2016
09.08

そっと話してParle plus bas

Dalida Parle plus bas


1972年のフランシス・フォード・コッポラFrancis Ford Coppolaの映画「ゴッドファーザーThe Godfather」(ゴッドファーザー三部作の第1作)のテーマ曲は「ゴッドファーザー愛のテーマLove Theme from The Godfather」で、ニーノ・ロータNino Rotaが作曲しました。彼はEduardo De Filippo作のコメディFortunellaのテーマ曲を先に作っており、そのメロディーを流用してこの曲を作ったそうです。
Larry Kusikが作詞した英語ボーカルはSpeak Softly Loveと呼ばれ、アンディ・ウィリアムスHoward Andrew Williamsが最初に歌い、その後多くの歌手にカヴァーされています。それをボリス・バーグマンBoris Bergmanがフランス語に翻案した「そっと話してParle plus bas」を、ダリダDalida、ティノ・ロッシTino Rossi、マリー・ラフォレMarie Laforêtが歌っています。

ダリダ



ティノ・ロッシ(前半は別の曲で、1:47くらいから始まります。)



マリー・ラフォレ



Parle plus bas  そっと話して(ゴッドファーザー~愛のテーマ)
Dalida      ダリダ


Parle plus bas
car on pourrait bien nous entendre
Le monde n'est pas prêt pour tes paroles tendres
Le monde n'est pas prêt pour nous
Il dirait tout simplement que nous sommes fous

  そっと話して
  だってひとが私たちの話を聞くかもしれないから
  世の中にはあなたの優しい言葉を聞く準備がないわ
  世の中には私たちを受け入れる準備がないの
  ただ単に私たちが狂っているって言うだけよ

Parle plus bas3


Parle plus bas mais parle encore
de l'amour fou de l'amour fort
Parle plus bas
car on pourrait bien nous surprendre
Tu sais très bien
qu'il ne voudrait jamais comprendre
que dans nos cœurs moi, j'ai trouvé
ce que le monde refusait de nous donner

  そっと話して でももっと話して
  狂った愛について強い愛について
  そっと話して
  だってひとが私たちを驚かすかもしれないから
  あなたはよくお分かりね
  ひとは理解しようとしないだろうと
  私たちの心のなかに 私はね、見つけたの
  世の中が私たちに与えるのを拒んだものを

Parle plus bas mais parle encore
de l'amour fou de l'amour fort
Parle plus bas
car on pourrait bien nous entendre
Tu sais très bien que nous ne pouvons rien attendre
de ceux qui ont fait des chansons
sans un "je t'aime" ou l'amour rime avec raison

  そっと話して でももっと話して
  狂った愛について強い愛について
  そっと話して
  だってひとが私たちの話を聞くかもしれないから
  あなたはよくお分かりね
  愛が当然のこと韻を踏む「愛している」という言葉なしには
  歌を作る人たちに私たちは何も期待できないと

Parle plus bas5



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top