2017
02.14

グラン・ブルヴァールGrands boulevards

Yves Montand Grands boulevards


イヴ・モンタンYves Montandの「グラン・ブルヴァールGrands boulevards」は、前回の「ルナ・パークLuna parc」より10年以上のちの曲ですが、同様に労働者の生活観を表現しています。1952年。作詞:ジャック・プラントJacques Plante、作曲: ノルベルト・グランツベルク(ノルベール・グランズベール)Norbert Glanzberg。1956年のアルバム:Concert à Moscouに収録されています。

Les Grands Boulevards


グラン・ブルヴァール大通りLes Grands Boulevardsは、パリ右岸の9区・10区を中心に円弧を描く形に連なる一群の広い通りのことで、バスティーユ広場place de la Bastilleから始まり、レピュブリック広場la place de la républiqueとオペラ広場 la place de l'Opéraを通りマドレーヌ広場place de la Madeleineに終わります。いわばパリの大動脈です。
これはシャルル5世 Charles Vとルイ13世Louis XIIIの時代に城壁であった場所で、ルイ14世がLouis XIVが城壁を取り払い堀を埋め、1668年から1705年のあいだにそこに「新しい大通りle Nouveau Cours」を作り、西側には高級ホテルなどが、そして東側には劇場やダンスホールやレストランなどの庶民の娯楽施設が建造されました。城壁の門であったサン・ドニ門la porte Saint Denisとサン・アルタン門la porte Saint Martinは凱旋門として残されました。
グラン・ブルヴァール大通りのほぼ中央にある地下鉄(8号線、9号線)の駅は、もともとは「モンマルトル Montmartre 」という名称で、次に「モンマルトル通り rue Montmartre 」 とされましたが、1998年に 「グランブールヴァールGrands Boulevards」と改められました。



ランベール・ウィルソンLambert Wilsonが2016年に歌っています。



Grands boulevards  グラン・ブルヴァール
Yves Montand    イヴ・モンタン


J'aime flâner sur les grands boulevards
Y a tant de choses, tant de choses
Tant de choses à voir
On n'a qu'à choisir au hasard
On s'fait des ampoules
A zigzaguer parmi la foule
J'aime les baraques et les bazars
Les étalages, les loteries
Et leurs camelots bavards
Qui vous débitent leurs bobards
Ça fait passer l'temps
Et l'on oublie son cafard

  僕はグラン・ブルヴァールをぶらつくのが好きだ
  たくさんの物、たくさんの物が
  見るべきたくさんの物があって
  行き当たりばったりに選ぶだけさ
  人々のあいだを縫って歩いて
  足に豆をこさえる
  僕は屋台や市場、
  露店、福引場が
  そしてあんたがたに嘘八百まくし立てる
  口達者なテキ屋が好きだ
  時間がつぶせて
  憂さ晴らしになるんだ

Grands boulevards1


Je ne suis pas riche à million
Je suis tourneur chez Citroën 
J'peux pas me payer des distractions
Tous les jours de la semaine
Aussi moi, j'ai mes petites manies
Qui me font plaisir et ne coûtent rien
Ainsi, dès le travail fini
Je file entre la porte Saint-Denis
Et le boulevard des Italiens

  僕は大富豪じゃない
  シトロエン社の旋盤工さ
  だから週日ずっと
  娯楽に興じるなんてできやしない
  でも僕にだって、ちょっとした楽しみがある
  楽しませてくれるけど、一銭もかからない
  ってわけで、仕事が済みゃ
  僕はすっ飛んで行く、サン・ドニ門と
  イタリアン通りのあいだに

J'aime flâner sur les grands boulevards
Y a tant de choses, tant de choses
Tant de choses à voir
On y voit des grands jours d'espoir
Des jours de colère
Qui font sortir le populaire
Là vibre le cœur de Paris
Toujours ardent, parfois frondeur
Avec ses chants, ses cris
Et de jolis moments d'histoire
Sont écrits partout le long
De nos grands boulevards

  僕はグラン・ブルヴァールをぶらつくのが好きだ
  たくさんの物、たくさんの物が
  見るべきたくさんの物がある
  そこには大いなる希望の日々があり
  民衆を駆り出す
  怒りの日々もある
  そこではパリの心臓が脈打つ
  つねに熱く、時には抗議的に
  歌で、叫び声で
  そしてすばらしい歴史の瞬間が
  僕たちのグラン・ブルヴァールの
  いたることろに刻まれたんだ

Grands boulevards2


J'aime flâner sur les grands boulevards
Les soirs d'été quand tout le monde
Aime bien se coucher tard
On a des chances d'apercevoir
Deux yeux angéliques
Que l'on suit jusqu'à République
Puis je retrouve mon petit hôtel
Ma chambre où la fenêtre donne
Sur un coin de ciel
D'où me parviennent comme un appel
Toutes les rumeurs, toutes les lueurs
Du monde enchanteur
Des grands boulevards

  僕はグラン・ブルヴァールをぶらつくのが好きだ
  みんなが夜更かしする
  夏の夕べには
  天使のような二つぶのまなこを
  見つけることもある
  レピュブリックまで彼女の後について行き
  それからちっぽけな僕の宿に戻る
  僕の部屋は窓が
  空の隅っこに面していて
  そこから誘いのように僕に届いてくる
  グラン・ブルヴァールの
  うっとりするような世界の
  あらゆるつぶやきやあらゆる光が

Grands boulevards3


[注] Citroën 「シトロエン社」フランスの大手自動車メーカー。創業期の工場はパリ左岸の15区ジャベルJavel地区にあった。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top