2016
09.23

思い出してTu ne te souviendras pas

Barbara Nantes


「思い出してTu ne te souviendras pas」1964年のバルバラBarbaraの4枚目のアルバムDis, quand reviendras-tu ?に収録されています。このアルバムには同名の曲「いつ帰ってくるの? Dis, quand reviendras-tu ? 」および「ナントに雨が降るNantes」も入っています。



Tu ne te souviendras pas  思い出して
Barbara              バルバラ


Tu ne te souviendras pas
De cette nuit où l´on s´aimait,
Toutes les nuits, cahin-caha,
S´effeuillent au calendrier.

  あなたは思い出さないでしょう
  私たちが愛し合ったこの夜のことを、
  夜々は、やっとの思いのうちに、
  日めくりから剥がれ落ちていく。

Tu ne te souviendras pas
De mon visage, de mon nom.
Les marionnettes d´ici-bas
Font trois petits tours et puis s´en vont.

  あなたは思い出さないでしょう
  私の顔も、私の名前も。
  あそこにいるマリオネットの人形たちは
  3回まわって行ってしまう。

Tu ne te souviendras pas
Du vent, des algues, de cette plage,
De ce silence, de notre émoi
Quand se sont mêlés nos visages.

  あなたは思い出さないでしょう
  風を、海草を、この浜辺を、
  この静けさを、私たちの顔が接し合ったときの
  私たちのときめきを

Tu ne te souviendras pas1


Tu ne te souviendras pas.
Nous étions là, émerveillés.
J´ai glissé un peu contre toi.
Contre toi, tu m´as entraînée.

  あなたは思い出さないでしょう。
  私たちはそこにいた、感動して。
  私は少しあなたに近づいて行った。
  あなたのそばに、あなたは私を引き寄せた。

Tu ne te souviendras pas
De nos corps couchés sur le sol.
Les corps s´enfoncent comme les pas
Dans le sable où le vent les vole.

  あなたは思い出さないでしょう
  地面に横たわった私たちの体を。
  体は足跡のように
  砂のなかに沈みこみそこで風が体をさらう。

Tu ne te souviendras pas.
Doucement, la nuit s´est penchée,
Traînant dans son manteau de soie
Des morceaux de ciel étoilé.

  あなたは思い出さないでしょう。
  そっと、夜陰が忍び寄り、
  その絹のマントのなかに
  星空の断片を引きずり込む。

L´amour nous menait en voyage.
Longtemps, nous avons navigué.
La mer se cognait au rivage.
Dans tes yeux, je me suis noyée.

  愛は私たちを旅にいざなう。
  長いこと、私たちは航海した。
  海は海岸に打ち寄せていた。
  あなたの目のなかに、私は溺れた。

Tu ne te souviendras pas2


L´amour nous menait en voyage.
On s´est aimé, on s´est aimé.
Qu´il fut merveilleux, le naufrage
Quand, dans tes bras, j´ai chaviré.

  愛は私たちを旅にいざなう。
  私たちは愛し合った、愛し合ったわ。
  なんてすばらしいの、難破って
  あなたの腕のなかで、私は転覆してしまったのよ。

Passent les jours, file le temps,
S´égrènent les calendriers,
Brûle l´été, soufflent les vents.
Moi, je ne peux rien oublier.

  日々が過ぎ去り、時間が速く経ち、
  日めくりが一枚一枚消えゆき、
  夏が燃え尽き、風が吹きすさぶ。
  私のほうは、何も忘れることができない。

J´attends sur la plage déserte
Et je vis le creux du passé.
Je laisse ma porte entrouverte.
Reviens, nous pourrons la fermer.

  私は人けのない浜辺で待つ
  そして過去のなかに生きる。
  私は扉を半開きのままにする。
  帰って来て、そうすれば私たちは扉を閉めることができる。

Tu ne te souviendras pas3


Mais, Tu ne te souviendras pas
De cette nuit où l´on s´aimait,
Toutes les nuits, cahin-caha,
S´effeuillent au calendrier...

  でも、あなたは思い出さないでしょう
  私たちが愛し合ったこの夜のことを、
  夜々は、やっとの思いのうちに、
  日めくりから剥がれ落ちていく。

[注] cahin-caha「どうにかこうにか、かろうじて」


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top