2014
11.07

レイのための小さなアヴェ・マリア(街角のアヴェ・マリア)Petit avé pour Ray

Alain Barrière Petit avé pour Ray


今回は、「街角のアヴェ・マリア」という邦題で日本語でよく歌われている、アラン・バリエールAlain BarrièreのPetit avé pour Ray。歌詞は英語まじりのフランス語で、日本語の歌詞とまったく違う内容ですし、原題に即し邦題を「レイのための小さなアヴェ・マリア」としたいと思います。この曲は、1968年のアルバム「首を吊った男Un homme s'est pendu」に収められています。アラン・バリエールは、代表曲「彼女はとても美しかった(風が連れ去った恋)Elle etait si jolie」を先に取り上げています。

原曲の動画も音源もまったく見つからなかったので、カナダからLPを取り寄せました。やっと入手した原曲を、日本語でこの曲を歌われる方、聴かれる方にぜひ知っていただきたくて、映像に凝らずジャケット写真だけを用いて急ぎ動画を作りYouTubeにアップしました。



この曲は、アメリカの盲目の黒人歌手レイ・チャールズ・ロビンソンRay Charles Robinson(1930-2004)に捧げられたものだと思われます。彼は、黒人である自らのルーツを遡るように、R&Bやジャズ、ゴスペル、黒人霊歌などのブラックミュージックを取り上げていくなかで、自分の魂を歌う「ソウルミュージック」をあらたに生み出し、「ソウルの神様」と呼ばれています。2004年に、伝記映画「レイRay」が公開されました。

レイ・チャールズ「我が心のジョージアGeorgia on my mind」(ジョージア州歌)



Petit avé pour Ray  レイのための小さなアヴェ・マリア(街角のアヴェ・マリア)
Alain Barrière     アラン・バリエール


Toi qui trimballes
Tout ce poids
De solitude

  この孤独の重荷を
  まるごと
  持ち歩いている君

Ray Charles1


All mess’d up inside
Because of you

  君のせいで
  気持ちが完全に落ち込んでしまった

Toi qui promène
Aux quatre vents 注1
Ta négritude 注2

  持ち前の
  黒人らしさを
  どこにでも
  たずさえて行く君

Just a little prayer
Only for you

  君のためだけの
  ほんのささやかな祈りだ

Ray Charles2


Toi dont les échos
De la voix
Crient la détresse

  その声の
  響きで
  苦悩を訴える君

Avé Maria

  アヴェ・マリア

Tous les malheurs
Du monde en toi
Tu les caresses

  君のうちにある
  この世の不幸のすべて
  君はそれを慈しむ

Avé Maria

  アヴェ・マリア

[注]
1 aux quatre vents「どの方向にも、四方八方に」
2 négritude「黒人性」黒人としての自覚、黒人文化の特質などを示す。


Alain Barrière


この曲が収録されたアルバムのタイトルの曲「首を吊った男Un homme s'est pendu」も、ついでにご紹介します。黒人差別を題材にしたビリー・ホリデイの「奇妙な果実Strange fruit」を思い出させますが、リンチされたのではなく自分で首を吊った男の話です。



Un homme s'est pendu            首を吊った男
Alain Barrière                 アラン・バリエール

Un homme s'est pendu à la branche
Les oiseaux ont chanté au-dessus
Chanté les amours qui commencent
Chanté pour la vie qui continue

  ひとりの男が木の枝で首を吊った
  鳥達が上空で歌った
  始まった恋を歌った
  続いていく生を歌った

Un homme sest pendu1


Oh oh oh oh oh.....

  オ オ オ オ オ…

Sommes-nous vraiment rien oh ma mie
Ma mère sommes-nous si petits
N'est-ce donc vraiment rien une vie
Une vie n'est-ce donc qu'un refrain

  俺たちは本当にクズなのか おおいとしい人よ
  母さん 俺たちはこんなにちっぽけなのか
  いったい人生は本当に無価値なのか
  いったい人生は繰り返しに過ぎないのか

Oh oh oh oh oh....

  オ オ オ オ オ…

Est-ce ainsi qu'ici-bas tout s'oublie
Pour cela que l'on traîne son chemin
Qu'on se bat qu'on supporte sa vie
Est-ce ainsi qu'un matin cela fini

  ここじゃこんな風にしてすべてが忘れられてしまうのか
  そのために自らの道のりを辿り
  そのために戦い そのために生命を保ってきたすべてが
  こんな風にしてある朝それが終ってしまうのか

Oh oh oh oh oh.....

  オ オ オ オ オ…

Un homme s'est pendu à la branche
Les oiseaux ont chanté au-dessus
Chanté les amours qui commencent
Chanté pour la vie qui continue

  ひとりの男が木の枝で首を吊った
  鳥達が上空で歌った
  始まった恋を歌った
  続いていく生を歌った

Oh oh oh oh oh

  オ オ オ オ オ…



コメント
朝倉様、はじめまして。いつも拝見しています。petit ave pour rayをとりあげてくださり、本当にありがとうございます。長い長い間、街角のアベマリアは、なぜこの歌詞なのか、本当の歌詞を知りたいと、思い続けていました。原曲とまったく異なる歌詞を、知らないで歌うことに抵抗を感じるようになったのです。歌詞の書付はあり、映画のシーンを思い出して、レイへの、憐れみと愛情を歌っているのだろうと、想像していました。つい先日、歌物語で、アラン 自身の歌と朝倉様の思いと歌詞と訳詞を見たときの私の驚きと喜びを、お知らせしたくて、なによりも、お礼を申し上げたくて、コメントをさせていただきました。
本当にありがとうございます。   首つり男、ありがとうございます。この歌は好きな曲の一つです。
朝倉様、どうぞますますのご活躍をお願いいたします。
よぶすま草dot 2014.11.18 21:46 | 編集
よぶすま草様
コメントありがとうございました。私自身、元の歌をどうしても知りたいと思い、がんばってみました。喜んでいただきとても励みになります。
これからも応援いただけるとうれしいです。よろしくお願いいたします。ノニー
朝倉ノニーdot 2014.11.20 20:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top