2017
04.14

歌えChante

Gilbert raconte et Bécaud chante


ジルベール・ベコーGilbert Bécaudの「歌えChante」は、うれしくなるくらい文字数の少ない歌詞ですが、語尾の発音を合わせて、耳に心地よいフランス語の歌詞の特徴をよく発揮している曲です。日本語にしたらこれはなくなってしまいます。1972年。作詞:ピエール・ドラノエPierre Delanoë、作曲:ジルベール・ベコー。アルバム:Gilbert raconte et Bécaud chanteに収録されています。原題のカナ書きの「シャントゥ」という邦題でも呼ばれています。



Chante     歌え
Gilbert Bécaud ジルベール・ベコー


La la la la la la la la la la la la
La la la la la la la la la la la la la(×3)

 ララララララ ララララララ
 ララララララ ラララララララ


Le vent du nord part au galop 注1
L'oiseau est mort vive l'oiseau  注2
II y a du vin pour l'an prochain et du bon pain 注3
Alors chante, chante, chante

 北風が猛スピードで吹き始める
 小鳥は死んだ 小鳥バンザイ
 来年のため美味しいパンのためのワインがあるよ
 さぁて、歌え、歌え、歌え

Gilbert Bécaud2


La la la la la la la la la la la la
La la la la la la la la la la la la la

ララララララ ララララララ
ララララララ ラララララララ


Des chemins creux quand ça va mal 注4
Quand ça va mieux, des cathédrales
Et cet enfant que tu attends en tricotant 注5
Alors chante, chante, chante

 でこぼこ道だよ、うまく行かないときは
 うまく行くとき、それは大聖堂さ
 そしてこの子を君は編み物をしながら待っている
 さぁて、歌え、歌え、歌え

Gilbert Bécaud1


La la la la la la la la la la la la
La la la la la la la la la la la la la(×2)

 ララララララ ララララララ
 ララララララ ラララララララ


[注]
1 nordとgalop はそれぞれ次行のmortとoiseauと語尾の発音を合わせている。au galop「ギャロップ(馬の最も速い駆け足)で、大急ぎで、速く」。
2 viveは感嘆詞で、「万歳」の意味。(例)Vive la France!「フランス万歳!」もとはvivreで、前のmort(mourir)との対比で用いているようだ。
3 vin, prochain, painは語尾の発音が同じ。
4 creuxとmalはそれぞれ次行のmieuxとcathédralesと語尾の発音を合わせており、意味は重要ではないようだ。
5 enfant, attends, en, tricotantの4語も語尾の発音が同じ。



Comment:0
2017
04.12

サ・セ・パリÇa c'est Paris

Mistinguett Ça cest Paris


今回は、ミスタンゲットMistinguettの「サ・セ・パリÇa c'est Paris」です。1926年。作詞:ルシアン・ボワイエLucien Boyer とジャック・シャルルJacques Charles、作曲:ジェゼ・パディラJosé Padilla。
ミスタンゲットの曲は「私の男Mon homme」を先に取り上げています。そのページに彼女のことを少々解説していますのでご覧下さい。

ミスタンゲット (Qui ?という曲も後半に入っています。)



ミスタンゲットの恋人だったモーリス・シュヴァリエMaurice Chevalierも歌っています。



2014年3月のカジノ・ド・パリでのミュージカル「ミスタンゲット、狂気の時代の女王Mistinguett, reine des années folles」のカルメン・マリア・ヴェガCarmen Maria Vegaの歌



Ça c'est Paris サ・セ・パリ
Mistinguett   ミスタンゲット


{Refrain :}
Paris, c'est une blonde
Qui plaît à tout le monde
Le nez retroussé, l'air moqueur
Les yeux toujours rieurs
Tous ceux qui la connaissent
Grisés par ses caresses
S'en vont mais reviennent toujours
Paris à tes amours !

 パリ、それは金髪の娘で
 世界中の人に気に入られている
 つんと上を向いた鼻、人をからかうような様子
 いつも笑っているような目
 彼女を知っている人たちは皆
 彼女の抱擁にうっとりして
 出て行ってもいつも戻って来る
 パリおまえの愛に!

Mistinguett10.jpg


La petite vogue de Paris
Malgré ce qu'on en dit
A les mêmes attraits qu'Hollywood
Oui mais... Elle possède à ravir 
La manière de s'en servir
Elle a perfectionné la façon de se donner
Ça, c'est Paris ! Ça, c'est Paris !

 パリのちょっとした流行りは
 ひとが言うのと違って
 ハリウッドと同様の魅力を持っている
 そうよでもね…彼女は人をうっとりさせるまでに
 それに身を供するやり方を心得ているの
 彼女は自分を捧げる方法を磨いたのよ
 それがパリ!それがパリよ!

Paris, c'est une blonde
Qui plaît à tout le monde
Le nez retroussé, l'air moqueur
Les yeux toujours rieurs
Tous ceux qui la connaissent
Grisés par ses caresses
S'en vont mais reviennent toujours
Paris à tes amours !
Ça, c'est Paris ! Ça, c'est Paris !

 パリ、それは金髪の娘で
 世界中の人に気に入られている
 つんと上を向いた鼻、人をからかうような様子
 いつも笑っているような目
 彼女を知っている人たちは皆
 彼女の抱擁にうっとりして
 出て行ってもいつも戻って来る
 パリおまえの愛に!
 それがパリ!それがパリよ!

[注] à ravir「うっとりするほど」

Mistinguett11.jpg



Comment:2
2017
04.11

雀のようにComme un moineau

Fréhel Comme un moineau


「雀のようにComme un moineau」(作詞:マルク・エリーMarc Hély、作曲:ジャン・ルノワールJean Lenoir)はフレエルFréhelが1925年に創唱した曲で、同年、エディット・ピアフÉdith Piafが歌ったとされますが、録音はされていません。ピアフにピッタリな曲ではあります。

フレエルFréhel



ベルト・シルヴァBerthe Sylva。1925年と動画には出ていますが、Wikipédiaでは1934年に歌ったとされています。



ミスティグリMistigri(1927- 2015)の歌はすばらしいです。この人は歌手であり、テレビ、ラジオ、映画、舞台で活躍する女優でもありました。この曲は、ダミアDamiaとフレエルFréhelの曲を歌ったアルバム:Les plus grands succès de Damia & Fréhelに収録されています。発売は1970年代ですが正確な数字は不明。



Comme un moineau 雀のように
Fréhel         フレエル


C'est près d'une gouttière à matous 注1
Dans une mansarde de n'importe où
Á Montparnasse,
Que je suis venue au monde sur les toits
Et que j'ai, pour la première fois,
Ouvert les chasses 注2
Mes pères et mères déchards comme tout, 注3
Qui de plus n'aimaient pas beaucoup
Sucer de la glace, 注4
Á l'heure des repas dans notre garno, 注5
M'laissaient souvent sans un pélo,
Le bec ouvert,
Comme un moineau !

 野良猫たちの領分の樋のそばで
 モンパルナスの
 どこやらの屋根裏部屋で
 私は生まれたの、屋根の上でね
 そして私が初めて
 目を開けたとき
 まったくすかんぴんの父さんと母さんたちは、
 お酒を飲むことしか
 楽しみがなかった、
 私たちの劣悪な住まいでの食事のときには、
 小銭もなくて私をよくほうっておいた、
 雀のように
 くちばしを開けたままで!

Comme un moineau1


Á l'âge où tous les autres marmots,
Á l'école vont s'meubler le cerveau,
De bonne grammaire
Avec un tas d'mauvais loupiots
Dans les coins on allait jouer au 注6
Père et à la mère,
Bien sûr ces petits jeux innocents
Ne développent pas précisément
Les bonnes manières
Á quinze ans, droite sur mes ergots, 注7
J'allumais tous les gigolos
L'œil effronté 注8
Comme un moineau !

 ほかの子どもたちが
 正しい文法で
 脳ミソを豊かにするために学校に行く年頃に
 大勢の悪ガキたちと
 父さん母さんごっこをしに
 私たちはどこかの隅っこに行った
 もちろんこうした無邪気な遊びは
 よい行儀作法を
 ちゃんと発育させやしない
 15歳のとき、背伸びして、
 すべてのやさ男たちの欲情をそそった
 雀のように
 ずうずうしく色目を使って!

Le premier qu'a voulu ma vertu,
Pour me posséder n'a pas eu
Á faire de siège 注9
Il n'a eu qu'à m'ouvrir les bras
Et mon amour est tombé là
Comme dans un piège
Si j'avais l'esprit perverti
Mon cœur, au contraire, était lui
Pur comme la neige
Nous éveillant sous les bécots
Nous allions à tous les échos 注10
Chanter l'amour,
Comme deux moineaux !

 私の操を欲した最初の男は、
 私をものにするために
 しつこく追い回す必要はなかった
 彼はただ私に腕を広げるだけでよかった
 そして私の愛はそこに落ちた
 罠に嵌ったみたいに
 もしも私が堕落した精神を持っていたとしたら
 私の恋人は、逆で、彼は
 雪のように純だった
 私たちは軽いキスで目覚め
 みんなに聞こえるように
 愛を歌った、
 2羽の雀のように!

Comme un moineau3


Il me plaqua, a-t-il eu tort ?
Je me suis consolée d'un sort
Qui est le nôtre,
Avec un petit gars dessalé,
Mais qui, pour ne pas travailler,
M'vendit à d'autres.
On s'accoutume à ne plus voir
La poussière grise du trottoir
Où l'on se vautre.
Chaque soir sur le pavé parigot, 注11
On cherche son pain dans le ruisseau
Le cœur joyeux
Comme des moineaux !

 彼は私を捨てた、彼は間違いをしたの?
 私はひとつの運命で自分を慰めた
 それは私たちの運命だ、
 世間ずれした年下の男との、
 けどそいつは、自分が働かないよう、
 私をほかの男に売った。
 自分が寝そべる
 歩道の灰色の汚れを
 もう見ないことに慣れた。
 毎晩パリの舗石の上で、
 溝のなかにパンを探した
 雀のように
 楽しい心で!

L'hiver viendra et mon seul bien,
Ce pauvre corps qui, je le sens bien,
Déjà se lasse
Tombera sur le pavé brutal
Je passerai sur un lit d'hôpital
Un soir d'angoisse.
Pas plus mauvaise que beaucoup 注12
J'aurais préféré malgré tout,
Au lieu d'un poisse,
Un homme qui m'eût aimée d'amour
Pour avec lui finir mes jours
Dans un nid chaud,
Comme un moineau !

 冬がやって来たら私の
 哀れな身体は、ちゃんと感じてるわ
 それはもうくたびれてるって、
 冷酷な舗石の上に倒れるわ
 私は病院のベッドの上で
 不安な一夜を過ごすのよ。
 多くの人たちと同様に悪く無いよう
 私はやはり望みたいのよ、
 不運の代わりに、
 私を愛で包んでくれる男を
 暖かいねぐらで、
 雀のようにね!

Comme un moineau5


[注] 隠語的な言葉が多くて、ネット上のargot辞典を参照しながら訳した。
1創唱したフレエルはC'est dans une gouttière à matousと歌っているが、ほかの歌手たちの歌に合わせた。
2 (chasse =œil) chasses=yeux「目」
3 mes pères et mèresなぜ複数形なのか不明。déchard=qui est dans la dèche (misère)「貧乏な、すかんぴんの」
4 garno「家具つきのホテル」あるいは「粗末な住居」。ここでは後者。
5 pélo「小銭」
6 jouer au père et à la mère=jouer à la dinette「ままごとをする」。「お医者さんごっこ」も含めてか。
7 ergot「けづめ、(馬などの)偽蹄」。monter sur ses ergots「挑戦的(高圧的)な態度をとる」に準じて理解。
8 l'œil effronté=lancer une œillade effrontée「恥知らずの秋波を送る」
9 faire de siège←faire de siège de qn.=harceler, tanner qn.「執拗に攻撃する、しつこくつきまとう」
10 à tous les échos「みんなに聞こえるように」
11 parigot=parisien「パリの」
12 pas plus ... que 「…と同様に…ない」。beaucoup名詞で「大勢の人たち」。




Comment:0
2017
04.10

パルチザンの歌Le chant des partisans

Anna Marly Le chant des partisans


「パルチザンの歌Le chant des partisans」は第2次大戦中にナチス・ドイツへのレジスタンス運動を応援するために作られた歌です。
歌手でありギタリストでもあったアンナ・マルリーAnna Marlyが1941年にロンドンで作曲し、彼女の母国語であるロシア語で歌いました。彼女はLa complainte du partisanという曲も作っています。1943年にジョゼフ・ケッセルJoseph Kesselとモーリス・ドルオンMaurice Druonがフランス語で作詞し、アンナ・マルリー自身のほか非常に多くの歌手に歌われてきました。

アンナ・マルリー(ロシア語)



アンナ・マルリー(フランス語)



ジャン・フェラJean Ferrat



イヴ・モンタンYves Montand



Le chant des partisans パルチザンの歌
Anna Marly      アンナ・マルリー


Ami, entends-tu le vol noir des corbeaux sur nos plaines?
Ami, entends-tu les cris sourds du pays qu´on enchaîne?
Ohé, partisans, ouvriers et paysans, c´est l´alarme.
Ce soir l´ennemi connaîtra le prix du sang et les larmes.

 友よ、俺たちの野の上をカラスたちの黒い影が飛ぶのが聞こえるか?
 友よ、隷属させられた国の声のない叫びが聞こえるか?
 おお、パルチザンたち、労働者たちそして農夫たちよ、これは警鐘だ。
 今夜、敵は血と涙の価を知ることになるだろう。

Montez de la mine, descendez des collines, camarades!
Sortez de la paille les fusils, la mitraille, les grenades.
Ohé, les tueurs à la balle ou au couteau, tuez vite!
Ohé, saboteur, attention à ton fardeau : dynamite...注1

 炭鉱から上ってこい、丘から下りてこい、仲間たちよ!
 藁から取り出せ、銃を、散弾を、手榴弾を。
 おお、弾丸を持ったあるいはナイフを持った殺し屋たち、早く殺せ!
 おお、粗忽なヤツ、担いだ荷物に注意しろ:ダイナマイトだぞ…

Anna Marly2


C´est nous qui brisons les barreaux des prisons pour nos frères.
La haine à nos trousses et la faim qui nous pousse, la misère. 注2
Il y a des pays où les gens au creux des lits font des rêves.
Ici, nous, vois-tu, nous on marche et nous on tue, nous on crève...

 兄弟たちのために監獄の鉄格子を破るのは俺たちだ
 俺たちを追いまわす憎しみ、俺たちを後押しする飢え、貧困。
 人々がベッドのくぼみで夢を見ている国々がある。
 ここじゃ、なぁお前、俺たちは踏みつけられ殺され、ばらされるんだ…

Ici chacun sait ce qu´il veut, ce qu´il fait quand il passe.
Ami, si tu tombes un ami sort de l´ombre à ta place.
Demain du sang noir sèchera au grand soleil sur les routes.
Sifflez, compagnons, dans la nuit la liberté nous écoute...

 ここじゃ誰もが自分の欲すること、通りすがりにやることを知っている。
 友よ、お前がもし倒れたら友だちがお前の代わりに影から出てくる。
 明日は道に照りつける大きな太陽で黒い血が渇くだろう。
 口笛を吹け、仲間よ、夜なかに自由が俺たちの声を聞く…

Anna-Marly3.jpg


Ami, entends-tu le vol noir des corbeaux sur nos plaines?
Ami, entends-tu les cris sourds du pays qu'on enchaîne?
Oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh oh...

 友よ、俺たちの野の上をカラスたちの黒い影が飛ぶのが聞こえるか?
 友よ、隷属させられた国の声のない叫びが聞こえるか?
 オーオーオーオーオーオーオーオーオーオーオーオーオーオーオーオー…

[注] 女性のアンナ・マルリーの歌だが、男性の言葉で訳した。
1 saboteur「サボタージュする人、いい加減な仕事をする人」「破壊(妨害)行為の責任者」「枕木に溝を彫る人」という3つの意味があるが、ここでは注意を促すための最初の意味であろう。
2 avoir qn./qc. à ses trousses「…に追われている」




Comment:0
2017
04.09

人生は過ぎゆくLa vie s'en va

Joël Holmès La vie sen va


越路吹雪や金子由香利ほかが日本語で歌っている「人生は過ぎゆくLa vie s'en va」という曲は、前回の「私のロシアンカフェMon café russe」のベティ・マルスBetty Marsやピア・コロンボPia Colomboが歌っていた曲ですが、もともとは1962年にジョエル・オルメスJoël Holmès(1928-2009)という男性のシンガーソングライターが作り歌っていた曲です。彼は今のモルドバ共和国あたりの地で生まれ、14歳で第二次大戦中の両親を亡くしさまざまな職業を経て1954年より歌手としてデヴューし、ピア・コロンボPia Colombo、モーリス・ファノンMaurice Fanon、ジョルジュ・ムスタキGeorges Moustaki、ジャン・フェラJean Ferratなどの傍らで歌ってきました。そして1960年代にはシャルル・クロL'Académie Charles-Crosのグランプリを受賞。しかし60年代半ば以降、シャンソン界から退きました。1982年生まれのアメリカの黒人ジャズ・ミュージシャンJoel Holmesとは別人です。

Lara Fabianの「Je t’aime」以上にje t'aimeを連発するこの曲、多難な人生を送ってきた男性が作って歌っていたとは驚きです。la vieは「人生」「いのち」「生活」など広い意味を持ちますが、女性名詞であり、行ってしまう相手の女性と重ねた表現だと理解すると、印象が変わる気がします。

ジョエル・オルメスJoël Holmès



ベティ・マルスBetty Mars



ピア・コロンボPia Colombo



La vie s'en va  人生は過ぎゆく
Joël Holmès   ジョエル・オルメス


Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime注1
Comme il fait doux ce soir
Dites-moi

 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 今夜はなんと甘い夜だ
 僕に語ってよ

Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime
J'avais peur que vous ne veniez pas

 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 来てくれないかと案じていた

Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime
En retard mais qu'importe
Vous êtes-là

 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 遅かったけどいいんだよ
 来てくれたんだから

Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime
J'aime tant
Vous avoir près de moi

 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 とてもうれしいよ
 あなたがそばにいてくれて

La vie s'en va
La vie s'en va
Il ne faut pas la laisser faire
L'amour s'en va
L'amour s'en va
Je t'aime tant
Que faut-il faire?
La vie s'en va
La vie s'en va
La vie nous glisse entre les doigts
Et tu es-là
Et tu es-là
Que faut-il faire?
Je ne sais pas...

 人生が行ってしまう
 人生が行ってしまう
 そうさせちゃいけない
 愛は去ってしまう
 愛は去ってしまう
 あなたをとても愛している
 どうすればいいんだ
 人生が行ってしまう
 人生が行ってしまう
 人生が僕たちの指の間からすべり落ちる
 そうあなたはここにいる
 そうあなたはここにいる
 どうすればいいんだ?
 僕には分からない…

La vie sen va3


Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime
Vous ne pouvez rester qu'un moment

 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 あなたはほんのつかの間しかいられないんだ

Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime
Je comprend votre ami vous attend 注2

 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 わかっているよ男友達が待っているんだと

Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime
Vous vous connaissez depuis longtemps

 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 あなたたちはずっと前から知り合いなんだね

Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime
Vous l'aimez
Bien sûr
C'est évident

 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 あなたはその男を愛している
 もちろん
 明らかだよ

La vie s'en va
La vie s'en va
Il ne faut pas la laisser faire
L'amour s'en va
L'amour s'en va
Je t'aime tant
Que faut-il faire?
La vie s'en va
La vie s'en va
La vie nous glisse entre les doigts
Et tu es-là
Et tu es-là
Que faut-il faire?
Je ne sais pas...

 人生が行ってしまう
 人生が行ってしまう
 そうさせちゃいけない
 愛が行ってしまう
 愛が行ってしまう
 とても愛してる
 どうしたらいいんだ
 人生が行ってしまう
 人生が行ってしまう
 人生が指の間からすべり落ちる
 そうあなたはここにいる
 そうあなたはここにいる
 どうすればいいんだ?
 僕には分からない…

La vie sen va2


Et je t'aime
Est-il vraiment si beau?
Dites-moi
Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime

 ああ愛してる
 その男は本当にとても素敵なのか?
 教えてくれ
 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ

Il est plus jeune
Mais ça ne durera pas
Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime

 その男はもっと若いが
 でもずっと続くわけじゃないよ
 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ

Il sait parler
Moi je ne sais pas
Et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime, et je t'aime
Ne dites pas que vous partez déjà

 その男は話がじょうずで
 僕はへただ
 ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してる、ああ愛してるよ
 行くなんてもう言わないでくれ

Ma vie s'en va
Il ne faut pas se laisser faire
Ma vie s'en va
Ma vie s'en va
Je t'aime tant
Que faut-il faire?
Et tu t'en va
Et tu t'en va
Toi tu me glisse entre les doigts
Et tu t'en va
Et tu t'en va
Que faut-il faire?

 僕のいのちが行ってしまう
 そうさせちゃいけない
 僕のいのちが行ってしまう
 僕のいのちが行ってしまう
 とっても愛している
 どうしたらいいんだ?
 あああなたは行ってしまう
 あああなたは行ってしまう
 あなたは僕を指のあいだからすべり落とす
 あああなたは行ってしまう
 あああなたは行ってしまう
 どうしたらいいんだ?

Ne partez pas
Ne partez pas
Ne partez pas...

 行かないで
 行かないで
 行かないで…

[注] 
1 文頭のetは、「そして」という意味より、あとに言う事柄を強調するため。「ああ」と表現してみた。
2 男性の立場の歌詞なので、相手が女性であり恋敵は男性でamiだが、女性が歌う場合はamie(発音には影響しない)。il→elle、beau→belleとなる。



Comment:0
2017
04.08

私のロシアンカフェMon café russe

Betty Mars Mon café russe


ベティ・マルスBetty Marsの「私のロシアンカフェMon café russe」(1972年。作詞・作曲:フレデリック・ボトンFrédéric Botton)という曲は、日本では「恋のロシアンカフェ」というタイトルで美輪明宏が訳詞して歌っていますがまったく内容が異なります。ベティ・マルスは1944年生まれで、1972年のユーロヴィジョン・コンクールConcours Eurovision de la chansonでフランス代表としてComé-comédieという曲で出場し11位になっています。マイク・ブラントMike Brantやアラン・バリエールAlain Barrièreとデュオで歌ったこともあり、女優として映画にも何度か出演しています。1989年に44歳で家の窓から飛び降り自殺しました。



Mon café russe 私のロシアンカフェ
Betty Mars   ベティ・マルス


Couleur bleu de Prusse était le café russe
Où de temps en temps nous allions
Pour boire au son des violons
Aussi peu qu'ils fussent, dans ce café russe
On y pleurait à chaque fois comme si c'était la première fois

 ロシアンカフェはプルシャン・ブルーだった
 そこに私たちは時々行った
 ヴィオロンの音色を聴きながら飲みに
 ヴィオロン演奏がどれほどわずかでも、このロシアンカフェでは、
 私たちはまるで初めて聴くかのようにその度ごとに泣いたわ

Que les violons lon lon, les violons lon lon
Oui les violons jouaient pour nous
Que les violons lon lon, oui les violons lon lon
Que ces violons nous rendaient fous

 なんというヴィオロン ロン ロンたち、ヴィオロン ロン ロンたち
 そうよ私たちのために演奏しているヴィオロンたち
 なんいうヴィオロン ロン ロンたち、そうよヴィオロン ロン ロンたち
 このヴィオロンたちはなんと私たちを興奮させるの

Mon café russe1


L'accordéoniste était seul en piste
Avec son air de presque rien
L'on ne voyait même pas ses mains
Oui ses mains d'artiste, accordéoniste
Mais qui vous fauche les vodkas sitôt qu'on regardait là-bas

 アコーデオン弾きがひとりで舞台にいた
 つまらない曲を弾いていた
 私たちはその手さえ見ていなかった
 そうよ芸術家の、アコーデオン弾きの手を
 でもその手はあなた方のウォッカをくすねた、私たちが目をそらせるやいなや

Tous les violons lon lon, les violons lon lon
Les violons qui jouaient pour nous
Tous les violons lon lon, oui les violons lon lon
Ces violons qui nous rendaient fous

 すべてのヴィオロン ロン ロンたち、ヴィオロン ロン ロンたち
 私たちのために演奏しているヴィオロンたち
 すべてのヴィオロン ロン ロンたち、そうよヴィオロン ロン ロンたち
 私たちを興奮させるこのヴィオロンたち

Dîner à la russe dans ce café russe
N'étaient jamais de tout repos
Car les copains venaient bientôt
Trinquer à la russe et le café russe
Se transformait en peu de temps en un étrange assortiment

 ロシアン・カフェのロシア風ディナーは
 けっして平穏そのものじゃなかった
 なぜなら仲間たちがまもなくやって来て
 ロシア風に乾杯しロシアンカフェは
 またたくまに不思議な取り合わせに変身した

Où les violons lon lon, les violons lon lon
Tous les violons jouaient pour nous
Où les violons lon lon, oui les violons lon lon
Tous ces violons nous rendaient fous

 そこではヴィオロン ロン ロンたち、ヴィオロン ロン ロンたち
 私たちのために演奏しているすべてのヴィオロンたち
 そこではヴィオロン ロン ロンたち、そうよヴィオロン ロン ロンたち
 このヴィオロンたちすべてが私たちを興奮させる

Mon café russe4


Couleur bleu de Prusse mon cher café russe
Si je ne viens plus aujourd'hui
C'est que le temps ou que la vie
Ont des drôles d'astuces mais mon café russe
Chaque fois que je pense à toi, j'entends encore chanter en moi :

 プルシャン・ブルー私の愛するロシアン・カフェ
 もしも私が今はもう行かないのなら
 それは時があるいは人生が
 妙な手口を用いたから、でも私のロシアン・カフェ
 あんたのことを思うたびに、私はまだ私のなかで歌っているのが聞こえるわ

Tous tes violons lon lon, les violons lon lon
Les violons qui jouaient pour nous
Tous tes violons lon lon, oui tes violons lon lon
Tes violons qui nous rendaient fous

 あなたのすべてのヴィオロン ロン ロンたち、ヴィオロン ロン ロンたち
 私たちのために演奏しているヴィオロンたち
 あなたのすべてのヴィオロン ロン ロンたち、そうよあなたのヴィオロン ロン ロンたち
 私たちを興奮させるあなたのヴィオロンたち

La la la laï la laï
La la la laï la laï
La la la laï laï laï la laï !! (×2)

 ラ ラ ラ ライ ラ ライ
 ラ ラ ラ ライ ラ ライ
 ラ ラ ラ ライ ライ ライ ラ ライ!!



Comment:0
2017
04.07

彼女はすべてを欲した(まぼろしの恋)Elle voulait tout

Patrick Bruel Juste avant


パトリック・ブリュエルPatrick Bruelの「彼女はすべてを欲した(まぼろしの恋)Elle voulait tout」作詞:ブリュエル自身、作曲:マリー=フロランス・グロMarie-Florence Grosとブリュエル。以前取り上げた「悦楽のカフェにてAu café des délices」と同じく、1999年のアルバム:Juste avantに収録されています。これもまたエスニックな味わいの曲です。「まぼろしの恋」という邦題があるようなので副題としました。



Elle voulait tout 彼女はすべてを欲した(まぼろしの恋)
Patrick Bruel  パトリック・ブリュエル


Elle est venue s'asseoir, là, juste en face de moi
Était-ce par hasard ? Elle m'a dit : " je n'crois pas "
Avec ces grands yeux noirs, plantés au fond des miens
Elle m'a pris par le bras, m'a dit : " jusqu'à demain "... " jusqu'à demain "...

 彼女は座ろうとして来た、そこに、僕の前に
 それはたまたまだったのか?彼女は僕に言った「信じられないわ」と
 大きな黒い目で、僕の目の奥を見据えて
 彼女は僕の腕を取り、僕に言った「明日まで」…「明日まで」

J'ai suivi sans rien dire, elle savait où aller
Dans les ruelles en couleurs, on a tout vu, tout fait,
Elle visitait mon cœur, j'ai même pas su son nom...
Une taxi, une adresse, j'ai pas posé d'question... Pas question !

 僕は何も言わずについて行った、彼女は行き先を知っていた
 カラフルな裏通りで、僕たちはすべて見、すべてなした、
 彼女は僕の心に入ってきた、僕は彼女の名前さえ知らなかった…
 1台のタクシー、ある住所、僕は尋ねはしなかった…論外のことだった!

Elle voulait tout3


{Refrain :}
Elle voulait tout jusqu'à demain
Elle voulait tout jusqu'au matin
C'était tout, tout d'suite, tout ou rien
Pas question de chercher plus loin
Une belle histoire qui passe, on la prend comme elle vient

 彼女は翌日までのあいだすべてを欲した
 彼女は朝までのあいだすべてを欲した
 それだけだった、すぐさま、すべてかゼロか、
 それ以上求めてはダメ
 通り過ぎる美しい物語、やって来たから手に入れるまで

Les cloches sonnaient midi, j'me retourne, j'tends la main
Je n'sens qu'un oreiller, j'embrasse plus qu'un parfum
J'l'avais pas vue venir, j'l'ai pas vue s'en aller
J'ai eu envie de rire, j'y suis pas arrivé. À l'arrivée... 

 鐘が正午を告げ、僕は寝返る、手を伸ばす
 枕にしか触れず、香りだけを撫でいつくしむ
 彼女がやって来たのを見た、彼女が去るのは見なかった
 笑いたかったが、笑えなかった。とうとう…

Elle m'avait tout volé, pourtant, elle n'a rien pris
J'aurais p't-être préféré, au moins, j'aurais compris...
La chambre était réglée : on m'l'avait jamais fait
J'ai essayé d'pleurer,j'y suis pas arrivé... Et puis après

 彼女は僕からすべてを盗んだ、だが、彼女は何も分かっちゃいなかった
 僕はたぶん望んでいたんだ、少なくとも、僕は理解していたんだ…
 その部屋は整頓されていた、僕の部屋は整頓されたことなどなかったが
 僕は泣きたかったが、泣けなかった…そしてそのあと

{Refrain}

Hasta mañana, y dònde vas
Hasta mañana, y nada màs !
La chica nunca mira atràs
Arrebatando tu pensar
Y tu te quedas con el sol, y nada màs !

 明日、あなたの行くところには
 明日は、何もない!
 彼女は振り返らない
 あなたの思いを奪い去って
 そして、あなたは太陽とともにとどまり、それだけしかない!


Elle voulait tout1


Repartir au matin, un souvenir en poche
Sans un mot, sans un lien, surtout rien qui s'accroche
Moi aussi, j'ai déjà, bien sûr, dû faire comme elle
Arriver pour la nuit, y croire, la trouver belle...la trouver belle

 朝の出発、想い出をポケットに
 言葉もなく、絆もなく、特につきまとうものは何もなく
 僕もまた、すでに、もちろん、彼女のように振舞うさだめだった
 一晩やってきて、信じて、彼女を美しいと…彼女を美しいと感じるさだめだった

Moi aussi... Et pourtant, si j'la croisais ce soir,
Je saurais empêcher que le jour nous sépare,
Et quand j'arpente la nuit les rues décolorées
Je cherche ses yeux noirs dans les ombres pressées... trop pressées...

 僕もまた…だけど、もし今夜彼女と出会ったら、
 僕は昼間が僕たちを引き裂くのを阻むことができるだろう、
 そして夜に色褪せた通りを歩き回って
 押しひしがれた…あまりにも押しひしがれた…影たちのなかに僕は彼女の黒い目を探す

{Refrain×2}

[注]
à l'arrivée「到着時に、最後に」



Comment:0
2017
04.06

それは世界を変えはしないÇa va pas changer le monde

Joe Dassin Ça va pas changer le monde


久しぶりのジョー・ダッサンJoe Dassinを。「それは世界を変えはしないÇa va pas changer le monde」(1975年)です。



Ça va pas changer le monde それは世界を変えはしない
Joe Dassin            ジョー・ダッサン


C'est drôle, tu es partie
Et pourtant tu es encore ici
Puisque tout me parle de toi
Un parfum de femme, l'écho de ta voix
Ton adieu, je n'y crois pas du tout
C'est un au revoir, presqu'un rendez-vous

 妙だよ、君は行ってしまった
 だけど君はまだここにいる
 なぜならすべてが僕に君のことを話す
 女性の香り、君の声のこだま
 君の「さよなら」、僕はまったくそれが信じられない
 それは「またね」で、「会う約束」に近い

Joe Dassin1


Ça va pas changer le monde
Il a trop tourné sans nous
Il pleuvra toujours sur Londres
Ça va rien changer du tout
Qu'est-ce que ça peut bien lui faire
Une porte qui s'est refermée?
On s'est aimés, n'en parlons plus
Et la vie continue

 それは世界を変えはしない
 世界は僕たちがいなくてもよく回った
 ロンドンではしょっちゅう雨が降ることだろう
 それはまったく何も変えはしない
 世界に対し何ができるんだ
 閉じられた扉が?
 僕たちは愛し合った、そのことはもう話さないことにしよう
 人生は続くんだ

Ça va pas changer le monde
Que tu changes de maison
Il va continuer, le monde
Et il aura bien raison
Les poussières d'une étoile
C'est ça qui fait briller la voie lactée
On s'est aimés, n'en parlons plus
Et la vie continue

 それは世界を変えはしない
 君が住む家を変えたって
 続いていくんだ、世界は
 そして世界は正当に存続するだろう
 ひとつの星の塵たち
 それが銀河を輝かせるんだ
 僕たちは愛し合った、そのことはもう話さないことにしよう
 人生は続くんだ

Joe Dassin2


Ça va pas changer le monde
Ça va pas le déranger
Il est comme avant, le monde
C'est toi seule qui as changé
Moi, je suis resté le même
Celui qui croyait que tu l'aimais
C'était pas vrai, n'en parlons plus
Et la vie continue

 それは世界を変えはしない
 それは世界を乱さない
 以前のままだ、世界は
 変わったのは君だけだ
 僕のほうは同じままだ
 君が自分を愛してくれていると信じていた男のままだ
 それは本当じゃなかった、そのことはもう話さないことにしよう
 人生は続くんだ


Comment:0
2017
04.05

あなたを忘れるわ、忘れるわJe t'oublierai, je t'oublierai

Isabelle Boulay Je toublierai, je toublierai


今回はイサベル・ブーレイIsabelle Boulayの「あなたを忘れるわ、忘れるわJe t'oublierai, je t'oublierai」です。1998年。作詞:リュック・プラモンドンLuc Plamondon、作曲:リッカルド・コッチャンテRichard Cocciante。同年のアルバム:États d'amourにも収録されています。



Je t'oublierai, je t'oublierai あなたを忘れるわ、忘れるわ
Isabelle Boulay        イサベル・ブーレイ


Que mes draps se souviennent
De nos matins livides
Que le sang de mes veines
Se fige ou bien se vide

 私たちの青白い朝を
 私のシーツは覚えているのよ
 私の血管の血は
 凍りつくか空っぽになるのよ

Que mes doigts ne retiennent
Que l'odeur de ta peau
Que mon corps t'appartienne
Bien au-delà des mots

 私の指は
 あなたの肌の匂いしか留めないのよ
 私の体は言葉で言う以上に
 あなたのものなのよ

{Refrain :}
Je t'oublierai, je t'oublierai, je t'oublierai
Que tout autour de moi
Se souvienne de toi

 私はあなたを忘れるわ、忘れるわ、忘れるわ
 私の回りのすべてのものは
 あなたを覚えているのよ

Je toublierai, je toublierai2


Que mes pieds se souviennent
Du sable où tu marchais
Que ta voix me revienne
Dans un supermarché

 私の足は覚えているのよ
 あなたが歩いた砂を
 あなたの声が私によみがえるのよ
 スーパーマッケットのなかで

Que la télévision
Me renvoie ton regard
Qu'on appelle ton prénom
Dans un aérogare

 テレビが
 あなたの視線を私に送ってくるのよ
 だれかがあなたの名前を
 空港で呼ぶのよ

{Refrain}

La lune et le soleil
Se souviendraient de toi
Comment veux-tu que moi
Tout à coup je t'oublie
Même si dans mon sommeil
Je te touche, je te vois
Je ne reconnais pas
Le jour d'avec la nuit

 月や太陽は
 あなたのことを覚えているわよ
 どうしてあなたは望むの、私が
 突然あなたを忘れることを
 もしも眠っていて
 あなたに触れ、あなたを見たら
 私は昼と夜の
 区別がつかないわ

{Refrain}

Rien ne s'ra plus pareil
Après t'avoir aimé
Je ne reconnais pas
Les lieux où l'on allait
Tes yeux ont mis le feu
À mes rêves, mes envies
Et tu as détourné
La ligne de ma vie

 何ももう同じじゃなくなるわ
 あなたを愛したあとじゃ
 自分たちの行ったところが
 思い出せなくなった
 あなたの目は火をつけたの
 私の夢に、私の欲望に
 そしてあなたは変えてしまった
 私の人生の方向を

Que les néons des villes
Te donnent rendez-vous
Dans des bars où les filles
Sont pareilles partout

 街々のネオンが
 あなたに出会いを与える
 女たちがどこでも似たり寄ったりな
 バーで

Et que les grands murs blancs
De mon appartement
Se referment sur moi 注1
Comme un Cinérama 注2

 そして私のアパルトマンの
 白い大きな壁が
 私を閉じ込める
 シネラマのように

{Refrain×3}

Je toublierai, je toublierai3


[注] Queで始まる文章は、驚きや憤慨に準じる感情を込めた表現。
1 refermer は「(元のように)閉じる、閉める」だが、se refermer sur qc./qn.「…を捕まえる、閉じ込める」
2 Cinérama「シネラマ」三台の撮影機でパノラマ式に撮影し、これを横長の画面に三台の映写機でうつす、映画の一方式。




Comment:0
2017
04.04

アーティストさんこんにちは(そよ風の贈り物)Et bonjour à toi l’artiste

Nicole Rieu Naissance


「アーティストさんこんにちは(そよ風の贈り物)Et bonjour à toi l’artiste」作詞:ピエール・ドラノエPierre Delanoë作曲:ジェフ・バルネルJeff Barnel。1975年のユーロヴィジョン・コンクールConcours Eurovision de la chansonでフランス代表としてニコル・リューNicole Rieuが歌い4位となりました。アルバム:Naissanceに収録。彼女はこの曲を6ヶ国語すなわちフランス語、英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、そして日本語で録音しているそうです。その日本語の歌(訳詞:K.宗方)のタイトルが「そよ風の贈り物Soyokazeno okurimono」ですが、ホイットニー・ヒューストンWhitney Houstonのデヴュー曲Greatest Love Of Allも「そよ風の贈りもの」という邦題で呼ばれていて紛らわしいです。



日本語



Et bonjour à toi l’artiste アーティストさんこんにちは(そよ風の贈り物)
Nicole Rieu         ニコル・リュー


Et bonjour à toi, l'artiste de n'importe où
Qui fais les jours gais ou tristes, toi qui changes tout.
Tu nous offres la musique comme un cadeau
Toi, le magicien des temps nouveaux.
Et bonjour à toi, le peintre de la lumière
Qui connais toutes les teintes de l'univers.
Tu vas faire de l'an deux mille un millénaire
Le plus beau de l'histoire de la terre.

 そしてあなたにこんにちは、どこかのアーティストさん
 日々を楽しくまた悲しくさせ、すべてを変えるあなた。
 音楽を贈り物として私たちに届けてくれる
 あなたは新時代の魔法使いね。
 そしてあなたにこんにちは、光の画家さん
 宇宙のあらゆる色合いを知っているひと。
 あなたは2000年の年から
 地球の歴史のなかでもっとも美しい千年を作ろうとしている。

Et bonjour à toi l’artiste1


{Refrain :}
Il est temps d'acheter des couleurs.
Il est temps de te mettre au labeur.
Il est temps, toi le compositeur, de te donner de tout ton cœur.
Il est temps, et si tu commençais?
Maintenant, demain tout serait prêt.
Il est temps. Tu fais ce qui te plaît.
Prends tout ton temps, mais ne le prends pas trop, s'il te plaît.

 絵の具を買うときよ。
 仕事にとりかかるときよ。
 あなた、作曲家さん、心を込めて身を捧げるときよ。
 そのときよ、あなたは始めているのかしら?
 今よ、明日にはすべてが準備できているわ。
 そのときよ。あなたは好きなことをやるの。
 あなたの時間をぜんぶかけるの、でもがんばりすぎないでね、お願いよ。

Et bonjour à toi l’artiste3


Et bonjour à toi, l'artiste, le grand auteur
Le brillant illusionniste, le célèbre acteur.
Tu vas nous changer le monde, tu vas chanter
Pour nous faire oublier le passé.

 そしてあなたにこんにちは、アーティストさん、大作家さん
 すばらしいイラストレーターさん、有名な俳優さん。
 あなたは私たちに世界を変えてくれる、あなたは歌ってくれる
 私たちに過去を忘れさせるために。

{Refrain}

Nicole Rieu



Comment:1
back-to-top