2016
10.25

君の帰りをねがう祈りLitanies pour un retour

Jacques Brel Litanies pour un retour


今回は、ジャック・ブレルJacques BrelのLitanies pour un retourです。フランソワ・ローベFrançois Rauberとともに作った曲で、1958年のアルバム:Au printempsに収録されています。litanieとは、もともと、「連祷」すなわち、司祭が先唱し、信者が答える祈りの言葉を意味しますが、不平や要求などをくどくどと述べ立てるという意味でも用いられます。ですから、このタイトルは、「(恋人の)帰還を求める繰り言」といった意味です。既存の邦題が無いようなので、「君の帰りをねがう祈り」としました。

動詞を74個も連ねた曲として、シルヴィー・ヴァルタンSylvie Vartanの「愛するAimer」がありましたが、今回の曲では、48個もの名詞にmon、maを付け、「わが…、わが…」と恋人を呼びます。歌詞の内容はそれだけ。でも、ちょっと不思議なメロディーで、歌ってみたくなります。男の立場でも女の立場でも同様に歌える歌です。歌詞を覚えるのはきっとたいへんでしょうけど。

ブレル



バルバラBarbaraが歌うとこんな風です。1961年のアルバム:Barbara chante Jacques Brelに収録されています。




Litanies pour un retour  君の帰りをねがう祈り
Jacques Brel        ジャック・ブレル


Mon cœur ma mie mon âme 注1
Mon ciel mon feu ma flamme
Mon puits ma source mon val
Mon miel mon baume mon Graal 注2

  わが心わが恋人わが魂
  わが空わが火わが炎
  わが井戸わが泉わが谷
  わが蜜わが芳香わが聖杯

Litanies pour un retour 1


Mon blé mon or ma terre
Mon soc mon roc ma pierre
Ma nuit ma soif ma faim
Mon jour mon aube mon pain

  わが麦わが黄金わが土
  わが犂わが岩わが石
  わが夜わが渇きわが飢え
  わが昼わが夜明けわが糧

Ma voile ma vague mon guide ma voix
Mon sang ma force ma fièvre mon moi
Mon chant mon rire mon vin ma joie
Mon aube mon cri ma vie ma foi 注3

  わが帆わが波わが案内人わが声
  わが血わが力わが熱わが意
  わが声わが笑いわが酒わが喜び
  わが暁の歌わが叫びわが命わが信

Litanies pour un retour3


Mon cœur ma mie mon âme
Mon ciel mon feu ma flamme
Mon corps ma chair mon bien
Voilà que tu reviens 注4

  わが心わが恋人わが魂
  わが空わが火わが炎
  わが身体わが肉わが幸福
  ああ あなたが帰ってきた

[注]
1 mon cœur, ma mie, mon âmeはすべて、「愛しい人」という意味合いで恋人への呼びかけに用いられる言葉だが、後続の言葉同様にもとの意味で訳した。
2 baume「芳香性樹脂、バルサム」。カトリックでは「(オリーブ油に混ぜて聖油にする)香料」
3 aubeは2度出てくるので、意味を変えて訳した。
4 この1行は、恋人が帰ってきたことを示している。litanieが祈り願うことを示す語であれば、この歌による願いの結果だと考えられる。タイトルを無視すれば、歌詞全体を、帰って来た恋人に対しての言葉がけととらえることもできよう。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top