2017
01.25

愛の小舟L'amour c'est comme les bateaux

Lamour cest comme les bateaux


シルヴィ・ヴァルタンSylvie Vartanの「恋はジタンの香りL'amour c'est comme une cigarette」は先に取り上げましたが、今回はそれと似た原題の曲「愛の小舟L'amour c'est comme les bateaux」です。1976年。作詞:ジル・チボーGilles Thibault、作曲:アンドレ・ポップAndré Popp。



L'amour c'est comme les bateaux  愛の小舟
Sylvie Vartan               シルヴィ・ヴァルタン


L'amour c'est comme les bateaux
Vu d'un peu loin c'est toujours beau
Ça prend des airs calmes et tranquilles 注1
Pour vous faire croire qu'il y a des îles
Et que la mer est toujours d'huile 注2
Les bateaux c'est comme les sirènes
Ça ment mais on y croit quand même
Et l'amour c'est comme les bateaux

  恋は船のよう
  ちょっと遠くに見えるといつも美しい
  静かで落ち着いた様子をして
  島があるみたいにあなた方に思わせる
  海がずっとおだやかなとき
  船は人魚のよう
  それはあざむくけれどひとは信じる
  だから恋は船のよう

Lamour cest comme les bateaux4


Pour quelques larmes, pour quelques lames
Pour un orage de trop
Oui ça chavire et ça rend l'âme 注3
L'amour comme les bateaux

  いくらかの涙といくらかの波で
  1回のひどい雷雨で
  そうそれは転覆する、そうそれは死ぬの
  恋は船のよう

L'amour c'est comme les bateaux
On s'embarque toujours trop tôt
À peine a-t-on quitté le bord
Que ça va de tri en bâbord 注4
Mêmes les rats quittent le bord
Ça ne résiste pas longtemps
Aux coups de chien au mauvais temps 注5
L'amour c'est comme les bateaux

  恋は船のよう
  ひとは常にせっかちに乗り込んで
  船縁を離れるや否や
  右舷から左舷まで行ってしまう
  ネズミたちも船縁を離れ
  突然の嵐や悪天候に
  長く持ちこたえられない
  恋は船のよう

Pour quelques larmes et quelques lames
Pour un orage de trop
Oui ça chavire oui ça rend l'âme
L'amour comme les bateaux ...

  いくらかの涙といくらかの波で
  ひどい雷雨で
  そうそれは転覆する、そうそれは死ぬの
  恋は船のよう…

Lamour cest comme les bateaux3


Et que la mer est toujours d'huile
Les bateaux c'est comme les sirènes
Ça ment mais on y croit quand même
L'amour c'est comme les bateaux

  海がずっとおだやかなとき
  船は人魚のよう
  それはあざむくけれどひとは信じる
  恋は船のよう

[注]
1air「空気」「曲」の意味もあるが、ここでは「様子」。
2 mer d'huile「(油を流したように)穏やかな海」
3 rendre l'âme「息を引き取る、死ぬ」
4 de ...en ...「…から…まで」。tri=tribordは船の右舷でbâbordは左舷。航海大国オランダ由来の言葉。
5 coup de chien「騒動」あるいは「突然の嵐」。ここでは後者。


Lamour cest comme les bateaux3




コメント
80年代のシルヴィ・ヴァルタンのバラード曲は、いい曲が揃っていて好きです。この切っ掛けを作ってくれたのがこの曲です。題名を見れば、大体の内容が創造できる曲ですね。ただ、船を人に例える処は、フランスというかヨーロッパらしいと思いました。大人の歌詞でひねりがありますね。
今、気にいっているのは、ノルウェン・ルロワが歌っているジョニー・アリディの「デイエゴ」です。ルロワは若手のなかでも、実力派の歌手ですね。私が今一番注目している歌手です。もしよかったら、訳していただけないでしょうか
 
kutinashidot 2017.07.22 20:23 | 編集
いつになるか分かりませんが、やってみましょう。お時間をください。
朝倉ノニーdot 2017.07.23 15:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top