2016
09.30

セッションするためにPour faire une jam

Bravos du music-hall à Charles Aznavour


今回はシャルル・アズナヴールCharles Aznavourの「セッションするためにPour faire une jamというたいへん軽快な曲。アズナヴール自身が作り1957年のアルバム:Bravos du music-hall à Charles Aznavourに収録されています。jamすなわちジャムセッションjam sessionは英語で、ウィキペディアによると、本格的な準備や、予め用意しておいたアレンジを使うことなしに、ミュージシャン達が集まって即興的に演奏することで、語源は、食品のジャムに由来していると推測され、甘い感じ、素晴らしい感じを表した表現として生じた言葉だとか。日本語では、ただセッションだけで通じます。ジャムじゃ通じにくい。フランス語ではfaire un bœufとも言われるそうです。えっ、ジャムじゃなくって肉料理を作るの?



Pour faire une jam  セッションするために
Charles Aznavour  シャルル・アズナヴール


Ta ba da ba da ba da ba da...

  タバダバダバダバダ

Moi certains soirs quand je m'ennuie
Je connais un coin dans Paris
Où l'on se rencontre entre amis
Pour faire une jam

  僕にはね 退屈な夜に
  行くことにしている とあるパリの片隅がある
  そこで友達同士が会うのさ
  セッションするために

Chacun prenant son instrument
Qu'il soit à corde ou bien à vent
Laisse parler son tempérament
Pour faire une jam

  ギターとかラッパとか
  それぞれが自分の楽器を手にし
  それぞれの個性に物を言わせるんだ
  セッションするのに

jam2.jpg


Comme je ne suis pas musicien
Mais que vraiment j'aime ça
Je rythme en frappant dans mes mains et chante
Ta ba da ba da ba da ba da..
.
  僕はミュージシャンじゃないけど
  ホントそれが好きさ
  僕は手拍子でリズムを取りながら歌うんだ
  タバダバダバダバダ

Car quand on est dans cette ambiance
Les mots n'ont aucune importance
Le principal c'est que ça balance
Pour faire une jam

  だってさ、こんな雰囲気じゃ
  歌詞なんか重要じゃない
  大切なのはバランスさ
  セッションするには

Ta ba da ba da ba da ba da..
.
  タバダバダバダバダ

On perd en l'éclair d'un instant
La notion du lieu et du temps
Et l'on oublie ses embêtements
Pour faire une jam

  電光石火あっという間に
  時空の感覚を失い
  心配事を忘れる
  セッションしてりゃ

C'est l'heure, l'heure de l'improvisation
Des chorus et des citations 注1
Car on se donne avec passion
Pour faire une jam

  今さ、今やるのさ即興演奏を
  それぞれのソロとフレーズの引継ぎを
  だって僕たちは情熱込めて打ち込むのさ
  セッションすることに

jam3.jpg


Nos aînés ne trouvent pas normales
Ces explosions de joie
Mais au fond que fait-on de mal en chantant
Ta ba da ba da ba da ba da...

  昔の人間たちは正気だと思わないだろう
  こんな喜びの爆発を
  だけど実際、歌って何が悪いんだい
  タバダバダバダバダ

En bras de chemise parce qu'on a chaud 注2
On se donne à fond les yeux mi-clos 注3
Car plus ça chauffe et mieux ça vaut
Pour faire une jam

  熱くなりゃ上着を脱ぎすて
  半眼の目の内奥の世界に入り込む
  熱を帯びてくればくるほどたまらなくなる
  セッションしていると

Ta ba da ba da ba da ba da...

  タバダバダバダバダ

Nos peines, nos joies, nos ivresses
Danses et rythmes se reconnaissent
Il faut la foi de la jeunesse
Pour faire une jam

  僕たちの苦痛、僕たちの喜び、僕たちの陶酔
  ダンスとリズムが合体する
  青春の信条が必要なんだ
  セッションするには

La batterie roule, la basse craque
Le piano chante, les cuivres attaquent
De toutes parts les notes claquent 注4
Pour faire une jam

  ドラムは突っ走り、ベースはきしみ
  ピアノは歌い、金管楽器は突っ込む
  すべてのキーが音を立てる
  セッションすると

jam1.jpg


Quand on a le jazz dans le sang
Et jusqu'au bout des doigts
Et que l'on est pris cent pour cent, on chante
Ta ba da ba da ba da ba da...

  血の中に
  指の先の先までジャズが流れ
  100%ジャズに捉えられ、僕たちは歌う
  タバダバダバダバダ

Au petit jour, sur le trottoir
Les traits tirés, le teint blafard
Comme à regret on se sépare 注5
En se disant remplis d'espoir
Salut les gars à un de ces soirs
Pour faire une jam

  明け方、舗道で
  やつれた顔つきで、青白い顔色で
  名残を惜しみつつ別れる
  期待を込めて言い合いながら
  じゃあな、みんな、またいつかの晩にと
  セッションしようなと

[注]
1 chorusここでは「コーラス」ではなく、ジャズ演奏の「即興のソロ」。citation本義は「引用」だが、形を変えつつ引き継いで行く演奏内容を言うのだろう。
2 être en bras de chemise「上着を脱いでいる、シャツ一枚になる」
3 les yeux mi-clos「目を半ば閉じている」は、座禅の「半眼」とは違って、今の状況に没頭している様子。
4 noteには複数の意味があり本義は文字通り「ノート」で、音楽に関連しては「音符」の意味もあるが、ここは「(鍵盤の)キー」と捉えた。
5 à regret「しぶしぶ、心ならずも、惜しそうに」



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top