2017
04.25

私の物語(オン・マイ・オウン)Mon histoire

Mon histoire


ヴィクトル・ユゴーVictor Hugo原作、 ロベール・オッセンRobert Hossein演出の「レ・ミゼラブルLes Miserables」のミュージカルは、1980年にパリで初演され、その後、世界の各地でそれぞれの国の言語で続々と公演が続けられています。1985年にロンドンで、1987 年にはブロードウェイでも東京でも。ミュージカルの曲目の作曲はクロード=ミシェル・シェーンベルクClaude-Michel Schönbergで、フランス語の作詞はアラン・ブーブリルAlain Boublilとジャン=マルク・ナテルJean-Marc Natel。

今回ご紹介するのは、エポニーヌÉponine役が歌う「私の物語Mon histoire」。英語版の曲名は「オン・マイ・オウンOn my own」です。
エポニーヌは、コゼットを預かっていたテナルディエ夫妻の娘で、コゼットの恋人のマリウスに片想いを抱いていますが、コゼットとマリウスを助け、革命の混乱のさなか、マリウスに抱かれて息を引き取ります。

1991年のステファニー・マルタンStéphanie Martinの歌



Mon histoire 私の物語(オン・マイ・オウン)

Je suis toute seule encore une fois
Sans un ami, sans rien à faire
Je suis pas pressée de retrouver
Ma solitude et ma misère
J'attends que vienne le soir
Pour l'évoquer dans ma mémoire

 私はまたひとりぼっち
 友もなく、することが何もない
 私は自分の孤独と悲惨さを
 急いてまた見出そうとはしない
 私は夜が来るのを待つ
 記憶のなかからあの人を想い起こすために

Je marche seule et chaque nuit
Les rues de la ville m'appartiennent
Toutes mes pensées s'envolent vers lui
Et je mets ma vie dans la sienne
Paris dort dans le noir
Je peux m'inventer mon histoire

 私はひとりで歩くそして毎夜
 街の通りは私のものとなる
 私の思いはすべてあの人のもとへと飛び立つ
 そして私は自分の生をあの人の生活のなかに置く
 パリの街は闇のなかで眠っている
 私は自分の物語を作り出すことができる

Mon histoire3


Mon histoire
C'est un rêve qui commence
Dans les pages
D'un conte de mon enfance
Les yeux fermés
Mon prince enfin m'enlace
Et je prie pour que jamais
Son étreinte ne se défasse

 私の物語
 それは子どものころの童話の
 ページのなかから
 始まる夢
 目を閉じると
 私の王子様がとうとう私を抱きしめてくれる
 そして私は祈る いつまでも
 彼の抱擁が解けないようにと

Avec lui
Je ne suis plus la même
J'aime la pluie
Et quand on se promène
Nos deux ombres
Comme deux géants qui s'aiment
S'allongent à nos pieds
Et vont se mirer dans la Seine

 あの人といると
 私はもう以前と同じじゃなくなる
 私は雨が好き
 そして私たちが歩いていると
 私たちの二つの影は
 愛し合う二人の巨人のように
 私たちの足元から伸び
 セーヌ川のなかに映る

Mon histoire1


Je sais bien que j'ai tout inventé
Je sais bien qu'il n'est jamais à mes côtés
Et pourtant, je continue à croire
Qu'avec lui j'écris mon histoire

 私がすべて創りだしたってよく分かっているわ
 あの人はけっして私のそばにいないってよく分かっているわ
 だけど、信じ続けるの
 あの人といっしょに私の物語を書くんだと

Oui, je l'aime
Mais comme les nuits sont courtes !
Au matin, il a repris sa route
Et le monde redevenu le même
A perdu ses couleurs et l'arc-en-ciel son diadème

 ええ、あの人を愛しているわ
 でもなんて夜は短いの!
 朝になると、あの人は帰ってしまって
 元に戻った世界は
 色を失い虹がその王冠となる

Oui, je l'aime
Mais je suis seule au monde
Toute ma vie, j'ai attendu une ombre
Mon histoire est une coquille vide
Un rêve plein de douceur
Dont je n'ai jamais eu ma part

 ええ、あの人を愛しているわ
 でも私はこの世でひとりぼっち
 生涯、私はひとつの影を待った
 私の物語は空っぽの貝殻
 苦しみに満ちた夢
 そこでは私はけっして報われない

Mon histoire2


Et je l'aime, oui, je l'aime
Oui, je l'aime
Oui, je l'aime
Toute seule dans mon histoire

 でもあの人を愛している、ええ、あの人を愛しているわ
 ええ、あの人を愛しているわ
 ええ、あの人を愛しているわ
 私の物語のなかでひとりぼっちで


Comment:0
2017
04.24

いつの日か出かけようUn jour je m'en irai

Mouloudji Un jour je men irai


ムルージMouloudjiの歌っている「いつの日か出かけようUn jour je m'en irai」は、ジャック・プレヴェールJacques Prévert の詩を歌詞にした曲です。1971年。作曲:ムルージとMouloudjiとジャン・ミュジーJean Musy。



Un jour je m'en irai いつの日か出かけよう
Mouloudji       ムルージ


Un jour je m'en irai sur un bateau tout blanc
Aux îles sous le vent, au pays des enfants
Ah oui je m'en irai, m'en irai pour la vie
Pour les jours et les soirs, les matins et les nuits

 いつの日か僕は真っ白な船に乗り
 風の吹く島へ、子どもたちの国に行くんだ
 ああそうだよ僕は行く、僕は行くんだ人生を過ごしに
 たくさんの昼と夕べ、朝と夜を過ごしに

Un jour je men irai3


Je quitterai Paris, je quitterai la Seine
Notre Dame les quais, ma jeunesse et la tienne
Je n'irai plus jamais acheter de château 注1
En Espagne ou ailleurs ni faire le zigoto 注2

 僕はパリから離れるよ、セーヌ河から
 ノートルダム寺院や岸べから、僕の青春から君の青春からも離れるよ
 これからはけっしてスペインや他の国に途方も無い夢を求めに行ったりしないし
 奇をてらったりもしない

Ni traîner ma mollesse de vieux cargo usé
Au long des noirs canaux de Paris enfiévré
Ni ne finirai plus à minuit Place Blanche 注3 
Ah je voudrais goûter à mes anciens dimanches

 自分の無気力をくたびれた古い貨物船で
 熱を帯びたパリの暗い運河に引きずり回すことなどない
 真夜中にブランシュ広場で果てたりしないよ
 ああ、僕のかつての日曜日を味わいたいものだ

Je quitterai Paris sans même une valise
Pour larguer mon passé et toutes mes sottises
Je quitterai les fleurs du jardin de ton corps
Et ta bouche anonyme et ton cœur qui m'endort 注4

 旅行かばんさえ持たずにパリを離れるよ
 過去や愚行のすべてと縁を切りために
 君の体の園の花々から
 そして月並みな君の口と僕を鈍らせる君の心からも離れるよ

Un jour je men irai2


Je traînerai ma vie au long des continents
Au long des rêveries, au long des océans
Et peut être au fin fond d'une mer verticale 注5
Entre cieux et nuages et vagues viendra le calme

 僕はわがいのちを引きずって諸大陸を
 夢の国を、大海原をまわり
 そしてきっと切り立った海の奥底で
 空と雲と波のあいだに静寂が訪れるだろう

Un jour je men irai1


Un jour je m'en irai sur un bateau tout blanc
Aux îles sous le vent au pays des enfants
Ah oui je m'en irai, m'en irai pour la vie
Pour les jours et les soirs, les matins et les nuits

 いつの日か僕は真っ白な船に乗り
 風の吹く島へ、子どもたちの国に行くんだ
 ああそうだよ僕は行く、僕は行くんだ人生を過ごしに
 たくさんの昼と夕べ、朝と夜を過ごしに

Un jour je m'en irai sur un bateau tout blanc
Aux îles sous le vent au loin, loin oui mais quand
Ah oui je m'enfuirai m'enfuirai pour la vie
Pour les jours, pour les nuits, pour la mort sans soucis

 いつの日か僕は真っ白な船に乗り
 風の吹く島へ、遠くへ、そう遠くへ行くんだ、でもいつなのか
 ああそうだよ、僕は逃げて行く僕は逃げて行くんだ人生を求め
 昼を求め、夜を求め、心おきない死を求めて

[注]
1 acheter de château en Espagne「スペインに城を建てる」は、faire(bâtir) des châteaux en Espagne「空中楼閣を建てる、実現不可能な目論見をする」と類似の意味。
2 faire le zigoto(=zigoteau)「変わったことをする、才気をてらう」
3 Place Blanche「ブランシュ広場」9区と18区の境界に位置している広場で、北側(18区)に有名なキャバレーMoulin Rouge「ムーラン・ルージュ」があり、夜遅くまでにぎわう場所である。
4 anonyme「匿名の」の意味のほかに「ありふれた、個性の無い」の意味がある。bouche「口」 は「話す人」やその傾向も言う。ton cœur qui m'endortは「僕を寝入らせる君の胸」から「僕を丸め込む君の心」まで、解釈はあり得る。
5 peut-êtreではなく、peut êtreと2語になっているのは「あり得る」という意味を強調するためか。fin fond de qc.「…の奥」。mer verticale「垂直の海」世界の果ては海が滝のように流れ落ちているとする「地球平面説」を言うようだが、Mer Verticale(Mare Verticale)というヨットの組織では、verticaleは困難なものすべてを表現する言葉で、海は山と同様に危険であり、自然の限界への挑戦という意味での命名だと説明している。



Comment:0
2017
04.23

パリを想えばOn pense à toi,Paris

Cora Vaucaire On pense à toi,Paris


コラ・ヴォケールCora Vaucaireの「パリを想えばOn pense à toi,Paris」(1959年。作詞:ミッシェル・ヴォケールMichel Vaucaire、作曲:シャルル・デュモンCharles Dumont)は、「モンマルトルに帰りてRetour à Montmartre」と同様、コラが歌う、昔のパリを懐かしむ曲です。



On pense à toi,Paris パリを想えば
Cora Vaucaire     コラ・ヴォケール


Vendeus' de rêv' et fill' d'amour 注1
Tout's les Manon des Amérique's  注2
Tout's les Carmen de Singapour 注3
Ont des instants mélancoliques
Aventuriers du Sud au Nord
Marins, colons ou chercheurs d'or
Ont eux aussi des coups d'caffard
Et dans l'mond' entier certains soirs 注4

 夢を売る人そして春を売る娘
 アメリカのマノンたちみんな
 シンガポールのカルメンたちみんなに
 憂鬱なときがある
 南から北までの冒険旅行
 水夫たち、開拓者たちあるいは金を探す人たち
 もまた憂鬱に襲われる
 そして世界中で或る夕べに

On pense à toi,Paris


On pense à toi, à toi, Paris
Quand on est loin, quand on s'ennuie
On pense à toi comme une amie
A qui l'on peut raconter tout' sa vie
Quand on est seul, quand tout est gris
Quand ça va mal, de mal en pis 注5
On pense à toi, à toi, Paris
Et quelque chose, aussitôt, vous sourit

 ひとは君のことを想う、君のことを、パリよ
 遠くにいるとき、滅入ったとき
 ひとは君のことを、自分の人生をすべて語れる
 女友達のように思う
 ひとり淋しいとき、すべてが灰色のとき
 うまく行かないとき、ますます悪くなる時
 君のことを想う、君のことを、パリよ
 そして何かを、するとすぐ、あなた方は微笑む

Je me souviens d'un coin de rue
D'un p'tit bistrot dans l'dixhuitième 注6
Et d'un bougnat très moustachu 注7
Qui nous servait des cafés crèmes
On s'y r'trouvait deux fois par jour
Et l'on s'disait des mots d'amour
Et d'puis c'temps-là, au fond d'mon cœur
Paris, pour moi, c'est du bonheur

 僕は思い出すある街角を
 18区の小さなビストロを
 そして口ひげの濃いオーヴェルニュ人を
 彼は僕たちにカフェクレームを出してくれた
 僕たちはそこで1日に2回も会った
 そして愛の言葉を交し合ったね
 そしてその時以来、心底
 僕にとって、パリ、それは幸せなんだ

Lapin agile3


Je pense à toi, à toi, Paris
Quand je suis loin, quand je m'ennuie
Je pense à toi comme une amie
A qui je peux raconter tout' ma vie
Quand on est seul, quand tout est gris
Quand ça va mal, de mal en pis
On pense à toi, à toi, Paris
Comme à l'amour que jamais on n'oublie

 僕は君のことを想う、君のことを、パリよ
 遠くにいるとき、滅入ったとき
 僕は君のことを、自分の人生をすべて語れる
 女友達のように思うんだ
 ひとり淋しいとき、すべてが灰色のとき
 うまく行かないとき、ますます悪いほうに向かう時
 ひとは君のことを想うんだ、君のことを、パリよ

[注] コラが歌っているが、語句からは男性の立場の歌と判断される。疑問符、感嘆符の多々入った歌詞を見つけたが、位置に疑問があり、すべて外した。残すべきところもあったかもしれないが。
1 fille d'amour= prostituée「売春婦」
2 アベ・プレヴォーAbbé Prévostの長編小説「騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語Histoire du chevalier Des Grieux et de Manon Lescaut」(1731年)およびそれをもとにしたプッチーニPucciniのオペラ「マノン・レスコーManon Lescaut 」の主人公マノンは、犯罪者としてアメリカへ追放処分となり荒野で死ぬ。ちなみにManonという名前はMarieの愛称Marianneの短縮形。
3プロスペル・メリメProsper Mériméeの小説「カルメンCarmen」とそれをもとにしたビゼーGeorges Bizetの歌劇「カルメンCarmen」、そのCarmenとSingapour「シンガポール」との関連は不明。
4 この行は、次の節に意味的につながっていく。
5 de mal en pis「ますます悪く」
6 dixhuitième「18区」パリの街は20のarrondissements(行政区)に分かれている。「18区」は一番北側でモンマルトルMontmartreあたりも含まれる。このbistrot「ビストロ」は「ラパン・アジールAu Lapin agile」 のことだろう。この曲と同様、ミッシェル・ヴォケール作詞のコラの曲「フレデFrédé」参照。
7 bougnat= auvergnat「オーヴェルニュ地方出身の人」。フレデは髭が特徴でオーヴェルニュ出身らしい。ちなみに、ジョルジュ・ブラッサンスGeorges Brassensの「オーヴェルニュ人に捧ぐChanson pour l'auvergnat」は、パリの南に位置する14区に住んでいたオーヴェルニュ人たちに捧げられている。



Comment:0
2017
04.22

ある愛の詩Une histoire d'amour

Mireille Mathieu Une histoire damour


アーサー・ヒラーArthur Hiller監督の1970年の映画「ある愛の詩Love Story」は、エリック・シーガルErich Wolf Segalによる同名の小説が原作ですが、未完の小説を原作として映画の製作が始まり、小説と映画が同時進行で作られました。先に映画が完成し、映画の脚本を基に小説が執筆された部分もあるそうですが、先に発表されたのは小説で、その数週間後に映画が公開されました。若い二人が恋に落ち、親の反対を押し切って結婚しましたが、女性のほうが白血病で亡くなるという美しくも悲しいストーリーです。フランシス・レイFrancis Laiが作曲したテーマソングLove Storyは、1971年にWhere Do I Beginというタイトルでシグマン・カールSigman Carlが作詞し、アンディー・ウィリアムズAndy Williamsが歌っています。そして同年、カトリーヌ・ドザージュCatherine Desageがフランス語に翻案した「ある愛の詩Une histoire d'amour」をミレイユ・マチューMireille Mathieuが歌いました。

アンディー・ウィリアムズ



ミレイユ・マチューの歌唱は素晴らしいです



Une histoire d'amour ある愛の詩
Mireille Mathieu   ミレイユ・マチュー


Une histoire d'amour
Où chaque jour devient pour nous le dernier jour
Où on peut dire "à demain" à son amour
Et qu'on est là tout près de lui à regarder
Mourir sa vie

 ある愛の物語
 そこでは毎日が自分たちにとっての最後の日となる
 そこでは「また明日」と恋人に言うことはできる
 そして彼女のすぐそばにいて見届ける
 いのちを終えるのを

Une histoire d'amour
Où pour nous deux le mot toujours semblait trop court
Tu vois pourtant nous n'avons plus beaucoup le temps
Non mon amour tu ne dois pas, il ne faut pas
Pleurer sur moi

 ある愛の物語
 そこでは私たち二人にとって言葉はいつも短すぎるようだった
 だけど私たちにはもう時間があまりないわね
 いえいとしい人だめよ、いけないわ
 私のために泣いちゃ

Une histoire damour2


Ne me dis pas adieu
Je vais fermer les yeux
Viens près de moi
Et prends-moi dans tes bras
Restons ensemble
Serre-moi fort
Tu vois il me semble que ma vie s'endort
Dis-moi "je t'aime"

 私にさよならを言わないで
 私は目を閉じるわ
 私のそばに来て
 そして私をあなたの腕で抱いて
 いっしょにいて
 私を強く抱いて
 私のいのちは眠りにつくんだわ
 「愛してる」って言って

Une histoire d'amour
C'est la chanson de l'océan les nuits d'été
Un souvenir qui va durer l'éternité
Pour moi ce soir la vie s'en va mais notre amour
Ne finit pas

 ある愛の物語
 それは夏の夜の海の歌
 永遠に続く思い出
 私にとっては今夜、いのちは消えるけれど私たちの愛は
 終わらない

Une histoire damour3


Une histoire d'amour
Ça ne peut pas vraiment mourir en un seul jour
Ne reste pas le cœur en deuil à vivre seul
Il te faudra voir d'autres ciels, d'autres soleils
Ne pleure pas

 ある愛の物語
 それはたった一日でなくなってしまうものじゃない
 一人で生きていくのに悲しい心を引きずらないで
 あなたはあらたな空を、あらたな太陽を見なくてはならないわ
 泣かないで

続きを読む
Comment:0
2017
04.21

愛するだけでよかったらS'il suffisait d'aimer

Celine Dion Sil suffisait daimer


今回はセリーヌ・ディオンCeline Dionの「愛するだけでよかったらS'il suffisait d'aimer」です。作詞・作曲ジャン=ジャック・ゴールドマンJean-Jacques Goldman。1998年の同名のアルバムに収録されています。私としてはいまいち分かりにくい歌詞です。歌っていくうちに歌詞の意味が腑に落ちてくることって、私も何度かありましたが、この曲を歌っている方に感じられたことを伺ってみたいです。



S'il suffisait d'aimer 愛するだけでよかったら
Celine Dion      セリーヌ・ディオン


Je rêve son visage je décline son corps
Et puis je l'imagine habitant mon décor
J'aurais tant à lui dire si j'avais su parler
Comment lui faire lire au fond de mes pensées?

 私は彼の容貌を夢見、彼のからだは辞む
 そして彼が私のところに住んでいると想像する
 もしうまく言えるなら彼にとても言いたい
 どうすれば私の心の底を読み取ってもらえるのか?

Mais comment font ces autres à qui tout réussit? 注1
Qu'on me dise mes fautes mes chimères aussi
Moi j'offrirais mon âme, mon cœur et tout mon temps
Mais j'ai beau tout donner, tout n'est pas suffisant

 でも何をしてもうまく行くほかの人たちはどのようにしているのか?
 ひとは私の過ちや妄想を私に指摘するのよ
 私は自分の魂も、心もすべての時間もささげるわ
 でもすべてを差し出しても無駄、すべてでも充分じゃない

Sil suffisait daimer1


S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Si l'on changeait les choses un peu, rien qu'en aimant donner
S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Je ferais de ce monde un rêve, une éternité

 もし愛し合うだけでよかったら、もし愛するだけでよかったら
 もしものごとをちょっと変えたなら、ただ愛しながら与えるだけで
 もし愛し合うだけでよかったら、もし愛するだけでよかったら
 私はこの世界を夢に、永遠のものにするわ

J'ai du sang dans mes songes, un pétale séché
Quand des larmes me rongent que d'autres ont versées
La vie n'est pas étanche, mon île est sous le vent 注2
Les portes laissent entrer les cris même en fermant

 私の空想には血がかよい、1枚の乾いた花びらがある
 ほかの人たちが流した涙が私を苦しめるとき
 いのちは護りが甘くなり、私の島は風にさらされ
 扉は閉じていても叫び声に侵入される

Dans un jardin l'enfant, sur un balcon des fleurs
Ma vie paisible où j'entends battre tous les cœurs
Quand les nuages foncent, présages des malheurs
Quelles armes répondent aux pays de nos peurs? 注3

 子どもの遊び場のなかに、花の咲くバルコニーの上に
 私の平和な生活であらゆる心が争うのが聞こえる
 雲が黒く立ち込めるときは、不幸なことの前兆
 どんな武器が私たちの恐怖の国に見合うものなのか?

Sil suffisait daimer2


S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Si l'on pouvait changer les choses et tout recommencer
S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Nous ferions de ce rêve un monde
S'il suffisait d'aimer

 もし愛し合うだけでよかったら、もし愛するだけでよかったら
 もしものごとを変えすべてをやり直せたら
 もし愛し合うだけでよかったら、もし愛するだけでよかったら
 私たちはこの夢でひとつの世界を作るわ
 もし愛するだけでよかったら

[注]
1 réussir à qn.「…のためになる、…によい結果をもたらす」。ここではtout「すべて」がà ces autres(quiの先行詞)「これらのほかの人たち」にréussit「よい結果をもたらす」。
2 étanche「(液体・気体などが)漏れない、防水の、気密の」が原義で「守りの堅固な」の意味。
3 paysは想像上の領域を「国」とたとえている。




Comment:1
2017
04.20

ジャズとジャヴァLe jazz et la java

Claude Nougaro Le jazz et la java


クロード・ヌガロClaude Nougaroの「ジャズとジャヴァLe jazz et la java」(1962年。作詞:Claude Nougaro、作曲:Jacques Datin。)は、デイヴ・ブルーベック・カルテットDave Brubeck Quartetの1959年のThree To Get Readyのメロディーをヒントにして作られた曲。いろんな歌手がカヴァーしていますので聴き比べていただきましょう。



ザーズZaz



イヴ・モンタンYves Montand



シェイラSheila


フローラン・パニーFlorent Pagny



Le jazz et la java ジャズとジャヴァ
Claude Nougaro クロード・ヌガロ


{Refrain :}
Quand le jazz est
Quand le jazz est là
La java s'en
La java s'en va
Il y a de l'orage dans l'air
Il y a de l'eau dans le
Gaz entre le jazz et la java

 ジャズがいりゃ
 ジャズがそこにいりゃ
 ジャヴァは出て
 ジャヴァは出て行く
 大気のなかには雷雨がある
 ジャズとジャヴァの間のガスのなかには
 水があるんだ

Le jazz et la java3


Chaque jour un peu plus y a le jazz qui s'installe
Alors la rage au cœur la java fait la malle 注1
Ses p'tit's fesses en bataille sous sa jupe fendue 注2
Elle écrase sa gauloise et s'en va dans la rue

 毎日いやましにジャズが居座ってくる
 すると憤りを胸にジャヴァは逃げ出す
 スリットの入ったスカートに小さな尻をいい加減に包み
 彼女はゴロワーズの箱をつぶして通りに出て行く

Le jazz et la java4


{Refrain}

Quand j'écoute béat un solo de batterie
V'là la java qui râle au nom de la patrie
Mais quand je crie bravo à l'accordéoniste
C'est le jazz qui m'engueule me traitant de raciste

 僕がドラムのソロのビートを聴けば
 ほらジャヴァは祖国の名にかけて文句を言う
 だが僕がアコーデオン弾きにブラヴォーと叫べば
 僕を人種差別主義者あつかいして僕を怒鳴りつけるのはジャズだ

Le jazz et la java2


{Refrain}

Pour moi jazz et java c'est du pareil au même
J'me soûle à la Bastille et m'noircis à Harlem
Pour moi jazz et java dans le fond c'est tout comme 注4
Quand le jazz dit: Go man , la java dit: Go home.

 僕にとっちゃジャズもジャヴァもおんなじだ
 僕はバスティーユで酔っぱらい、ハーレムでよっ払う
 僕にとっちゃジャズとジャヴァはつまりはこんな風さ
 ジャズが「行け」と言うと、ジャヴァは「帰れ」と言う。

Le jazz et la java1


{Refrain}

Jazz et java copains ça doit pouvoir se faire
Pour qu'il en soit ainsi,tiens,je partage en frère
Je donne au jazz mes pieds pour marquer son tempo
Et je donne à la java mes mains pour le bas de son dos.

 ジャズとジャヴァは仲間になれるはずだ
 そんな風になるよう、ほら、僕は平等に分け与える
 ジャズにはそのテンポを刻むために僕の両足を与え
 そしてジャヴァには腰に置くために僕の両手を与える

[注]
1 faire la malle「そそくさと立ち去る、ずらかる」
2 en bataille「はすに、乱れた、いい加減に」
3 en frère「兄弟同様に、仲良く」
4 dans le fond「実は、結局は」




Comment:0
2017
04.19

君を愛すよJe vais t'aimer

Michel Sardou Je vais taimer


ミッシェル・サルドゥーMichel Sardou「君を愛すよJe vais t'aimer」は、1976年にシングル・リリースされた後、同年のアルバム:La vieilleに収録されています。作詞:ジル・チボーGilles Thibaut、作曲:ジャック・ルヴォーJacques Revaux、ミッシェル・サルドゥーMichel Sardou。
Je t’aimeが「僕は君を愛している」という状態を言うものなら、Je vais t'aimerは「僕は君を愛すよ」という意志表明です。



ララ・ファビアンLara Fabianとのデュオ



映画「エール!La famille Bélier」(2014年)のルアンヌ・エメラLouane Emeraの歌



Je vais t'aimer  君を愛すよ
Michel Sardou  ミッシェル・サルドゥー


À faire pâlir tous les Marquis de Sade, 注1
À faire rougir les putains de la rade,
À faire crier grâce à tous les échos, 注2
À faire trembler les murs de Jéricho, 注3
Je vais t'aimer.

 サド侯爵たちをみんな青ざめさせるくらい、
 波止場の売春婦たちを赤らめさせるくらい、
 すべてのこだまを降参させるくらい、
 ジェリコの壁を震わせるくらい、
 君を愛すよ。

À faire flamber des enfers dans tes yeux,
À faire jurer tous les tonnerres de Dieu,
À faire dresser tes seins et tous les Saints,
À faire prier et supplier nos mains,
Je vais t'aimer.

 君の目のなかの地獄を燃えあがらせるくらい、
 神のすべての雷鳴を轟かせるくらい、
 君の乳房とすべての聖者たちを起こすくらい、
 僕たちの手に祈らせ願わせるくらい、
 君を愛すよ。

Je vais t'aimer
Comme on ne t'a jamais aimée.
Je vais t'aimer
Plus loin que tes rêves ont imaginé.
Je vais t'aimer. Je vais t'aimer.

 君を愛すよ
 今まで君をこんなに愛したことがなかったほどに。
 君を愛すよ
 君が夢で想像したよりもっと深く。
 君を愛すよ。君を愛すよ。

Je vais taimer2


Je vais t'aimer
Comme personne n'a osé t'aimer.
Je vais t'aimer
Comme j'aurai tellement aimé être aimé.
Je vais t'aimer. Je vais t'aimer.

 君を愛すよ
 誰も君をこんなに愛せなかったほどに
 君を愛すよ
 このように愛されたいと願ったのと同じほどに
 君を愛すよ。君を愛すよ。

À faire vieillir, à faire blanchir la nuit,
À faire brûler la lumière jusqu'au jour,
À la passion et jusqu'à la folie,
Je vais t'aimer, je vais t'aimer d'amour.

 夜を老けさせ、白くさせるくらい、
 光を太陽ほどに、
 情熱ほど、狂気ほどに輝かせるくらい、
 君を愛すよ、君を心から愛すよ。

À faire cerner à faire fermer nos yeux,
À faire souffrir à faire mourir nos corps,
À faire voler nos âmes aux septièmes cieux, 注4
À se croire morts et faire l'amour encore,
Je vais t'aimer.

 僕たちの目に隈を作るくらい閉じさせるくらい、
 僕たちのからだを痛ませ死なせるくらい、
 僕たちの魂を七天まで飛ばせるくらい、
 自分たちが死んでまた愛し合うと信じるくらい、
 君を愛すよ。

Je vais t'aimer
Comme on ne t'a jamais aimée.
Je vais t'aimer
Plus loin que tes rêves ont imaginé.
Je vais t'aimer. Je vais t'aimer.

 君を愛すよ
 今まで君をこんなに愛したことがなかったほどに。
 君を愛すよ
 君が夢で想像したよりもっと深く。
 君を愛すよ。君を愛すよ。

Je vais taimer1


Je vais t'aimer
Comme personne n'a osé t'aimer.
Je vais t'aimer
Comme j'aurai tellement aimé être aimé.
Je vais t'aimer. Je vais t'aimer.

 君を愛すよ
 誰も君をこんなに愛せなかったほどに。
 君を愛すよ
 このように愛されたいと願ったのと同じほどに。
 君を愛すよ。君を愛すよ。

[注]
1 à+inf.「…するほどまでに」程度・結果をあらわす。Marquis de Sade「マルキ・ド・サド、サド公爵」アナーキーな快楽至上主義に徹し、暴力的なポルノグラフィーと評される小説を多く書き、自らも法律・道徳に反する淫蕩な行為をおこなったため、生涯の大半を監獄と精神病院で送った。著作のほとんどは獄中でかかれたもの。サディズム(加虐性欲)という言葉は彼の名に由来する。複数形にされているのは、同様の嗜好性をもつ男たちつまりサディストたちということだろう。
2 crier grâce「許しを請う、やめてくれと頼む」
3 les murs de Jéricho「ジェリコ(エリコ)の壁」ヘブライ聖書に書かれているエリコ(イェリコ)の街の城壁。モーセの後継者ヨシュアはエリコの街を占領しようとしたが、城門が堅く閉ざされていた。しかし、主の言葉に従い、イスラエルの民が契約の箱を担いで7日間城壁の周りを廻り角笛を吹くと、その巨大なエリコの城壁が崩れたという。
4 septième ciel「七天」バビロニアの天文学者は、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星という7つの惑星の動きを説明するために7つの天体を想定した。プトレマイオスの天動説はこれに基づいたものである。この語をタイトルにした映画が複数あり、Marc Lavoineの1999年のアルバムのタイトルにもなっている。この歌詞ではseptièmes cieuxと複数形にされているが、「性的オルガスム」の意味の隠語であることと関連するのか?




Comment:0
2017
04.18

ヴァンデのカップルLes mariés de Vendée

Anaïs Vendée93


ディディエ・バルブリヴィアンDidier BarbelivienとアナイスAnaïsがデュオで歌っている「ヴァンデのカップルLes mariés de Vendée」(1992年。作詞・作曲:Didier Barbelivien)は、フランス革命後の1793年にフランス西部ヴァンデ地方を中心に発生したカトリック王党派の反乱「ヴァンデの反乱Guerre de Vendée」をテーマとしたアルバム:Vendée 93に収録されている曲です。反乱の鎮圧のため政府軍は、森林、畑、家、教会を荒らし、人々を無差別に殺害し、犠牲者は30~40万ともいわれます(→ウィキペディアの記事「ヴァンデの反乱」)。この曲は、幸せなはずの自分たちの運命がその反乱のために変わってしまったカップルのことを歌っている美しい歌です。露骨な表現ではないのでかえって響いてきます。
ヴィクトル・ユーゴーVictor Hugoの1874年の著書「93年Quatre-vingt-treize」もこの反乱を題材にしています。
映画では、ジム・モリノJim Morlino監督の2012年のアメリカ映画:The War of the Vendee (ヴァンデの戦い)があり、新しいところではダニエル・ラブルディールDaniel Rabourdin監督が4年間かけて作った映画: La Rébellion cachée(隠された反乱)が今年の春に封切りされたそうです。




Les mariés de Vendée   ヴァンデのカップル
Didier Barbelivien & Anaïs ディディエ・バルブリヴィアン&アナイス


J'écrivais ton nom sur les pierres
Sur les cheveux de lierre
Des ruines abandonnées
Je t'attendais à la rivière
Dans le bleu des fougères
Auprès d'un champs de blé

 わたしはあなたの名を
 打ち捨てられた廃墟の
 石の上に木蔦の蔓の上に書いた
 わたしは川であなたを待っていた
 麦畑のそばの
 羊歯の青みのなかで


J'écrivais ton nom solitaire
Sur les chemins de terre
Sur les arbres écorchés
Je t'attendais dans mes prières
Dans le feu des bruyères
Des soleils de janvier

 僕はひとりぼっちの君の名を
 野道に
 皮を剥がれた木々に書いた
 僕は祈りながら待っていた
 1月の太陽に
 燃えるヒースのなかで

Je t'attendais
, je t'attendais, je t'attendais

 僕は待っていたわたしは待っていた、私は待っていた

Et les églises se souviennent
Des tous premiers je t'aime
Des mariés de Vendée
Qui couraient à perdre haleine 
Boire à l'eau des fontaines
Leur tout premier baiser

 そして教会たちは覚えている
 ヴァンデのカップルの
 まったく初めての愛の告白を
 彼らは息が切れるほど走って
 泉の水を飲んだ
 彼らのまったく初めての口づけだった

Les mariés de Vendée1


Et les moulins se rappellent
La blancheur des dentelles
Des mariés de Vendée
Qui couraient dans les ruelles
Escaladaient les échelles
Pour s'aimer dans un grenier

 水車たちは思い出す
 ヴァンデのカップルの
 レースの白さを
 彼らは小路を走った
 はしごをよじ登った
 屋根裏部屋で愛し合うために

Je parlais de toi aux nuages
Aux oiseaux de passage
À mes poupées d'enfant
Je t'attendais les nuits d'orage
Dans les genets sauvages
Au bord de l'océan

 わたしはあなたのことを雲たちに
 渡り鳥たちに
 わたしの子どもの頃のお人形たちに語った
 わたしはあなたを待っていた 嵐の夜に
 海辺の
 野生のエニシダのなかで


Les mariés de Vendée3


J'écrivais ton nom sur les plages
Sur les murs des villages
Les nuits de la Saint-Jean
Je t'attendais comme un rivage
Quand un bateau naufrage
Au cœur de l'ouragan

 僕は君の名を浜辺に
 村の壁に書いた
 サン=ジャン祭の夜に
 僕は君を待っていた
 暴風雨のさなかに
 船が難破したときの海岸のように

Je t'attendais
, je t'attendais, je t'attendais

 僕は待っていたわたしは待っていた、私は待っていた

Et les églises se souviennent
Des prénoms de baptême
Des mariés de Vendée
Qui couraient à perdre haleine
Boire à l'eau des fontaines
Leur tout premier baiser

 そして教会たちは覚えている
 彼らの洗礼名を
 彼らは息が切れるほど走って
 泉の水を飲んだ
 彼らのほんとうに初めての口づけだった

Et les étangs se rappellent
Les serments éternels
Sous les grands peupliers
Garde ta main dans la mienne
Nous serons quoi qu'il advienne
Des mariés de Vendée

 そして池たちは覚えている
 大きなポプラの木の下の永遠の誓いを
 あなたの手を私の手のなかに残して
 私たちは何が起ころうとも
 ヴァンデのカップルだ

Et les églises se souviennent
Des tous premiers je t'aime
Des mariés de Vendée
Qui couraient à perdre haleine
Boire à l'eau des fontaines
Leur tout premier baiser

 そして教会たちは覚えている
 ヴァンデのカップルの
 まったく初めての愛の告白を
 彼らは息が切れるほど走って
 泉の水を飲んだ
 彼らのまったく初めての口づけだった

Et les moulins se rappellent
La blancheur des dentelles
Des mariés de Vendée
Qui couraient dans les ruelles
Escaladaient les échelles
Pour s'aimer dans un grenier

 水車たちは思い出す
 ヴァンデのカップルの
 レースの白さを
 彼らは小路を走った
 はしごをよじ登った
 屋根裏部屋で愛し合うために

[注] à perdre haleine「息が切れるほど」

Les mariés de Vendée2




Comment:0
2017
04.17

パナムPaname

Léo Ferré Paname


レオ・フェレLéo Ferréの「パナムPaname」は、1960年の同名のアルバムに収録されている曲で、パナムPanameという愛称で呼んでパリの街への愛情を歌っています。

パナムPanameという愛称は、「パリの空の下Sous le ciel de Paris」にも出てきます。その由来・意味については諸説あるようですが、アルゴ辞典によると、「巨大なénorme、驚くべきconfondant」といった意味の古い隠語に由来し、「巨大な街」という意味で、19世紀後半から用いられていたPantrucheという愛称に替えて第1次世界大戦中から使われていたようで、Tu le r'verras, Paname !というタイトルの曲(1916年か1917年)があります。

フェレの曲は、その後、カトリーヌ・ソヴァージュCatherine Sauvageアニー・コルディーAnnie Cordy、ジュリエット・グレコJuliette Gréco、そして、ずっと後の2016年にはアニック・シザルクAnnick Cisarukなどがカヴァーしています。

レオ・フェレ



ジュリエット・グレコ




Paname  パナム
Léo Ferré レオ・フェレ


Paname
On t'a chanté sur tous les tons
Y'a plein d' parol's dans tes chansons
Qui parl'nt de qui de quoi d' quoi donc
Paname
Moi c'est tes yeux moi c'est ta peau
Que je veux baiser comme il faut
Comm' sav'nt baiser les gigolos

 パナム
 ひとはおまえのことをあらゆる調子で歌った
 おまえの歌にはたくさんの歌詞があり
 それは誰のこと何のことを歌うのかいったい何のことを
 パナム
 僕なら、それはおまえの目のこと
 それは当然僕がキスしたい
 おまえの肌のことさ
 やさ男たちがうまくキスするようにね

Paname1.jpg


Paname
Rang' tes marlous rang' tes bistrots
Rang' tes pépées rang' tes ballots
Rang' tes poulets rang' tes autos 注1
Paname
Et viens m'aimer comme autrefois
La nuit surtout quand toi et moi
On marchait vers on n' savait quoi

 パナム
 おまえのイロ男たちを従わせおまえのビストロたちを従わせ
 おまえのカワイ子ちゃんたちを従わせおまえのばかやろたちを従わせ
 おまえのデカたちを従わせ、おまえの車たちを従わせろ
 パナム
 そして昔のように僕を愛しに来ておくれ
 とりわけおまえと僕が
 何だか知らないものの方へと歩いた夜のように

Paname
Y'a des noms d' rues que l'on oublie
C'est dans ces rues qu'après minuit
Tu m' faisais voir ton p'tit Paris 注2
Paname
Quand tu chialais dans tes klaxons
Perdue là-bas parmi les homm's
Tu v'nais vers moi comme un' vraie môme

 パナム
 忘れてしまった通りの名がある
 真夜中過ぎにおまえが僕におまえのちっちゃなパリを見せてくれたのは
 これらの通りでだった
 パナム
 おまえが人ごみのなかで迷子になって
 クラクションを鳴らすみたいに泣いていた時
 おまえはまるでまるで子どもみたいに僕の方に来たね

Paname3.jpg


Paname
Ce soir j'ai envie de danser
De danser avec tes pavés
Que l' monde regarde avec ses pieds
Paname
T' es bell' tu sais sous tes lampions
Des fois quand tu pars en saison
Dans les bras d'un accordéon

 パナム
 今夜は踊りたい、
 人々が足で見ている
 おまえの敷石と踊りたいんだ
 パナム
 アコーデオンに抱かれに
 時宜を得て出かける時など
 提灯の明かりの下でおまえはきれいだよね

Paname
Quand tu t'habill's avec du bleu
Ça fait sortir les amoureux
Qui dis'nt " à Paris tous les deux "
Paname
Quand tu t'habill's avec du gris
Les couturiers n'ont qu'un souci
C'est d' fout' en gris tout's les souris 注3

 パナム
 おまえが青い衣装を着れば
 恋人たちを「二人してパリに」と
 出かけさせる
 パナム
 おまえが灰色の衣装を着れば
 仕立て屋には一つだけ心配がある
 それは娘たちをみんな灰色にしてしまうことさ。

Paname2.jpg


Paname
Quand tu t'ennuies tu fais les quais
Tu fais la Seine et les noyés
Ça fait prend' l'air et ça distrait
Paname
C'est fou c' que tu peux fair' causer 注4
Mais les gens n'sav'nt pas qui tu es
lls viv'nt chez toi mais t' voient jamais

 パナム
 おまえは退屈したら河岸を用意し
 セーヌ河も溺死者も作り出す
 そいつは息抜きになるし、楽しませてくれる
 パナム
 おまえが引き起こせることはすごいよ
 でも人々はおまえが何者なのか知らない
 彼らはおまえの家で暮らしているのに
 おまえがまったく見えないのさ

Paname
L' soleil a mis son pyjama 注5
Toi tu t'allum's et dans tes bras
Y'a m'sieur Haussmann qui t' fait du plat 注6
Paname
Monte avec moi combien veux-tu?
Y'a deux mille ans qu' t' es dans la rue
Des fois que j' te r'fasse un' vertu

 パナム
 お日様がパジャマを着たら
 おまえは明かりを灯し、おまえの腕の中には
 おまえに言い寄るオスマン氏がいる
 パナム
 僕といっしょに上っておいで いくら欲しいの?
 おまえはもう2千年も通りにいる
 時々僕はおまえにまた尽くしてやるよ

Paname5.jpg


Paname
Si tu souriais j'aurais ton charme
Si tu pleurais j'aurais tes larmes
Si on t' frappait j' prendrais les armes
Paname
Tu n'es pas pour moi qu'un frisson
Qu'une idée qu'un' fille à chansons
Et c'est pour ça que j' crie ton nom
Paname, Paname, Paname, Paname...

 パナム、
 もしおまえが微笑んだら僕はおまえの魅力を受けとる
 もしおまえが泣けば僕はおまえの涙を受け止める
 もし誰かがおまえを殴ったら僕は武器を取るだろう
 パナム、
 僕にとっておまえは単なるおののきでも
 単なる思想でも、歌をうたうひとりの娘でもない
 だからこそ僕はおまえの名前を叫ぶのさ
 パナム、パナム、パナム、パナム…

[注]
1 poulet本義は「ひな鶏」だが、「警官、私服刑事」のことも言う。
2ここではPanameと呼ばず、昔の姿をp'tit Parisと読んでいる。ちなみにParisは男性名詞だが、Panameは、この歌詞で見る限り女性扱いされている。
3 souri本義は「ハツカネズミ」だが、「若い娘」のことも言う。
4 causer「話す」の意味もあるが、文脈から「引き起こす」の意味を選んだ。
5 L' soleil a mis son pyjama「お日様がパジャマを着た」とは、日が沈んで夜になったこと。
6 m'sieur Haussmann=Georges Eugène Haussmann「ジョルジュ=ウジェーヌ・オスマン」は19世紀フランスの政治家。1853年から1870年までセーヌ県知事の地位にあり、その在任中に皇帝ナポレオン3世とともにパリ市街の改造計画を推進した。fait du plat「…のご機嫌をとる、(女性に)言い寄る」。




Comment:0
2017
04.16

すべての波Toutes les vagues

Serge Lama Enfadolescence


セルジュ・ラマSerge Lamaの「すべての波Toutes les vagues」(作詞:セルジュ・ラマSerge Lama、作曲:アリス・ドナAlice Dona)は、1979年のアルバム:Enfadolescenceに収録されている曲で、1978年にフランス沖でのタンカー座礁事故でブルターニュの海岸が汚染されたことをテーマにしていることは明らかです。

1978年3月16日、リベリアのタンカーAmoco Cadizは、原油22万トンを輸送中に操舵装置が故障し、曳船による曳航も時化のためできずに漂流し、ブレスト北方沖で座礁して船体が真っ二つに折損し沈没し原油が全て流出しました。 この事故によりブルターニュ半島沿岸が125マイルにわたり汚染され、漁業等に壊滅的な被害を及ぼしました。タンカー事故で広範囲に原油が流出して海洋を汚染した最初の事故は、1967年のイギリス沖でリベリアのタンカーTorrey Canyonの座礁でした。以後、世界のあちこちの海で同様のタンカー事故による原油の流出が幾つも起きています。ウィキペディア「海難事故の一覧」をご覧ください。

YouTubeの動画はありません。→Daily motionの動画をクリックして開いてご覧下さい。

Toutes les vagues すべての波
Serge Lama     セルジュ・ラマ


J'ai le cœur couleur de marbre
Couleur de prison
J'ai les feuilles de mon arbre
En morte saison.
Les vitraux de mon église
Sont à remplacer
Et toutes mes tours de Pise
Viennent de tomber.

 僕の心は大理石の色
 監獄の色
 僕の樹の葉は
 冬枯れの季節にある。
 僕の教会の窓ガラスは
 取り替える時期だ
 そして僕のピサの斜塔は
 すべて今倒れた

{Regrain:}
Toutes les vagues t'emportent
Toutes les vagues t'emportent
Toutes les vagues t'emportent
Une à une
Et la lune a un cœur gros comme ça.

 すべての波が君を浚っていく
 すべての波が君を浚っていく
 すべての波が君を浚っていく
 ひとりまたひとりと
 そして月はこんなにも重い心を持っている。

Toutes les vagues1


Tous les merles se recueillent
Ils ne chantent plus
Et les livres que j'effeuille 注1
Je les ai tous lus,
Dans mes jets d'eau, dans mes vasques
Qui viendra danser
Qui remettra ton masque
Pour te remplacer?

 すべてのツグミはもの思いにふけり
 もう歌いはしない
 ぺージをめくった本を
 すべて僕は読み終えてしまった
 僕の噴水のなかに、僕の水盤のなかに
 誰が踊りに来るのか
 君になり代わって
 誰が君の仮面をかぶるのか?

{Regrain}

Dans les eaux de ma mémoire
Tous les pétroliers
Déversent des marées noires 注2
D'oiseaux foudroyés.
C'est le sang de ma blessure
Qui roussit mes fleurs,
Et j'ai reçu, je le jure,
L'automne en plein cœur. 注3

 僕の記憶の海のなかで
 すべてのタンカーが
 鳥たちを即死させる
 重油を流出している
 それは僕の花々を茶いろく焦がす
 僕の傷口の血だ
 そして僕は受け取り、それを誓う、
 秋のさなかに。

Toutes les vagues2


{Regrain}

Toutes les vagues t'emportent
Une à une et la lune a un coeur gros comme ça.

 すべての波が君を浚っていく
 ひとりまたひとりと、そして月はこんなにも重い心を持っている

[注]
1 effeuillerは「(花びらや葉を)むしる、摘む」の意味だが、feuilleに「葉」以外に「紙片、印刷物」の意味があるので、本のページをめくる意味に用いている。
2 marée「潮汐」。marée noireは「(重油流出による)海洋汚染」と、1985年版の辞書にすでにある。




Comment:2
back-to-top