2016
11.28

赤と黒Le rouge et le noir

Claude Nougaro Le rouge et le noir


今回はクロード・ヌガロClaude Nougaroの「赤と黒Le rouge et le noir」。1962 年のアルバムLe Cinémaに収録されています。このアルバムのほとんどの曲と同様、作詞はヌガロで、作曲はミッシェル・ルグランMichel Legrand。セルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourgもどきの言葉の置き方がとてもユニークで、たいへんジャズっぽい曲想の曲です。

クロード・ヌガロ



バルバラBarbara といっしょに歌っています。



Le rouge et le noir  赤と黒
Claude Nougaro   クロード・ヌガロ


L´enseigne au néon
A rentrée du
Bouge
Eclaire la chambre
Noire

D´une lueur
Rouge
Quand descend le
Soir

Et dans cette chambre
Rouge
Y a un grand type
Noir

Avec une fille
Rouge
En robe de soie
Noire


  日暮れになると
  安酒場の入り口のネオンサインが
  赤い光で暗い部屋を照らす
  そしてこの赤い部屋には
  黒人の背の高い男が
  黒いドレスを着た
  赤毛の娘といっしょにいた

Le rouge et le noir1


L´enseigne au néon
A rentrée du
Bouge
Eclaire la chambre
Noire

D´une lueur
Rouge
Couleur d´abat-
-toir

Et dans cette chambre
Rouge
Y a un grand type
Noir
Qui boit du gin
Rouge
Comme un enton-
-noir

Tandis qu´la fille
Rouge
Se remet du rouge
Noir

  日暮れになると
  安酒場の入り口の
  ネオンサインが
  赤い光で暗い部屋を照らす
  それは屠殺場の色だ
  そしてこの赤い部屋には
  黒人の背の高い男がいた
  そいつは赤いジンを呑む
  まるで漏斗のように
  そのあいだに赤毛の娘は
  口紅を黒く引きなおす

Le rouge et le noir3


L´enseigne au néon
A rentrée du
Bouge
Eclaire le type
Noir

Qui s´met à rire
Rouge
Et s´ressert à
Boire

Tandis qu´la fille
Bouge
Ses hanches de soie
Noire
Au rythme d´un
Blues
Qui sort du bouge
Noir


  安酒場の入り口のネオンサインが
  黒人の男を照らす
  そいつは真っ赤になって
  笑い始める
  そして飲むために
  自分で酒を注ぐ
  娘が
  暗い安酒場から流れる
  ブルースのリズムで
  黒い絹を纏った腰を
  揺するあいだ

Le rouge et le noir2


L´enseigne au néon
A rentrée du
Bouge
Bat comme un cœur
Noir
Le type se fait tendre
Rouge

La fille dit "Non"
Noir
- Qu´est-ce qui te prend?  
Rouge
Lui demande le  
Noir
Qui voit soudain
Rouge
C´est parce que je suis
Noir?
- Non, dit la fille  
Rouge  
Noir  


  安酒場の入り口のネオンサインが
  黒い心臓のように脈打つ
  男は優しくなり紅潮する
  娘は「いや」と言う
  黒は
  -何がおまえを捉えているんだ?
  赤の彼女に尋ねる
  黒そいつは突然赤を見る
  それは俺が黒人だから?
  -いいえ、と赤毛の娘は言う
  それはあんたが暗いから

[注] デュオでバルバラが歌っている部分を赤い文字で表記した。ネオンサインの点滅のなかでの赤と黒の交錯が言葉遊びで表現されており、正確には訳しようがなく、かなり自己流の解釈を加えたことを了解されたい。

Le rouge et le noir4



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top