2016
10.15

愛のかたちNon je ne suis plus la meme

Sylvie Vartan Non je ne suis plus la meme


今回は、シルヴィー・ヴァルタンSylvie Vartanが1973年に歌った「愛のかたちNon je ne suis plus la meme」です。作詞・作曲は、ジャン・ルナールJean Renard。
原題は、「いいえ、私はもう同じじゃない」といった意味で、あなたは私のことを子どもあつかいしているけれど、母親となった私はもうそんな存在ではなくて、もっと成熟した愛を持って生きていることを理解して欲しい、そして、あなたも私の生き様に付き合って息子の成長を支えて欲しい、といった内容。シルヴィーは65年にジョニー・アリディーJohnny Hallydayと結婚して、66年に息子ダヴィド・アリディDavid Hallydayを産んでいます。この歌詞は、彼女自身の経験を表しているのでしょうか。



Non je ne suis plus la meme  愛のかたち
Sylvie Vartan           シルヴィー・ヴァルタン


J'ai dans le cœur depuis toujours
Une vraie chanson d'amour
Que je n'ai jamais chantée
Et j'attends que tu te souviennes
Que ma vie était de même
Que tu n'as pas explorée
Je n'étais qu'une enfant que tu berçais
Qu'une enfant qui t'écoutait
Qu'une enfant qui t'aimait

  私はずっと心のなかに持っている
  けっして歌ったことのない
  本当の愛の歌を
  そして私はあなたが覚えておいてくれるのを待つ
  私の生き方が、
  あなたが思いおよばないようなものだということを
  私は、あなたがあやす子どもに
  あなたの言うことを聞く子どもに
  あなたを愛する子どもにすぎなかった

Non je ne suis plus la meme1


Non je ne suis plus la même
Pourtant tu vois, je suis restée comme ça
Non je ne suis plus la même
Oui mais pour toi, moi je suis toujours là
Non je ne suis plus la même
Le temps qui passe nous fait parfois douter
Et je peux te dire que je t'aime
Quoique tu fasses n'y peut rien changer

  いいえ、私はもう同じじゃない
  けれどほら、私はずっとこうだったのよ
  いいえ、私はもう同じじゃない
  ええ、だけどあなたのために、私はいつもここにいるわ
  いいえ、私はもう同じじゃない
  過ぎゆく時は私たちに時おり疑いを抱かせるけど
  私はあなたを愛していると言える
  あなたが何をしようと何も変わり得ないわ

Prends le temps de vivre ma vie 
Depuis le creux de mon lit
Jusqu'aux larmes qu'on oublie
Viens supprimons les artifices
Viens regarder dormir ton fils
Viens te charger de sa vie
Et demain, si nous vieillissons ensemble
Tu seras fier qu'il te ressemble
Et c'est pourquoi, je te crie

  私の生活に付き合って
  私のベッドの窪みから
  私たちが忘れている涙まで
  さぁ、うわべを取り繕うのはやめましょう
  ほら、あなたの息子が眠るのを見てちょうだい
  ほら、彼の生命を支えてちょうだい
  そしてこの先、もし私たちがともに老いたら
  彼があなたに似ていることをあなたは自慢に思うわ
  だからそのために、私はあなたに訴えるのよ

Non je ne suis plus la meme2


Non je ne suis plus la même
Pourtant tu vois, je suis restée comme ça
Non je ne suis plus la même
Oui mais pour toi, moi je suis toujours là
Non je ne suis plus la même
Le temps qui passe nous fait parfois douter
Et je peux te dire que je t'aime
Quoique tu fasses n'y peut rien changer

  いいえ、私はもう同じじゃない
  けれどほら、私はずっとこうだったのよ
  いいえ、私はもう同じじゃない
  ええ、だけどあなたのために、私はいつもここにいるわ
  いいえ、私はもう同じじゃない
  過ぎゆく時は私たちに時おり疑いを抱かせるけど
  私はあなたを愛していると言える
  あなたが何をしようと何も変わり得ないわ

[注] prendre le temps de+inf.「(なすべきことを中断して)…をする」


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top