2016
09.17

貧乏人のピアノLe piano du pauvre

Léo Ferré Le piano du pauvre


レオ・フェレLéo Ferréの「貧乏人のピアノLe piano du pauvre」は「パリ・カナイユ(パリ野郎) Paris canaille」 とともにフェレの名を世に知らしめた曲だとされ、1954年の同名のアルバムに収録されています。「三文ピアノの歌」という邦題が付いていますが、直訳して「貧乏人のピアノ」としました。それは「アコーデオン」のことです。

フェレの歌のアコーデオン伴奏はジャン・カルドンJean Cardon



カトリーヌ・ソヴァージュ



パタシュー Patachou



Le piano du pauvre  貧乏人のピアノ
Léo Ferré        レオ・フェレ


Le piano du pauvre
Se noue autour du cou
La chanson guimauve 注1
Toscanini s'en fout 注2
Mais il est pas chien 注3
Et le lui rend bien
Il est éclectique 注4
Sonate ou java
Concerto polka
Il aim' la musique

  貧乏人のピアノは
  首の回りにまといつく
  甘ったるい歌は
  トスカニーニは馬鹿にするが
  こいつは吝嗇じゃないから
  それをこいつに引き渡せ
  こいつは何でも来いだ
  ソナタもジャヴァ
  コンチェルトもポルカも
  こいつは音楽が好きなのさ

Accordéon4


Le piano du pauvre
C'est l'Chopin du printemps
Sous le soleil mauve
Des lilas de Nogent 注5
Il roucoule un brin 注6
A ceux qui s'plais'nt bien
Et fait des avances
Ravel ou machin 注7
C'est déjà la fin
Mais v'là qu'y r'commence

  貧乏人のピアノ
  それは春の日のショパンだ
  ノジャンのリラの花咲く
  モーブ色の太陽の下での
  こいつは相思相愛の人たちに
  ちょっと甘い言葉をささやいて
  言い寄って来る
  ラヴェルとか何某とか
  それはもうおしまい
  だけどほらまた始まるよ

Le piano du pauvre
Se noue autour des reins
Sa chanson guimauve
Ça va toujours très loin
Car il n'est pas chien
Toujours il y r'vient
Il a la pratique
C'est pour ça d'ailleurs
Qu'les histoir's de cœur
Finiss'nt en musique

  貧乏人のピアノは
  腰の回りにまといつく
  甘ったるい歌
  こいつはいつもとても遠くまで出かける
  だってこいつは吝嗇じゃないから
  いつだってそこに戻ってくる
  こいつには即戦力がある
  そしてまたそういうわけさ
  心の物語が
  音楽となって終わるのは

Accordéon3


Le piano du pauvre
Est un joujou d'un sou
Quand l'amour se sauve
Y a pas qu'lui qui s'en fout
Car on n'est pas chien
On le lui rend bien
On est éclectique
Jules ou bien machin 注8
C'est déjà la fin
Mais v'là qu'on y r'pique

  貧乏人のピアノは
  安物のおもちゃ
  恋が逃げる時
  知らん顔するのはこいつだけじゃない
  僕らは吝嗇じゃないから
  こいつにそれを託す
  僕らは何でも来いで
  恋人や誰かは
  それはもうおしまい
  だがほら僕らはまたやり直すのさ

Le piano du pauvre
C'est pas qu'il est voyou
La chanson guimauve
On en prend tous un coup
Car on n'est pas chien
On a les moyens
Et le cœur qui plisse
Quand Paderewsky 注9
Tir' de son étui
L'instrument d'service

  貧乏人のピアノは
  与太者ってわけじゃない
  甘ったるい歌を
  僕らはたちまち受け入れる
  だって僕らは吝嗇じゃないから
  金はあるし
  パデレフスキが
  そのカヴァーから
  仕事の楽器を取り出せば
  さざなみ立つ心もある

Le piano du pauvre
N'a pas fini d'jacter
Sous le regard fauve
Des rupins du quartier
Pendant qu'les barbus
Du vieil Institut
Posent leurs bésicles
Pour entendre au loin
Le piano moulin 注10
Qui leur fait l'article 注11

  貧乏人のピアノは
  界隈の金持ちたちの
  猛々しい視線のもとでも
  おしゃべりをやめなかった
  古い学士院の髭面の面々が
  遠くのものを聴くために
  丸めがねをかける間も
  おしゃべりなピアノは
  彼らに売り込む

Accordéon2


Le piano du pauvre
Dans sa boîte à bobards
S'tape un air guimauve
En s'prenant pour Mozart
S'il a l'air grognon
Et joue sans façons
Des javas perverses
C'est qu'il est pas chien
Et puis qu'il faut bien
Fair' marcher l'Commerce
Bien chèrie

  擬音箱に仕込まれた
  貧乏人のピアノは
  モーツァルト気取りで
  甘ったるい旋律を鳴らす
  もしこいつがぶすっとした様子で
  何気なく
  退廃的なジャヴァを弾いたなら
  それはこいつが吝嗇じゃないということ
  そしたらちゃんと
  商売させてやらなきゃ
  ねえお前

[注]
1 guimauve花の「タチアオイ」お菓子の「マシュマロ」。chanson guimauveは比喩的に「甘ったるい歌」。
2 Toscanini(Arturo Toscanini)「アルトゥーロ・トスカニーニ」主情主義を廃し、楽譜至上主義に徹したイタリアの指揮者。
3 chien形容詞で「ケチな、無慈悲な」
4 éclectique「折衷主義的」「(1つのことに)偏しない、幅広い」
5 Nogent(Nogent-sur-Marne)「ノジャン=シュル=マルヌ」イル=ド=フランス地域圏、ヴァル=ド=マルヌ県のコミューン。パリの西、ブーローニュの森に隣接している。
6 un brin「ちょっと」
7 machin具体的な名前をあげず「何とかいう物(人)」
8 jule「やくざ、ヒモ」のほかに「恋人、愛人」の意味も。
9 Paderewsky(Ignacy Jan Paderewski)「イグナツィ・ヤン・パデレフスキ」ポーランドのピアニストで、ポーランド第二共和国の第3代首相。ここでは有能な演奏家の代名詞としている。
10 moulin本義は「風車」だが、moulin à paroles「おしゃべりな人、舌」という表現からpiano moulinは「おしゃべりなピアノ」か。
11 faire l'article「宣伝する、売り込む」
12 bobard「でたらめの、ウソの」 boîte à bobardsは、音を変化・増幅して楽音を作るアコーデオンの蛇腹型の胴体をいうようだ。「擬音箱」というでたらめな訳語を捏造した。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top