2014
10.28

ぬかるみLa gadoue

Petula Clark La gadoue


今回は、1966年にセルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourgが作り、まずペチュラ・クラークPetula Clarkが歌い、その後ジェーン・バーキンJane Birkinが歌った「ぬかるみLa gadoue」を取り上げましょう。

ゲンズブールの歌詞にはなにか裏の意味が隠されていることが多いのですが、この曲の「ぬかるみ」も、恋人同士の関係のありようを象徴しているのかもしれません。

ペチュラ・クラーク



ジェーン・バーキン



La gadoue                ぬかるみ
Petula Clark               ペチュラ・クラーク


Du mois de septembre au mois d'août
Faudrait des bottes de caoutchouc
Pour patauger dans la gadoue la gadoue la gadoue la gadoue
Ou la gadoue la gadoue 注1

  9月と8月は
  ゴム長靴が要るわ
  ぬかるみを歩くには、
  ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー
  ウー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー

La gadoue2


Une à une les gouttes d'eau
Me dégoulinent dans le dos
Nous pataugeons dans la gadoue la gadoue la gadoue la gadoue
Ou la gadoue la gadoue

  雨粒が一滴一滴
  私の背中にしたたり落ちる
  私たちはぬかるみを歩く
  ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー
  ウー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー

Vivons un peu sous le ciel gris-bleu
D'amour et d'eau de pluie 注2
Et puis mettons en marche les essuie-glaces
Et rentrons à Paris

  灰青色の空のもとでちょっとのあいだ
  恋と雨水だけで暮らしましょう
  それから車のワイパーをかけて
  パリに戻りましょう

Ça nous changera pas d'ici
Nous garderons nos parapluies
Et nous retrouverons la gadoue la gadoue la gadoue la gadoue
Ou la gadoue la gadoue

  でも私たちはここにいる時と変わらないでしょう
  傘はまだ持っているだろうし
  そしてぬかるみをまた見ることになるわ、
  ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー
  ウー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー

La gadoue1


Il fait un temps abominables
Heureusement tu as ton imperméable
Et ça n'empêche pas la gadoue la gadoue la gadoue la gadoue
Ou la gadoue la gadoue

  ひどいお天気ね
  さいわいにもあなたはレインコートを持っている
  でもぬかるみには役に立たない

Il fallait venir jusqu'ici
Pour jouer les amoureux transis
Et patauger dans la gadoue la gadoue la gadoue la gadoue
Ou la gadoue la gadoue

  ここまで来なきゃならなかったのよ
  臆病な恋人たちを演じるには
  そしてぬかるみを歩かなきゃならなかった、
  ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー
  ウー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー

La gadoue3


Vivons un peu sous le ciel gris-bleu
D'amour et d'eau de pluie
Et puis mettons en marche les essuie-glaces
Et rentrons à Paris

  灰青色の空のもとでちょっとのあいだ
  恋と雨水だけで暮らしましょう
  それから車のワイパーをかけて
  パリに戻りましょう

L'année prochaine nous irons
Dans un pays où il fait bon
Et nous oublierons la gadoue la gadoue la gadoue la gadoue
Ou la gadoue la gadoue
Ou la gadoue la gadoue la gadoue la gadoue
Ou la gadoue la gadoue


  私たち来年は行くわ
  いい気候の国に
  そしてぬかるみを忘れるわ、
  ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー
  ウー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー
  ウー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥーラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー
  ウー、ラ・ガドゥー、ラ・ガドゥー
  …

[注]
1 pataugerは「(ぬかるみなどを)難儀して歩く」。la gadoue「ぬかるみ」の語の繰り返しは、日本語の「エッチラオッチラ」のように、その様子をオノマトペ風に表現しているようである。歌詞サイトに掲載されている歌詞には表記されていなかったが、歌われているとおりに加え、間に入っている「ウー」の音はouと表記した。訳語にも原語の読みで表記した。
2 vivre d’amour et d’eau claire(ou fraîche)「恋と水だけで生きている」すなわち、寝食も忘れるほど恋に夢中になっているという意味の成句をもとにした表現。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top