2016
10.13

メランコリーMélancolie

Sylvie Vartan Toutes Peines Confondues


「メランコリーMélancolie」という題名の曲を、すでに二つ取り上げました。まずは、ジャクリーヌ・フランソワJacqueline François、この曲は動画も作りました。そして、前回のイヴ・デュテイユYves Duteil、こちらは、ヴェロニク・サンソンVéronique Sansonとデュオで歌っている曲でした。そして今回は、シルヴィー・ヴァルタンSylvie Vartanです。作詞:ディディエ・バルブリヴィアンDidier Barbelivien、作曲:ミカエル・オハイヨンMichaël Ohayon。2009年のアルバムToutes Peines Confonduesに収録されています。

これも動画を作りました。



Mélancolie    メランコリー
Sylvie Vartan  シルヴィー・ヴァルタン


Mélancolie tu me vas bien
Comme un collier, comme un parfum
De rose et de miel
Enrobé de bleuet

  メランコリーよ お前は私に似合う
  首飾りのように、バラや
  ブルーベリーのかかった蜜の
  香りのように

Mélancolie des violoncelles
Je suis de ceux, je suis de celles
Pour qui tu joues toujours en secret

  チェロのメランコリーよ
  私は、お前がいつも内緒で演奏する相手の
  人間たち、女たちのうちの一人

Mélancolie Syl1


Quand tu me prends contre toi
Tu me serres entre tes bras
Dans une valse qui a disparu
Et moi je te suis pas à pas 
Berce moi, comme l'enfant que je ne suis plus
La jeune fille perdue

  私をそばに引き寄せるとき
  お前は私を両腕のなかに抱きしめる
  もうすたれてしまったワルツを踊りながら
  そして私は一歩一歩お前について行く
  私を優しく抱いて、子どもみたいに 私はもう子どもじゃなくて
  迷っている若い娘だけど

Mélancolie dans la maison
C'est ton jardin, c'est ta saison
Dans mon châle de laine je t'attends chaque soir

  メランコリーよ 家のなかは
  お前の庭、お前の季節
  ウールのショールにくるまって私は毎夜お前を待つ

Mélancolie Syl2


Mélancolie, au vent d'automne
On se connaît, on se pardonne
Tous nos regrets devant les miroirs

  メランコリーよ、秋風に吹かれて
  私たちは知り合い、容認し合う
  鏡の前で 私たちのすべての後悔を

Quand tu me prends contre toi
Tu me serres entre tes bras
Dans une valse qui a disparu
Et moi je te suis pas à pas
Berce moi, comme l'enfant que je ne suis plus
La jeune fille perdue (×2)

  私をそばに引き寄せるとき
  お前は私を両腕のなかに抱きしめる
  もうすたれてしまったワルツを踊りながら
  そして私は一歩一歩お前について行く
  私を優しく抱いて、子どもみたいに 私はもう子どもじゃなくて
  迷っている若い娘だけど

[注] suisはêtre「…である」ではなく、suivre「…について行く」。pas à pas「一歩一歩、少しづつ」。次行のsuisはêtre。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top