2016
12.28

声のない恋Mon émouvant amour

Charles Aznavour Mon émouvant amour


シャルル・アズナヴールCharles Aznavourの「声のない恋Mon émouvant amour」は、アルバムLive Olympia 80、そして1981年のアルバム「自叙伝Autobiographie」に収録されています。原題を直訳すると「僕の感動的な恋」ですが、言葉を話せない恋人との恋を歌った曲ということで「声のない恋」という邦題がつけられています。途中から加わるダニエル・リカーリDanielle Licariの美しい歌声が、アズナヴールらしい情念をたたえた曲調を一層盛り上げています。

QNhTlTWne0A

Mon émouvant amour  声のない恋
Charles Aznavour    シャルル・アズナヴール


Tu vis dans un silence éternel et muet,
Où je traduis tes regards et lis dans tes sourires,
Interprétant les mots que tes mains veulent dire
Dans ton langage étrange qui semble être un ballet...

  君は永遠につづく音のない静寂な世界に生きている、
  そこで僕は君の視線を解き微笑を読む、
  まるで舞踊であるかのごとき不思議な言語で
  君の手が語ろうとすることばを読み解きながら

Un émouvant ballet que tu règles pour moi
De gestes fascinants qui ne sont jamais les mêmes
Et quand du bout des doigts tu murmures je t'aime,
J'ai l'impression parfois comme entendre ta voix...

  それはつねに変化する魅惑的なしぐさを
  僕に向けて制していく感動的な舞踊だ
  君が指先で「愛しているわ」とつぶやくとき、
  僕はしばしば本当に君の声が聞こえる気がする

Mon amour, mon amour, mon amour, mon amour 注1
Mon amour, mon émouvant amour, mon merveilleux amour, mon déchirant amour

  モナムール、モナムール、モナムール、モナムール
  モナムール、素晴らしい恋、最高の恋、悲痛な恋

Mon émouvant amour1


Comme pour te parler, je manquais de moyens me trouvant près de toi,
Comme en terre étrangère, ne pouvant me servir d'aucun vocabulaire,
A mon tour j'ai appris le language des mains, 注2
Tu ris un peu de moi quand tu vois mes efforts
Car je suis maladroit, et fait souvent des gaffes,
Je n'ai jamais été très fort en orthographe, 注3
Mais j'ai tant à te dire
et je t'aime si fort...

  君に話しかけようにも、君のそばにいながらも手立てが見つからない、
  異国の地にいるようで、どんな語彙も用いえず、
  僕の方も手で語ることを学んだ、
  僕の努力を目にして君はちょっと僕を笑った
  僕が不器用で、よくへまをするから、
  僕は決して綴りに強いほうじゃなかったが、
  君に言いたいことがたくさんあるし
  とても君を愛している…

Mon amour, mon amour, mon amour, mon amour,
Mon amour, mon émouvant amour, mon merveilleux amour, mon déchirant amour
Mon amour, mon émouvant amour, mon merveilleux amour, mon déchirant amour

  モナムール、モナムール、モナムール、モナムール
  モナムール、素晴らしい恋、最高の恋、悲痛な恋
  モナムール、素晴らしい恋、最高の恋、悲痛な恋

Mon émouvant amour2


[注]
1 mon amourは「恋人」への呼びかけ、形容詞がつくものは「恋」として訳し分けた。ここでは女性の言葉。最後は男性の言葉となっている。
2 language des mainsは、「手話language des signes」に限定せず、広い意味で「手の表現で語ること」と捉えたい。
3 orthographe「綴り、スペル」の意味だが、ここでは手話の技法をそれに譬えているようだ。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top