2014
10.31

夢見るシャンソン人形Poupée de cire,poupée de son

France Gall Poupée de cire poupée de son


今回は、ご存じ、「夢見るシャンソン人形Poupée de cire,poupée de son」です。セルジュ・ゲンスブールSerge Gainsbourgが作詞・作曲し、1965年にフランス・ギャルFrance Gallが創唱。同年、ルクセンブルクにて第10回ユーロビジョン・ソング・コンテストでグランプリを獲得。日本語でも、多くの歌手にカヴァーされています。 ウィキペディアに詳しく解説されていますので参照ください。
その記事に書かれているとおり、原題のPoupée de cire,poupée de sonは、直訳すると「蝋人形、詰め物をした人形」ということですが、「夢見るシャンソン人形」という、よく知られた邦題を用いることにしましょう。
この曲のメロディーはベートーヴェンLudwig van Beethovenのピアノソナタ第1番Sonate pour piano nº 1 を元にしているそうです。



Poupée de cire,poupée de son     夢見るシャンソン人形
France Gall                 フランス・ギャル


Je suis une poupée de cire
Une poupée de son 注1
Mon cœur est gravé dans mes chansons
Poupée de cire poupée de son

  私はロウ人形
  音を出すおがくず人形
  わたしの歌に 私の心が刻まれている
  ロウ人形 音を出すおがくず人形

Suis-je meilleure suis-je pire
Qu'une poupée de salon 注2
Je vois la vie en rose bonbon
Poupée de cire poupée de son

  サロンの高級人形よりも
  私はいいのかしら 悪いのかしら
  人生はバラ色のボンボンに思えるわ
  ロウ人形 音を出すおがくず人形

Mes disques sont un miroir 注3
Dans lequel chacun peut me voir
Je suis partout à la fois
Brisée en mille éclats de voix 注4

  私のレコードは鏡
  みんなはそこに私の姿を見ることができる
  声がたくさんのかけらに分かれて
  一度にいろいろなところに行けるわ

poupée de son1


Autour de moi j'entends rire
Les poupées de chiffon 注5
Celles qui dansent sur mes chansons
Poupée de cire poupée de son

  私の周りで笑い声がする
  ぬいぐるみ人形たちの声
  私の歌で踊っているのね
  ロウ人形 音を出すおがくず人形

Elles se laissent séduire
Pour un oui pour un nom 注6
L'amour n'est pas que dans les chansons
Poupée de cire poupée de son

  あの娘たちは誘惑に身を任せてしまう
  ホイホイと乗ってうわべだけのために
  恋は歌の中にだけあるわけじゃないのに
  ロウ人形 音を出すおがくず人形

Mes disques sont un miroir
Dans lequel chacun peut me voir
Je suis partout à la fois
Brisée en mille éclats de voix

  私のレコードは鏡
  みんな私の姿を見ることができる
  声がたくさんのかけらに分かれて
  一度にいろんなところに行けるわ

Poupée de cire5


Seule parfois je soupire
Je me dis à quoi bon
Chanter ainsi l'amour sans raison
Sans rien connaître des garçons

  ときにはひとり ため息ついて
  男の子を知りもしないくせに
  こんな風にわけもなく恋の歌を歌って
  なんになるの と思ってしまう

Je n'suis qu'une poupée de cire
Qu'une poupée de son
Sous le soleil de mes cheveux blonds
Poupée de cire poupée de son
  
  私はロウ人形にすぎず
  音を出すおがくず人形にすぎない
  私のブロンドの髪のような色の太陽のもとで
  ロウ人形 音を出すおがくず人形

Mais un jour je vivrai mes chansons
Poupée de cire poupée de son
Sans craindre la chaleur des garçons
Poupée de cire poupée de son.

  でもいつか 私の歌みたいに生きるわ
  私はロウ人形 音を出すおがくず人形
  男のコの情熱を怖がらずに
  ロウ人形 音を出すおがくず人形

Poupée de cire3


[注]
1 poupée de cire「蝋人形」は、アイドル歌手がただの飾り物で命を持っていないというニュアンスを表現。poupée de sonは「おがくずを詰めた人形」。sonは「(詰め物用の)おがくず」と「音」との二つの意味を重ねている。ここでは「音」のほうがより重要。
2 salonは「客間」「美術展」そして、「個人の邸宅で貴族や芸術家などが集まる場」といった意味で、高級なイメージをもつ語。日本語でも「サロン」で通用する。
3 今の人間としてはCDを思い浮かべてしまうが、LPの時代であり、盤面が鏡のようだというわけではなく、歌手の姿をそのなかに映し出しているという意味。
4 多量のディスクが作られて、あちこちに声が届く。
5 chiffonは「ぼろ切れ」の意味。「薄くて柔らかい生地」を意味する日本語の「シフォン」とは異なる。したがって、les poupées de chiffonは「ぼろきれで作られた人形」だが、「ぬいぐるみ人形」のほうが分かりやすいだろう。ミーハー的なファンの女の子たちのこと。
6 恋を歌う歌詞の内容に引きずられて誘惑に乗る。un oui「いいわ」と軽はずみに受け入れることと、(un non「いいえ」と拒否することではなく)un nom「名目、うわべ」のためにそうしてしまう。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top