2016
09.16

オーヴェルニュ人に捧げる歌Chanson pour l'auvergnat

Georges Brassens Chanson pour lauvergnat


今回は、ジョルジュ・ブラッサンスGeorges Brassens「オーヴェルニュ人に捧ぐChanson pour l'auvergnat」です。1954年に作られたこの曲は、戦時中に強制労働から脱走した彼をかくまってくれたオーヴェルニュ人夫妻と、もうひとりのオーヴェルニュ人、café-charbon(コーヒーとワインと炭を売るカフェ)の店主への感謝をあらわして書かれた曲です。彼はのちに夫妻の家を買い取り、60年半ばに彼らが亡くなるまでいっしょに生活するとともに、友人たちにその家を開放し、年中来客を受け入れていたそうです。

ブラッサンスに関しては「仲間を先に(パリジャン気質)Les Copains d'abord」のページに書いていますので、そちらを参照ください。



Chanson pour l'auvergnat  オーヴェルニュ人に捧げる歌
Georges Brassens       ジョルジュ・ブラッサンス


Elle est à toi cette chanson
Toi l’Auvergnat qui sans façon
M’as donné quatre bouts de bois
Quand dans ma vie il faisait froid
Toi qui m’as donné du feu quand
Les croquantes et les croquants 注1
Tous les gens bien intentionnés
M’avaient fermé la porte au nez
Ce n’était rien qu’un feu de bois
Mais il m’avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manièr’ d’un feu de joie

  この歌は君に捧ぐるもの
  僕が人生で寒さに震えていたときに
  もったいぶらず僕に4本の薪をくれた
  オーヴェルニュ人の君
  粗野な男たちや女たち
  すべての善人たちが
  僕を門前払いしたときに
  僕に火をくれた君
  それは薪の火にすぎなかった
  けれど僕の体を暖め
  僕の心のなかにそれはまだ燃え続けている
  喜びの焔として

Chanson pour lauvergnat2


Toi l’Auvergnat quand tu mourras
Quand le croqu’mort t’emportera
Qu’il te conduise à travers ciel 注2
Au père éternel

  オーヴェルニュ人の君 君が死んだとき
  葬儀人が君を運ぶとき
  空をぬけて運んでくれますように
  永遠の父のみもとへと

Elle est à toi cette chanson
Toi l’hôtesse qui sans façon
M’as donné quatre bouts de pain
Quand dans ma vie il faisait faim
Toi qui m’ouvris ta huche quand
Les croquantes et les croquants
Tous les gens bien intentionnés
S’amusaient à me voir jeûner
Ce n’était rien qu’un peu de pain
Mais il m’avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manièr’ d’un grand festin

  この歌は君に捧ぐるもの
  僕が人生で空腹にあえいでいたときに
  もったいぶらず僕に4切れのパンをくれた
  女主人の君
  粗野な男たちや女たち
  すべての善人たちが
  絶食している僕を面白がっていたときに
  僕のために長びつを開けてくれた君
  それは少しばかりのパンにすぎなかった
  けれど僕の体を暖め
  僕の心のなかにそれはまだ燃え続けている
  りっぱなご馳走として

Chanson pour lauvergnat3


Toi l’hôtesse quand tu mourras
Quand le croqu’mort t’emportera
Qu’il te conduise à travers ciel
Au père éternel

  女主人の君 君が死んだとき
  葬儀人が君を運ぶとき
  空をぬけて運んでくれますように
  永遠の父のみもとへと

Elle est à toi cette chanson
Toi l’étranger qui sans façon
D’un air malheureux m’as souri
Lorsque les gendarmes m’ont pris
Toi qui n’as pas applaudi quand
Les croquantes et les croquants
Tous les gens bien intentionnés
Riaient de me voir emmener
Ce n’était rien qu’un peu de miel
Mais il m’avait chauffé le corps
Et dans mon âme il brûle encore
A la manièr’ d’un grand soleil

  この歌は君に捧ぐるもの
  憲兵たちが僕を捕えたとき
  もったいぶらず辛そうな様子で僕に微笑んだ
  見知らぬ君 
  粗野な男たちや女たち
  すべての善人たちが
  連行される僕をあざ笑っていたときに
  拍手をしなかった君
  それは少しばかりの優しさにすぎなかった
  けれど僕の体を暖め
  僕の心のなかにそれはまだ燃え続けている
  大きな太陽のように

Chanson pour lauvergnat4


Toi l’étranger quand tu mourras
Quand le croqu’mort t’emportera
Qu’il te conduise à travers ciel
Au père éternel

  見知らぬ君 君が死んだとき
  葬儀人が君を運ぶとき
  空をぬけて運んでくれますように
  永遠の父のみもとへと

Chanson pour lauvergnat5


[注]
1 croquant(e)「百姓、田舎者」「粗野な人」ここでは次行のles gens bien intentionnésとの対比で後者を選んだ。
2 Qu’il te conduise…接続法で願望を表している。



コメント
ブラッサンス。好きなのです。だから素直に嬉しい^^
ありがとうと拍手をノニーさんに88888^^
mimihadot 2016.09.16 14:57 | 編集
いつも応援していただいて感謝しています。
コンクールやコンサートなどなどでバタバタしていてちゃんとお返事できないことが多いですが、お許しください。
私にとって、シャンソンの世界はまだまだ知らないことだらけ。
mimihaさんはとても詳しい方だと思います。
気づかれたことがあればいつでもどうぞお知らせください。


朝倉ノニーdot 2016.09.16 15:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top