2016
12.01

僕の自由Ma liberté

Georges Moustaki Ma liberté


今回は、ジョルジュ・ムスタキGeorges Moustakiの「僕の自由Ma liberté」(1967年)を取り上げることにしました。歌詞のなかに「12月のある夜」という言葉があったものですから。以前取り上げた「私の孤独Ma solitude」では「孤独」、この歌詞では「自由」という概念を人格化して自分の伴侶である女性のように表現しています。ムスタキ自身については、もっとも彼の人となりを表している「異国の人Le Métèque」の記事に書きました。



セルジュ・レジアーニSerge Reggiani



Ma liberté       僕の自由
Georges Moustaki  ジョルジュ・ムスタキ


Ma liberté
Longtemps je t'ai gardée
Comme une perle rare
Ma liberté
C'est toi qui m'as aidé
A larguer les amarres
Pour aller n'importe où
Pour aller jusqu'au bout
Des chemins de fortune
Pour cueillir en rêvant
Une rose des vents 注1
Sur un rayon de lune

  僕の自由よ
  長いあいだ僕は君を
  希少な真珠のように守っていた
  僕の自由よ
  綱を弛めて僕を助けてくれたのは君だ
  何処かの地へ行くために
  運命の道の
  果てまで行くために
  夢見ながら
  月の光で
  ウィンド・ローズを摘む(風配図を読む)ために

Ma liberté2


Ma liberté
Devant tes volontés
Mon âme était soumise
Ma liberté
Je t'avais tout donné
Ma dernière chemise 注2
Et combien j'ai souffert
Pour pouvoir satisfaire
Tes moindres exigences
J'ai changé de pays
J'ai perdu mes amis
Pour gagner ta confiance

  僕の自由よ
  君の意向には
  僕の魂は従順だった
  僕の自由よ
  僕は君に捧げてきた
  持てる物すべてを
  そしてどれだけ苦しんだことか
  君のささいな要求を
  満足させるために
  僕は君の信頼を得るために
  国を変え
  友を失った

Ma liberté
Tu as su désarmer
Toutes mes habitudes
Ma liberté
Toi qui m'as fait aimer
Même la solitude
Toi qui m'as fait sourire
Quand je voyais finir
Une belle aventure
Toi qui m'as protégé
Quand j'allais me cacher
Pour soigner mes blessures

  僕の自由よ
  君は僕の習慣のすべてを
  武装解除させる術を得ていた
  僕の自由よ
  君は僕に孤独さえも
  愛するようにさせた
  君は僕を微笑ませた
  美しい情事が
  終わるのを見ているときも
  君は僕を護った
  僕が傷をいやすため
  身を隠そうとしているときも

Ma liberté5


Ma liberté
Pourtant je t'ai quittée
Une nuit de décembre
J'ai déserté
Les chemins écartés
Que nous suivions ensemble
Lorsque sans me méfier
Les pieds et poings liés 注3
Je me suis laissé faire
Et je t'ai trahie pour
Une prison d'amour
Et sa belle geôlière

  僕の自由よ
  だが僕は君と別れた
  12月のある夜
  僕たちがいっしょに辿っていた
  人里離れた道を僕は捨てた
  警戒せずにいたから
  手も足も出ず
  なされるがままになり
  そして君を裏切った
  恋のそしてその美しい牢番の
  とりこになったがために

Et je t'ai trahie pour
Une prison d'amour
Et sa belle geôlière

  そして君を裏切った
  恋のそしてその美しい牢番の
  とりこになったがために

Ma liberté4


[注]
1 rose des vents「ウインドローズ(wind rose)、風配図(ふうはいず)」ある地点のある期間における、各方位の風向および風速の頻度を表した図。だが、バラの花の意味をも重ねて、摘むという表現をしている。
2 donner (jusqu’à) sa dernière chemiseは「気前よくすべてを与えて丸裸になる」。
3 pieds et poings liés「手も足も出ない状態で、身動きできずに」



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top