたつの心はほほえみを交わし合う
 それはすべて彼らが愛し合っているからなんだ
 パリで

A paris10


Au printemps
Sur les toits les girouettes
Tourn’nt et font les coquettes
Avec le premier vent
Qui pass’ indifférent
Nonchalant

 春には
 屋根の上で風見鶏が
 回って人の気を引こうとする
 のんびりと
 無頓着に通り過ぎる
 春の最初の風に乗って

Car le vent
Quand il vient à Paris
N'a plus qu'un seul soucis
C'est d'aller musarder
Dans tous les beaux quartiers
De Paris

 だってさ風は
 パリにやって来ると
 ひとつのことだけ気にしてるんだ
 それはね、パリの
 美しい界隈をあまねく
 うろつくことなのさ

Le soleil
Qui est son vieux copain
Est aussi de la fête 注2
Et comme deux collégiens
Ils s'en vont en goguette 注3
Dans Paris

 風と昔なじみの
 太陽は
 これまた浮かれて
 彼らはまるで二人の中学生のように
 いい気分でぶらつくのさ
 パリの街を

Et la main dans la main
Ils vont sans se frapper 注4
Regardant en chemin
Si Paris a changé

 そして手に手を取り合い
 彼らは殴りあいもせず通り行く
 パリは変わっちゃいないかと
 道々眺めながら

Y'a toujours
Des taxis en maraude 注5
Qui vous chargent en fraude 注6
Avant le stationnement
Où y'a encor’ l'agent
Des taxis

 いつでも
 流しのタクシーがいて
 不正にあんたがたを乗せる
 タクシーの
 係員のまだいる
 乗り場の手前で

Au café
On voit n'importe qui
Qui boit n'importe quoi
Qui parl’ avec ses mains
Qu'est là depuis l’ matin
Au café

 カフェでは
 誰や彼やが見られる
 何やかや飲む人
 手ぶりで話す人
 朝からいる人が
 カフェでは

A Paris13


Y'a la Seine
A n'importe quell’ heure
Ell’ a ses visiteurs
Qui la r’gardent dans les yeux
Ce sont ses amoureux
À la Seine

 セーヌ河では
 なんどきでも
 訪れる人々がいて
 河を眺める
 それは恋人たちなのさ
 セーヌ河のね

Et y'a ceux
Ceux qui ont fait leur nids
Près du lit de la Seine
Et qui s’ lav’nt à midi
Tous les jours de la s’maine
Dans la Seine

 またこんな人々もいる
 セーヌの川底の傍らに
 ねぐらを設ける人たち
 週日、毎日のように
 正午に沐浴する人たちも
 セーヌ河で

Et les autres
Ceux qui en ont assez 注7
Parc’ qu'ils en ont vu d’ trop
Et qui veul’nt oublier
Alors y s’ jettent à l'eau
Mais la Seine

 そしてまた
 あまりにもいろいろ目にしすぎて
 くたびれ果て
 忘れたいがために
 入水する人たちもいる
 けれどもセーヌ河は

Ell’ préfère
Voir les jolis bateaux
Se promener sur elle
Et au fil de son eau
Jouer aux caravelles
Sur la Seine

 彼女は好むのさ
 きれいな船が
 自分の上を通るのを眺めることを
 そしてセーヌに浮かぶ帆船と
 水の流れでもって
 戯れることを

A Paris11


Les ennuis
Y'en a pas qu'à Paris
Y'en a dans l’ monde entier
Oui mais dans l’ monde entier
Y'a pas partout Paris
V’là l'ennui

 退屈は
 パリにしかないわけじゃない
 世界中にあるんだ
 そうさだが世界中
 パリはあちこちにあるもんじゃない
 退屈はほらここさ

À Paris
Au quatorze juillet
À la lueur des lampions
On danse sans arrêt
Au son de l'accordéon
Dans les rues

 パリでは
 7月14日には
 紙提灯の灯りのもと
 アコーデオンの音色に乗って
 踊り明かすのさ
 通りで

Depuis qu'à Paris
On a pris la Bastille
Dans chaque faubourg
Et à chaqu’ carrefour
Il y a des gars 注8
Et il y a des filles
Qui sur les pavés
Sans arrêt nuit et jour
Font des tours et des tours
À Paris

 パリで
 バスチーユ広場を
 俺たちが占拠して以来
 あちこちの大通りや
 十字路に
 男たちがいて
 女たちもいて
 舗道の上を
 たえず昼も夜も
 巡り巡る
 パリでは

A Paris15


[注]
1 この節はモンタンは歌っているが、ルマルクは歌っていない。
2 de la fête「愉快に、楽しく」
3 en goguette「一杯機嫌で、いい気分になって」
4 se frapper「自分を打つ」「殴りあう」以外に「不安にとらわれる、心配する」 の意味があり、迷ったが…。
5 taxi en maraude「流しのタクシー」
6 en fraude「不正な手段で、不法に」
7 en avoir vu d’ trop「うんざりする」
8 gar=garçon「男の子、少年」‘r’は発音しない。



Comment:0
2018
02.14

スブリーム《ヴァレンタイン・コンサート》

3度目のスブリーム《ヴァレンタイン・コンサート》です。
もちろん2月14日です。今回は私も歌います。場所は原宿「アコスタディオ」
チケットご予約受付中。

80214sublime2.jpg




Comment:0
2018
02.13

ブランコに乗ったお嬢さんUne demoiselle sur une balançoire

Yves Montand chante…


イヴ・モンタンYves Montandが歌った「ブランコに乗ったお嬢さんUne demoiselle sur une balançoire」は、とても楽しい曲。1951年、作詞:ジャン・ノエンJean Nohain、作曲:ミレイユMireille(Mireille Hartuch)。1952年のモンタンのファースト・アルバム:Yves Montand chante…に収録されています。




作曲者のミレイユ自身も歌っています。→Dailymotionでご覧下さい。

Une demoiselle sur une balançoire ブランコに乗ったお嬢さん
Yves Montand             イヴ・モンタン


Une demoiselle sur une balançoire
Se balançait à la fête un dimanche 注1
Elle était belle et l'on pouvait voir
Ses jambes blanches sous son jupon noir...

 ブランコに乗ったお嬢さん
 日曜日にご機嫌でゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
 彼女はとてもきれいで、僕らは拝ませてもらったよ
 黒いスカートの下の白いあんよを…

Le marchand lui criait : "Voulez-vous vous asseoir
Descendez, descendez, c'est assez pour ce soir,
Si vous restez debout
Vous allez vous casser le cou!"
Mais la demoiselle sur la balançoire
Riait, riait et montait de plus belle
Elle était belle et l'on pouvait croire
Qu'elle s'envolait tout d'un coup dans le ciel 注2
Mais c'était défendu
Elle est redescendue
Quand elle est descendue
Moi j'étais tout ému

 商人は彼女に向かって叫んだ「座ったらいかが
 降りてらっしゃい、降りて、今夜はもういいでしょう、
 立ったままでいたら
 首を痛めますよ!」
 でもブランコに乗ったお嬢さんは
 笑って、笑っていた、そしてますますきれいになった
 彼女はきれいだった、そして僕たちには信じられた
 彼女が突然、空中に飛んだと
 でもそれは阻まれた
 彼女は降りて戻ってきた
 彼女が降りてきたとき
 僕はね、とっても感動したんだ

balançoire2


Je lui ai dit : "Mademoiselle,
J'ai cru que vous aviez des ailes !"

 僕は彼女に言った「お嬢さん、
 あなたは翼を持っているんだと僕は思ったよ」と

On est allés au tir,
Aux chevaux de bois, aux nougats, 注3
Au cirque à la femme tronc
Mais ça ne l'amusait pas...
Elle m'a dit : "Je vous remercie
Je préfère retourner là-bas..."
Et voilà qu'elle m'a laissé
Pour aller s'balancer

 僕たちは行ったよ、射撃場に
 木馬に、ヌガーを食べながら、
 トルソー女のサーカスに
 でもそれは彼女を喜ばせなかった…
 彼女は僕に言った「ありがとう
 私はあっちに戻りたいわ…」
 そして彼女は僕を置いて行った
 ブランコに乗りに…

Une demoiselle sur une balançoire
Se balançait à la fête un dimanche
Elle était belle et l'on pouvait voir
Ses jambes blanches sous son jupon noir...

 ブランコに乗ったお嬢さん
 日曜日にご機嫌でゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
 彼女はとてもきれいで、僕らは拝ませてもらったよ
 黒いスカートの下の白いあんよを…

Quand elle est descendue,
Moi j'étais plus ému
Je lui ai proposé : "Voulez-vous m'épouser?"
A la mairie du douzième
J'ai dit oui, elle de même
Je l'ai prise par le cou
Par le nez, par le bras
Je lui ai montré le sofa
Mais ça n'l'amusait pas...
Elle m'a dit : "Je vous remercie
Je préfère retourner là-bas..."
Et voilà qu'elle m'a laissé
Pour aller s'balancer...

 彼女が降りてきたとき
 僕はね、とっても感動したんだ
 僕は彼女に申し出た「僕と結婚しませんか?
 12区の区役所で
 僕はウイと言い、彼女もそう言った
 僕は彼女の首を
 鼻を、腕をとった
 僕は彼女にソファーを指し示した
 でもそれは彼女を喜ばせなかった…
 彼女は僕に言った「ありがとう
 私はあっちに戻りたいわ…」
 そして彼女は僕を置いて行った
 ブランコに乗りに…

Une demoiselle sur une balançoire
Se balançait à la fête un dimanche
Elle était belle et l'on pouvait voir
Ses jambes blanches sous son jupon noir...

 ブランコに乗ったお嬢さん
 日曜日にご機嫌でゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
 彼女はとてもきれいで、僕らは拝ませてもらったよ
 黒いスカートの下の白いあんよを…

Balançoire1


Et moi je lui criait : "Voulez-vous vous asseoir
Descendez, descendez, c'est assez pour ce soir,
Je vous en pris, je deviens fou
Vous allez vous casser le cou!"
Mais la demoiselle sur la balançoire
Riait, riait et montait de plus belle
Elle était belle et j'ai pu la voir
Qui s'envolait pour toujours dans le ciel... 注5

 そして僕は彼女に向かって叫んだ「座ったらどうなの
 降りてらっしゃい、降りて、今夜はもういいだろ、
 お願いだよ、僕は気が狂いそうだ
 首を痛めるよ!」
 でもブランコに乗ったお嬢さんは
 笑って、笑っていた、そしてますますきれいになった
 彼女はきれいだった、そして僕には見えたんだ
 これを限りに空へと飛び去る彼女が…

[注]
1 se balançer「揺れる、ブランコ遊びをする」訳語は中原中也の詩にある擬音語を用いた。 à la fête「祭りで」が本義だが「楽しく、満足して」の意味で用いられる。
2 tout d'un coup「一度に、突然」
3 nougat「ヌガー」砂糖と水飴(みずあめ)を煮詰め、泡立てた卵白またはゼラチンを加えて作った、柔らかいキャンデー。ナッツなどを加えることが多い。「良い物」「武器」「足」「金銭」などの意味の隠語にも用いられる。ここでは「ヌガー」自体とした。
4 femme tronc直訳すると「胴体女」。1932年のアメリカ映画「フリークスFreaks」(監督:トッド・ブラウニングTod Browning)は、奇形の人々が出演するサーカスを描いているが、その中に手足のない女性がいる。
5 pour toujours「永遠に、いつまでも」




Comment:0
2018
02.04

騎馬隊La cavalerie

Julien Clerc La cavalerie


今回はリクエストに応じて、ジュリアン・クレールJulien Clercの「騎馬隊La cavalerie」を。作詞:エティエンヌ・ロダ・ジルÉtienne Roda-Gil、作曲ジュリアン・クレールJulien Clerc。1968年の彼のファースト・アルバム:Julien Clercに収録されています。
原題のcavalerieは、「騎馬隊、騎兵隊」を意味し、この曲では、馬ならぬオートバイに乗った暴走族をそれにたとえています。






La cavalerie 騎馬隊
Julien Clerc ジュリアン・クレール


Quand je vois les motos sauvages
Qui traversent nos villages
Venues de Californie
De Flandres ou bien de Paris

 カリフォルニアから
 フランドルからあるいはパリからやって来て
 僕たちの村を通り過ぎる
 荒々しいオートバイたちを見たとき

La cavalerie1


Quand je vois filer les bolides 注1
Les cuirs fauves et les cuivres
Qui traversent le pays
Dans le métal et le bruit

 金属と騒音に包まれて
 この地を通り過ぎる
 スピードカーたちを
 獣皮たちと金管楽器たちを見たとき

{Refrain :}
Moi je pense à la lavalavalavava cavalerie 注2
Moi je pense à la lavalavalavava cavalerie

 僕はラバラバラババ騎馬隊を連想する
 僕はラバラバラババ騎馬隊を連想する

La cavalerie2


Quand s'éloigne la tourmente
Quand retombe la poussière pesante
Et que sombre le pays 注3
Dans le sommeil et l'ennui

 嵐が遠ざかったとき
 重い塵が舞い戻るとき
 まどろみと倦怠に
 この地が沈み込むとき

Comme dans les films héroïques
Aux moments les plus critiques
Quand tout croule dans ma vie
Quand tout semble compromis

 武侠映画のなかの
 最も深刻な危機の瞬間のように
 すべてが僕の生のなかで崩れ落ち
 すべてが危うく思われる

{Refrain}

Un jour je prendrai la route
Vers ailleurs coûte que coûte 注4
Je traverserai la nuit
Pour rejoindre la cavalerie

 いつか僕はなんとしてでも
 他の地へと向かうんだ
 宵闇を越えて行くんだ
 騎馬隊に加わるために

La cavalerie3


J'aurai enfin tous les courages
Ce sera mon héritage
Et j'abolirai l'ennui
Dans une nouvelle chevalerie

 僕はついにはすべての勇気を持つんだ
 それは僕が引き継ぐ財産となるだろう
 そして僕は倦怠を一掃するんだ
 あらたな騎馬隊のなかで

{Refrain}

[注]
1 bolide「火の玉」のほか「高速車、レーシングカー」。
2 lavalavalavavaは聞き取って加えたが、馬の足音を表現するオノマトペであろう。
3 queはquandの代用。
4 coûte que coûte「どんな犠牲を払っても」




Comment:0
2018
01.29

アルビノーニのアダージョJ'entends cette musique

France Gall Jentends cette musique


フランス・ギャルFrance Gallが7日に亡くなりました。彼女は私と同い年。幸運な出来事以上に不運な出来事の多かった70年の人生だったようです。
彼女の訃報を聞いてしばらくは何も発信できないでいましたが、今日、この曲を出しましょう、「アルビノーニのアダージョJ'entends cette musique」。独仏伊共作の映画「審判The Trial」(1962年。監督:オーソン・ウエルズOrson Welles。原作:フランツ・カフカFranz Kafka。主演:アンソニー・パーキンズAnthony Perkins)の主題曲です。クラシックの「アルビノーニのアダージョAdagio di Albinoni」すなわち「アダージョ ト短調Adagio in Sol minore」をアレンジしてジャック・ダタンJacques Datinが作曲し、作詞は父親のロベール・ギャルRobert Gall。1964年のアルバム: N'écoute pas les idolesに収録されています。
ちなみに原曲は、レモ・ジャゾットRemo GiazottoがアルビノーニTomaso Albinoniの自筆譜の断片を編曲したと称して出版したので「アルビノーニのアダージョ」と呼ばれていますが、今日では完全なジャゾットの創作であることが判明しています。ギャルの曲の原題は「私はこの音楽を聞く」という意味ですが、この邦題も「アルビノーニのアダージョ」といたしましょう。



J'entends cette musique アルビノーニのアダージョ
France Gall         フランス・ギャル


J'entends cette musique
Cette douce musique
Qui me répète toujours
Il arrivera le jour
Le jour où je l'aimerai 
À la saison de mes amours

 私はこの音楽を聞く
 この快い音楽を
 それはいつも言っている
 私がその人を愛する日が
 その日が来るだろうと
 私の恋の季節に

France Gall2


J'entends cette musique
Cette douce musique
Qui accompagne sans fin
Mon grand amour en chemin
Pour me prendre par le cœur
Et m'emporter vers le bonheur

 私はこの音楽を聞く
 この快い音楽を
 それは私の大いなる恋に道ながら
 いつまでも付いてきて
 私の心をとらえ
 私を幸福に導いてくれることでしょう

Il viendra le temps des baisers
Le temps de nous aimer
Et tous les mots et les secrets
Que je gardais pour toi
Au plus profond de moi
Je te les donnerai

 口づけの時が
 愛し合う時がやってきて
 あなたのためにと
 胸深く秘めていた
 すべての言葉も秘密も
 あなたに捧げることでしょう

France Gall1


J'entends cette musique
Cette douce musique
Qui me répète toujours
Il arrivera le jour
Le jour où je l'aimerai
À la saison de mes amours
À la saison de mes amours

 私はこの音楽を聞く
 この快い音楽を
 それは私にいつも言っている
 私がその人を愛する日が
 その日が来るだろうと
 私の恋の季節に
 私の恋の季節に

[注] Il arrivera以下はcette musiqueがrépèter繰り返し言った内容で、l'aimeraiのleはまだ会わない恋人。3節目では、その人が現実にいると想像してtu「あなた」と言っている。



Comment:1
2018
01.19

ひとつぶの涙Une larme aux nuages

Salvatore Adamo Une larme aux nuages


今回はサルヴァトーレ・アダモSalvatore Adamoの「ひとつぶの涙Une larme aux nuages」です。1968年のアルバム:J'ai tant de rêves dans mes bagagesに収録されています。もう半世紀も前、この邦題で日本でもヒットしましたので、懐かしく思われる方も多いでしょう。
原題のUne larme aux nuagesは、歌詞のなかでは、Accroche une larme aux nuagesすなわち「ひとつぶの涙を雲にかけるんだ」と君に指示する言葉になっています。涙形の宝石のついたネックレスをイメージすると分かりやすいでしょうが、それを雲にぶら下げて、風に運ばせる…。
なんとなくカントリー調だし、ボブ・ディランBob Dylanの「風に吹かれてBlowing In The Wind」(1963年)にも似ている気がします。歌詞に「風」が出てきますし、ちょっと意識して作ったのかもしれませんね。なお、「風に吹かれて」のフランス語版は、2曲ご紹介しています。ユーグ・オーフレイHugues Aufrayの「風に吹かれてDans le souffle du vent」とリシャール・アントニーRichard Anthonyの「風に吹かれてEcoute dans le vent」です。





Une larme aux nuages ひとつぶの涙
Salvatore Adamo    サルヴァトーレ・アダモ


Accroche une larme aux nuages
Et laisse le vent l'emporter
Bergère tu n'es pas très sage
Et le vent me l'a raconté

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 そして風に運ばせるんだよ
 羊飼いの娘、君はあまり利口じゃない
 風が僕にそう話してくれた

Une larme aux nuages3-2


Accroche une larme aux nuages
Je la cueillerai au réveil
Je la ferai couler sur ton visage
Et la pluie sera mon soleil

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 僕は目覚めたときにその涙を摘むよ
 僕はその涙を君の顔に流すよ
 すると雨が僕の太陽になる

Le vent n'ose plus me parler de toi
Il ne connaît que des refrains sans joies
Il s'est blotti dans le creux de ma main
Pour se cacher en attendant demain

 風はもう君のことを話そうとしない
 風は楽しくない歌しか知らない
 風は僕の手のひらのなかに入り込む
 明日を待ちながら身を潜めるために

Une larme aux nuages1


Accroche une larme aux nuages
Pour que le vent se mette à danser
Je lui donnerai comme gage
De courir te couvrir de mes baisers

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 風が踊り始めるために
 僕は風に証しとして示すよ
 急いで君を接吻で覆って

Accroche une larme aux nuages
Et au désert la rose fleurira
Et même si ce n'est qu'un mirage
Elle est si belle que j'y crois déjà

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 すると砂漠にバラが咲くだろう
 そしてそれが幻に過ぎなくても
 そのバラは信じていたように美しい

Une larme aux nuages2


Accroche une larme aux nuages
Et laisse le vent l'emporter
Bergère tu n'es pas très sage
Et le vent me l'a raconté ...
Et le vent me l'a raconté ...
Et le vent me l'a raconté ...

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 そして風に運ばせるんだよ
 羊飼いの娘、君はあまり利口じゃない
 風が僕にそう話してくれた…
 風が僕にそう話してくれた…
 風が僕にそう話してくれた…


Comment:0
back-to-top