2016
04.20

若い郵便屋Le facteur

Georges Moustaki Le facteur


今回は、ジョルジュ・ムスタキGeorges Moustakiの「若い郵便屋Le facteur」(1962年)です。Françoise Walkという女性歌手といっしょに歌っています。なにかこの曲を作るきっかけになったことがあったのではないかと思われますが、勝手に想像するしかありません。

郵便屋で思い出すのは、ローヌ・アルプRhone-Alpesのフェルディナン・シュヴァルFerdinand Cheval(1936-1924)という郵便配達人が、配達の行き帰りに小石を一つずつ積み重ね33年の歳月をかけて宮殿のような不思議な建造物「理想宮Palais idéal」(記事の一番下の写真)を作ったというお話。それは今も健在で観光名所となっています。

メールや電話でのやり取りばかりになってしまった昨今ですが、恋する気持ちを一字一句手紙にしたため、返事を心待ちにポストを何度も覗くというゆかしい恋がとても素敵に思えます。



Le facteur       若い郵便屋
Georges Moustaki  ジョルジュ・ムスタキ


Le jeune facteur est mort
Il n´avait que dix-sept ans

  若い郵便屋は死んだ
  まだ17歳だった

Le facteur2


L´amour ne peut plus voyager
Il a perdu son messager

  恋はもう旅することができない
  恋は自分を運んでくれる者を失った

C´est lui qui venait chaque jour
Les bras chargés de tous mes mots d´amour
C´est lui qui portait dans ses mains
La fleur d´amour cueillie dans ton jardin

  僕の愛の言葉のすべてを両腕に抱えて
  毎日やって来たのは彼だった
  君の庭で摘まれた花を
  両手に持って運んだのは彼だった

Le facteur3


Il est parti dans le ciel bleu
Comme un oiseau enfin libre et heureux
Et quand son âme l´a quitté
Un rossignol quelque part a chanté

  青空へと彼は旅立った
  ついに自由でしあわせになった小鳥のように
  そして魂が彼から離れたとき
  ナイチンゲールがどこかで歌った

Je t´aime autant que je t´aimais
Mais je ne peux le dire désormais

  以前と同じだけ君を愛している
  だけどそう言うことはもうできない

Il a emporté avec lui
Les derniers mots que je t´avais écrit

  彼は持って行ってしまった
  僕が君に書いた最後の言葉を

Il n´ira plus sur les chemins 
Fleuris de roses et de jasmins
Qui mènent jusqu´à ta maison
L´amour ne peut plus voyager
Il a perdu son messager
Et mon cœur est comme en prison

  バラやジャスミンの咲く
  君の家に至る道に
  もう行くことはないだろう
  恋はもう旅することができないのだ
  恋は自分を運んでくれる者を失った
  そして僕の心は牢獄にいるようだ

Le facteur5


Il est parti l´adolescent
Qui t´apportait mes joies et mes tourments
L´hiver a tué le printemps
Tout est fini pour nous deux maintenant

  僕の喜びと苦しみを君に伝えてくれた
  若者は行ってしまった
  冬は春を殺した
  僕たちふたりにとってすべては終わった

[注] 歌詞中のilは、le facteurあるいはl´amourをあらわすのだが、この行のilはどちらともとれる。

Le facteur1




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top