2016
06.19

パリのバラードLa ballade de paris

Yves montand La ballade de Paris


今日、私たちは「エッサイオン劇場Théâtre Essaion」で《アミカル・ド・シャンソン・パリ公演》をおこないます。18時30分開演です。遠くから応援を送ってくださいね。

今回は、エディット・ピアフÉdith Piafの「パリParis」と同様にパリに2人称で呼びかけて讃美する曲「パリのバラードLa ballade de paris」です。1953年にフランシス・ルマルクFrancis Lemarqueが作り、ルマルク自身のほか、イヴ・モンタンYves Montandが歌いました。

フランシス・ルマルク



イヴ・モンタン




La ballade de paris  パリのバラード
Yves Montand     イヴ・モンタン


Tant de poètes ont écrit
Des couplets des refrains 注1
Sur Paris
Que je n´sais plus quoi chanter
Pour vanter ta beauté
Mon Paris

  たくさんの詩が書かれた
  いろんな歌が
  パリについて
  僕はもう何を歌ったらいいのか分からない
  君の美しさを褒めるために
  わがパリよ

La ballade de paris1


Est-ce ceci ou cela
Autre chose ou bien quoi
Je n´sais pas
Pourquoi j´suis tellement ému
En passant dans une rue
De Paris

  これかあるいはあれか
  別のものかあるいは何を
  僕には分からない
  なぜ僕はこんなに感動しているのだろう
  パリの
  街を歩きながら

J´ai trouvé sur les quais en flânant
Un vieux livre jauni par le temps
J´y ai lu les souffrances et les joies
Que tu as connues tout´ à la fois

  僕はぶらつきながら河岸で見つけた
  時を経て黄ばんだ古い本を
  僕はその本に 君が一度に知った
  苦しみと喜びを読み取った

La ballade de paris2


Depuis le temps que tu vis
Tout´s tes rues ont écrit
Leurs romans
Romans d´amours qui se nouent
Se dénouent et qui meurent
Doucement

  君が生きた時代から
  君の街は描いた
  彼らの物語を
  結ばれ 離れ
  そして静かに死んでいく
  愛の物語を

On s´est battu sous tes murs
Chacun de tes pavés
A servi
A défendre la liberté
Qui s´était réfugiée
Dans Paris
C´est la peine de tous les hommes
Qui t´as fait comme tu es
Mon Paris
Ils ont bâti la Concorde
Notre-Dame, les Tuileries
Tout Paris

  君の壁のもとで人々はたたかい
  君の舗石の一つ一つは
  自由をまもるために
  役立ち
  自由は
  パリにかくまわれた
  君を今あるようにしたのは
  すべての人々の骨折りだ
  わがパリよ
  彼らはコンコルド広場を、
  ノートル・ダム聖堂を、チュイルリー宮殿を
  パリのすべてを建てた

Ils ont pris la Bastille en chantant
Construit la Tour Eiffel en flânant
Les années ont passé doucement
Mais Paris a gardé ses vingt ans

  彼らは歌いながらバスティーユ牢獄を奪取し
  ぶらつきながらエッフェル塔を建てた
  歳月は静かに過ぎて行った
  だがパリはその二十歳の青春を保った

La Seine a creusé son lit
Entre les quais tout gris
De Paris
Il faut croire qu´elle s´y trouve bien 注2
Puisqu´elle est encore là
Aujourd´hui

  パリの
  灰色一色の河岸のあいだに
  セーヌ河は自分の河床を掘った
  河はそこで満足しているにちがいない
  なぜなら依然としてそこにあるから
  今日も

La ballade de paris4


{Coda :}
Est-ce ceci ou cela autre chose ou bien quoi
Je n´sais plus
Pourquoi j´suis tellement ému
En passant dans une rue
De Paris

  これかあるいはあれか 別のものかあるいは何を
  僕には分からない
  なぜ僕はこんなに感動しているのだろう
  パリの
  街を歩きながら

[注]
1 couplet原義は「(歌の」節」だが、複数で「歌」。refrain原義は「反復句、リフレイン」だが、「リフレインのある歌」のことも言う。ここでは共に、「歌」のこと。
2 se trouver bien「満足である」




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top