2014
10.29

リラの門の切符切りLe poinçonneur des Lilas

Serge Gainsbourg Le poinçonneur des lilas


「リラの門Porte des Lilas」というルネ・クレールRené Clair監督の1956年の映画をご存知でしょうか。地下鉄3号線の終点のリラの門駅Porte des Lilasのプラットホームの壁にはこの映画に主演したジョルジュ・ブラッサンスGeorges Brassensの肖像画が飾られています。

1958年のセルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourgのデビュー作は、この駅の切符切りが主人公の「リラの門の切符切りLe poinçonneur des Lilas」。この曲は、あるとき改札係に「なにか望みは」と尋ねたところ、「空が見たい」と答えたことから生まれたとか。どの駅でもよかったでしょうに、この駅を選んだのはこの映画を意識してのことだったかもしれません。歌詞のなかで繰り返されるtrous(穴)という語は、いわずもがなゲンズブール流の性的な隠喩。自動改札に慣れた私たち、切符切りなんて仕事があったことも忘れてしまっていますね。

来たる11月2日の《ゲンズブールを歌う》 は、歌い手10人のうち9人までが女性。唯一の男性である宇藤カザンが、この曲を歌います。



Le poinçonneur des Lilas         リラの門の切符切り
Serge Gainsbourg            セルジュ・ゲンズブール


J'suis le poinçonneur des Lilas
Le gars qu'on croise et qu'on ne regarde pas
Y a pas de soleil sous la terre, drôle de croisière
Pour tuer l'ennui, j'ai dans ma veste
Les extraits du Reader's Digest
Et dans ce bouquin y a ecrit
Que des gars se la coulent douce à Miami 注1
Pendant ce temps que j'fais le zouave 注2
Au fond de la cave
Parait qu'il y a pas de sots métiers 注3
Moi j'fais des trous dans les billets

  僕はリラの門の切符切り
  人がすれ違っても目も向けない若造さ
  地下には太陽はなく、
  退屈しのぎの奇妙な周遊、上着のポケットには
  リーダーズ・ダイジェストの
  ダイジェスト版
  この本には書かれている
  マイアミでは若者たちはぬくぬくと暮らしていると
  僕がこの穴ぐらの奥で
  つまらんことをしているあいだ
  馬鹿げた仕事はないというが
  僕ときたら切符に穴を開けているのさ

Le poinçonneur des lilas1


J'fais des trous, des p'tits trous, encore des p'tits trous
Des p'tits trous, des p'tits trous, toujours des p'tits trous
Des trous de seconde classe, des trous de premiere classe.

  僕は穴を開ける、ちっちゃな穴、またちっちゃな穴
  ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、いつもちっちゃな穴
  二等車の穴、一等車の穴。

J'fais des trous, des p'tits trous, encore des p'tits
Des p'tits trous, des p'tits trous, toujours des p'tits trous
Des petits trous, des petits trous, des petits trous, des petits trous

  僕は穴を開ける、ちっちゃな穴、またちっちゃな穴
  ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、いつもちっちゃな穴
  ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、ちっちゃな穴。

J'suis le poinçonneur des Lilas,
Pour Invalides changer à l'Opéra,
J'vis au cœur de la planète
J'ai dans la tête un carnaval de confettis
J'en ammene jusque dans mon lit.
Et sous mon ciel de faïence
J'n'vois briller que les correspondances

  僕はリラの門の切符切り、
  アンヴァリッドへはオペラで乗換え、
  僕はこの星の奥底に住み
  頭の中は紙吹雪舞うカーニヴァル
  それをベッドにまで持ち込む。
  陶製の空の下では
  乗換え案内板が光ってるのしか見えやしない

Parfois j'rêve, j'divague, j'vois des vagues 注4
Et dans la brume au bout du quai 注5
J'vois un bateau qui vient m'chercher

  しばしば僕は夢を見る、妄想にひたる、波のようなものが見える
  そしてプラットホームの埠頭の奥の霧の中に
  僕を探しに来た船が見える

Pour sortir de ce trou, je fais des trous
Des p'tits trous, des p'tits trous, toujours des p'tits trous

  この穴から抜け出すために、僕は穴を開ける
  ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、いつもちっちゃな穴

Le poinçonneur des lilas3


Mais le bateau se taille
Et je vois que je déraille 注6
Et je reste dans mon trou à faire des p'tits trous
Des petits trous, des petits trous, des petits trous, des petits trous

  だけど船はずらかっちまい
  僕は本筋からずれちまった自分に気づき
  元の穴ぐらでちっちゃな穴を開け続ける
  ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、ちっちゃな穴

J'suis le poinçonneur des Lilas,
Arts et Métiers direct par Levallois
J'en ai marre, j'en ai ma claque de ce cloaque. 注7
J'voudrais jouer la fille de l'air 注8
Laisser ma casquette au vestiaire.

  僕はリラの門の切符切り、
  ルヴァロワ経由アール・ゼ・メティエ直通
  もうたくさんだ、この掃き溜めにはうんざりだ。
  僕は逃げ出したい
  制帽をロッカーに置き去りにしたいんだ。

Le poinçonneur des lilas2


Un jour viendra, j'en suis sur
Où je pourrai m'évader dans la nature
J'partirai sur la grand route
Et coûte que coûte 注9
Et si pour moi il est plus temps
J'partirai les pieds devant. 注10

  僕は確信する
  大自然の中に脱出できる、そんな日が
  きっと来ると
  僕は大旅行に出発するんだ
  どんな犠牲を払ってもね
  でも僕にそのチャンスがないなら
  僕は死出の旅路につくさ。

J'fais des trous, des p'tits trous, encore des p'tits trous
Des p'tits trous, des p'tits trous, toujours des p'tits trous

  僕は穴を開ける、ちっちゃな穴、またちっちゃな穴
  ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、いつもちっちゃな穴

Y a d'quoi devenir dingue 注11
De quoi prendre un flingue.
S'faire un trou, un p'tit trou, un dernier p'tit trou.
Un p'tit trou, un p'tit trou, un dernier p'tit trou

  気が狂うにもそれなりの訳があるし
  はじきを使うのにもね。
  自分に穴を開けるのさ、ちっちゃな穴、最後のちっちゃな穴
  ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、最後のちっちゃな穴

Et on me mettra dans un grand trou.
Et j'n'entendrais plus parler de trous
Des petits trous, des petits trous
Des petits trous, des petits trous

  そして僕は大きな穴に入れられるだろう。
  そしてもう穴についての話も聞くことはないだろう
  ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、ちっちゃな穴、ちっちゃな穴

Le poinçonneur des lilas4


[注]
1 se la couler douce「安穏に暮らす」
2 faire le zouave「からいばりをする、無駄なことをする」
3 Il y a pas de sots métiers, il n’y a que de sottes gens.「ばかげた仕事はない、ばかげた人がいるだけだ」という諺がある。
4 vague「波」あるいは「虚空」のほか、「はっきりしない、不明瞭な」という形容詞とその意味の名詞がある。夢や妄想のような「はっきりしないもの」に「波」の意味を同時に重ねているようだ。
5 quai 駅の「プラットホーム」、港の「埠頭」。二つの意味を重ねている。
6 dérailler本来は「脱線する」の意味だが、「常軌を逸する、調子が狂う」の意味でも用いられる。地下鉄のレールという意味合いを持たせつつ後者の意味で用いられているようだ。
7 en avoir marre「もうたくさんだ、飽き飽きする」。en avoir sa claque「がっくりする、うんざりする」
8 jouer la fille de l'air「逃げ出す、風をくらう」
9 coûte que coûte「どんな犠牲を払っても」
10 les pieds devant出棺の時、足が先になることから、partir(sortir) les pieds devant「埋葬される、死ぬ」
11 de quoi+inf.「…するのに必要なもの」「…する理由、値打ち」



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top