2016
10.07

毛皮のマリーLa Marie-Vison

Yves montand La Marie-Vison


「毛皮のマリーLa Marie-Vison」(作詞:マルク・エイラルMarc Heyral 、作曲:ロジェ・マルネイRoger Varnay)は、イヴ・モンタンYves montandが1956年にモスクワのコンサートで歌い、その後、多くの歌手によって歌われました。visonは「ミンク、ミンクの毛皮、ミンクのコート」のこと。
ちなみに、寺山修二が「毛皮のマリー」という戯曲を書いて上演していますが、筋書きはこの曲とは関係なく、ちょっと私にはチンプンカンプン。



ルネ・ルバRenée Lebas



ジャクリーヌ・フランソワJacqueline François



La Marie-Vison  毛皮のマリー
Yves montand   イヴ・モンタン


Elle a roulé sa bosse, elle a roulé carosse 注1
Elle a plumé plus d'un pigeon 注2
La Marie-Vison, du côté d'la Chapelle 注3
C'est comm' ça qu'on l'appelle, même en été elle a sur l'dos
Son sacré manteau, il est bouffé aux mites 注4
Et quand elle a la cuite, ell'n'peut pas s'empêcher 注5
De raconter, que la vie était belle
Qu'elle portait des dentelles
Et tous les homm's, oui tous les homm's étaient fous d'elle
Elle a roulé sa bosse, elle a roulé carosse
Elle a plumé plus d'un pigeon la Marie-Vison

  あの女はあちこちとショバを変えた、馬車を乗り回した
  何人ものカモから金をむしりとったんだ
  ラ・シャペル駅付近にいる毛皮のマリー
  そう呼ばれる訳はね、夏でもあの女
  虫喰いのとんでもない毛皮のコートを着ているからさ
  酔いが回れば、あの女は宣わずにはいられない
  昔の暮らしは素敵だったわと
  レースのドレスを着ていたのよと
  男たちはみんな、そうよ男たちはみんな私に夢中だったんだと
  あちこちとショバを変え、馬車を乗り回し
  何人ものカモから金をむしりとったのさ 毛皮のマリーは

La Marie-Vison3

Mais un soir, un soir, ce fut plus fort qu'elle 注6
La v'la qui s'est mise à pleurer
Et son secret, son secret trop lourd pour elle
Dans un bistrot me l'a confié.

  だけどある晩、ある晩、たまりかねて
  とうとうあの女は泣き出した
  自分の隠し事が、隠し事があまりに重くなりすぎて
  ビストロで僕に打ち明けた

La Marie-Vison1


Ell' n'a jamais cherché un p'tit cœur à aimer 注7
Ell' n'a choisi que des ballots au cœur d'artichaut 注8
A jouer d'la prunelle de Passy à Grenelle 注9
On perd son temps et ses vingt ans
V'là qu'ils fich'nt le camp, pour ce sacré manteau 注10
Qu'elle voulait sur son dos
Elle a foutu au clou ses rêv's de gosse et ce sacré manteau 注11
Qu'elle a toujours sur l'dos, ça l'a mené
A la Chapelle dans mon quartier
Elle a roulé sa bosse, elle a roulé carosse
Elle a plumé plus d'un pigeon la Marie-Vison

  あの女はけっして愛する相手を求めようとしないで
  移り気なろくでなしばかりを選んでいた
  パッシーからグルネルまで辺りで色目を使って
  時間を、そして青春を費やしたんだ
  お気に入りの
  あのとんでもないコートのせいで、時間も青春も消えたのさ
  いつも着ている
  あのとんでもないコートのせいで、子供の頃の夢を質に入れ
  それのせいで、わが地区のラ・シャペル駅にやってきたのさ
  あちこちとショバを変え、馬車を乗り回し
  何人ものカモから金をむしりとったのさ 毛皮のマリーは

La Marie-Vison2


Tous les jouvencelles
Ne fait's pas comme elle, s'aimer d'amour
C'est ça qu'est bon, sacré nom de nom ! 注12

  若いお嬢さんたちよ
  あの女の真似をしちゃいけないよ、愛情をもって愛し合うこと
  それがいいんだよ、まったくもってね!!

[注]
1 rouler sa boss「転々と居所(職業)を変える」
2 plumer本義は「羽をむしる」だが、ここでは「金を巻き上げる」の意味。pigeon本義は「ハト」だが、ここでは「だまされやすい人、カモ」
3 La Chapelle:パリの10区・18区にあるメトロの駅
4 sacré本義は「聖なる、宗教の」だが、(反語的に)「いまいましい、とんでもない」。
5 avoir la cuite「(酒を飲んで)できあがっている」
6 être plus fort que qn.「…にはがまんできない、どうにもならない」
7 cœur「心」の持ち主である「人」や、「愛」を向ける相手も意味する。
8 このcœurは「心」。
9 jouer d'la prunelle「色目を使う」。Passy「パッシー」:高級住宅地であるパリ16区の駅。Grenelle「グルネル」=quai de Grenelle:パリ15区のエッフェル塔近くのセーヌ河岸。
10ficher le camp=foutre le camp「逃げる、ずらかる、駄目になる」。「もう森へなんか行かない」の原題はMa jeunesse fout l'camp「私の青春は逃げて行く」http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-39.html。
11 clou本義は「釘、鋲」だが「質屋」の意味もある。 foutre au clou「質に入れる」
12 sacréは注4参照。Nom de nom !=Nom de Dieu !=Nom d’un chien ! etc.「いまいましい、ちくしょう、くそっ」など憤り、驚きをあらわす。ここは、さほどマイナスの感情表現ではないようだが。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top