2016
08.15

火山の心臓Le cœur volcan

Le cœur volcan


ジュリアン・クレールJulien Clercのタンゴ調のちょっと変わった曲「火山の心臓Le cœur volcan」をご紹介しましょう。
彼が若くて長髪の頃の姿が見られる動画です。上のジャケットの写真はもう少し後年のもの。



カナダの女性歌手イザベル・ブーレイIsabelle Boulayが歌っている動画です。前奏がとても長いですが、待っているとちゃんと歌が始まります。



Le cœur volcan  火山の心臓
Julien Clerc    ジュリアン・クレール


Comme un volcan devenu vieux
Mon cœur bat lentement la chamade 注1
La lave tiède de tes yeux
Coule dans mes veines malades
Je pense si souvent à toi
Que ma raison en chavire
Comme feraient des barques bleues
Et même les grands navires

  年老いた火山のように
  僕の心臓がゆっくりと打つ
  君のまなざしのなまぬるい溶岩が
  僕の病んだ静脈を流れ下る
  君のことをあまりに頻繁に思って
  僕の理性は揺らぐ
  青い小舟が
  また大きな船が揺れるように

Le cœur volcan3


J'ai la raison arraisonnée 注2
Dans un port désert dérisoire
Toute ma vie s'est arrêtée
Comme s'arrêterait l'Histoire (x2) 注3

  僕は理性を臨検される
  人気のないちっぽけな港に繋留されて
  僕の生はすべて停止した
  歴史が停止するみたいに

Comme une légende qui s'éteint
Comme un grand peuple en décadence 注4
Comme une chanson qui se meurt
Comme la fin de l'espérance
Mon cœur volcan devenu vieux 注5
Bat lentement la chamade
La lave tiède de tes yeux
Coule dans mes veines malades

  死に絶える伝説のように
  帝国衰退期の民衆のように
  消え去る歌のように
  希望の終焉のように
  年老いた火山の僕の心臓は
  ゆっくりと打つ
  君のまなざしのなまぬるい溶岩が
  僕の病んだ静脈を流れる

Le cœur volcan4


Comme une armée de vaincus
L'ensemble sombre de mes gestes
Fait un vaisseau du temps perdu
Dans la mer morte qui me reste 注6
Mon cœur volcan devenu vieux
Bat lentement la chamade
La lave tiède de tes yeux
Coule dans mes veines malades (x2)

  敗北した軍隊のように
  僕の身ぶりの陰気な総体は
  僕に残された死んだ海に浮かぶ
  失われた時代の船となる
  年老いた火山の僕の心臓は
  ゆっくりと打つ
  君のまなざしのなまぬるい溶岩が
  僕の病んだ静脈を流れ下る

[注]
1 battre la chamade「(心臓が)早鐘のように打つ」。したがってcœurは、題名ともに「心」ではなく「心臓」。ここではlentementとあるので「ゆっくり打つ」。
2 arraisonner「(船舶を)立ち入り検査する、臨検する」。avoir la raison arraisonnée「臨検された理性を持つ」→「理性を臨検される」。すなわち、「船=理性が、立ち入り検査のために足止めされる」という意味だろう。
3 Histoireは大文字にされているし、「物語」ではなく「歴史」だと解釈した。
4 décadenceここでは、「(19世紀末の)デカダンス」ではなく、「(特にローマ帝国の)衰退」。
5 mon cœur とvolcanは同格。
6 非人称表現の、il reste qc/qn à qn「…に…が残っている」と同様の表現。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top