2016
09.10

ナタリーNathalie

Gilbert Becaud La vie dgarçon


ジルベール・ベコーGilbert Becaudの「ナタリーNathalie」(1964年 作詞:ピエール・ドラノエPierre Delanoë、作曲:ジルベール・ベコーGilbert Becaud)は、舞台がロシアで、ロシア民謡の「カリンカКалинка」のメロディーが挿入されたステキな曲です。フリオ・イグレシアスJulio Iglesiasがスペイン語で歌っている「黒い瞳のナタリーNathalie」(1982年) は原語のタイトルは同じですがまったく別の曲。でもロシア民謡の「黒い瞳Очи чёрные」をもとにして作られた曲なので、こちらもまたロシアに縁があります。

ナタリーNathalieとは、英語、フランス語、ドイツ語の女性名で、南欧から東欧にかけて広く見られるナタリアNataliaの異型とされます。この曲ではロシア人のガイドの名前ですから、本来ならナターリャNatalyaまたはナターシャNatashaとなるはず。でもフランス人の旅行者である男性の立場の歌詞にするため、あえてフランス風にしているのでしょう。
ドラノエによると、最初は「ナターシャ」という名にしていたこの曲をベコーが受け入れるまで1年かかったそうです。ベコーはドラノエが用意した歌詞を何度もはねつけ、「もっと強いイメージを作り出せ!」と言ったそうです。そこで、出だしを現在の形にして見せたところ、すぐさま彼はピアノに向かい、1時間で曲が出来上がった、ということです。



Nathalie       ナタリー
Gilbert Becaud  ジルベール・ベコー
:

La place Rouge était vide 注1
Devant moi marchait Nathalie
Il avait un joli nom, mon guide
Nathalie

  赤の広場はがらんとしていた
  僕の前をナタリーが歩く
  僕のガイドはすてきな名だ
  ナタリー

La place Rouge était blanche
La neige faisait un tapis
Et je suivais par ce froid dimanche
Nathalie

  赤の広場は真っ白で
  雪が絨毯のようだった
  そして僕はこの寒い日曜日
  ずっとついて歩いた
  ナタリーに

Nathalie4.jpg


Elle parlait en phrases sobres
De la révolution d’octobre 注2
Je pensais déjà
Qu’après le tombeau de Lénine 注3
On irait au cafe Pouchkine 注4
Boire un chocolat

  彼女は簡潔な言葉で
  十月革命について話してくれた
  僕はもう考えていた
  レーニン廟の次は
  カフェ・プーシュキンに
  ココアを飲みに行きたいと

La place Rouge était vide
J’ai pris son bras, elle a souri
Il avait des cheveux blonds, mon guide
Nathalie, Nathalie...

  赤の広場はがらんとしていた
  僕は彼女の腕を取り、彼女は微笑んだ
  僕のガイドはブロンドだった
  ナタリー、ナタリー…

Dans sa chambre à l’université
Une bande d’étudiants
L’attendait impatiemment
On a ri, on a beaucoup parlé
Ils voulaient tout savoir
Nathalie traduisait

  大学の彼女の部屋に
  学生たちが集まり
  彼女を待ちかねていた
  僕らは笑い、いっぱい話した
  彼らはなんでも知りたがり
  ナタリーは通訳した

Nathalie2.jpg


Moscou, les plaines d’Ukraine
Et les Champs-Élysées
On a tout melangé
Et l'on a chanté

  モスクワも、ウクライナ平原も
  シャンゼリゼ通りも
  僕らは混ぜこぜにして
  僕らは歌った

Et puis ils ont débouché
En riant à l’avance
Du champagne de France
Et l'on a dansé

  それからまず彼らは笑いながら
  フランスのシャンペンの
  栓を抜いた
  そして僕らは踊った

Nathalie3.jpg


Et quand la chambre fut vide
Tous les amis etaient partis
Je suis resté seul avec mon guide
Nathalie

  仲間たちがみんな去って
  部屋はからっぽになり
  僕はガイドと二人だけになった
  ナタリーと

Plus question de phrases sobres
Ni de révolution d’octobre
On n’en était plus là
Fini le tombeau de Lenine
Le chocolat de chez Pouchkine
C’est, c’était loin déjà

  簡潔な説明も
  十月革命も
  もう関係ない
  心はもはやそこになかった
  レーニン廟もおしまい
  プーシュキンの店のココアも
  それは、すでに遠い話

Nathalie1.jpg


Que ma vie me semble vide
Mais je sais qu’un jour à Paris
C’est moi qui lui servirai de guide
Nathalie, Nathalie

  人生がなんと空しく感じられることか
  でも僕には分かっているいつの日かパリで
  彼女のガイドになるのは僕なんだと
  ナタリー、ナタリー

[注]
1 La place Rouge「赤の広場」ロシアの首都モスクワの都心部にある広場
2 révolution d’octobre「十月革命」は、1917年ユリウス暦10月25日、当時のロシアの首都ペトログラードで起きた労働者や兵士らによる武装蜂起を発端として始まった革命。続いてロシア内戦が起こり、その結果1922年に史上初の共産主義国家であるソビエト連邦が誕生した。
3 le tombeau de Lénine「レーニン廟」は「赤の広場」にあり、レーニンの遺体に保存処理(エンバーミング)が施され祭られている。ミッシェル・サルドゥーMichel Sardouの「ウラジーミル・イリイチVladimir Ilitch」http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-558.html参照。
4 le cafe Pouchkine「カフェ・プーシュキン」ロシアの詩人プーシュキンの名を店名としたモスクワのカフェ。ザーズZazの「オニラ On ira」http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-813.html参照。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top