2016
03.15

恋のナイチンゲールRossignol de mes amours

Luis Mariano Mes plus belles opérettes


「恋のナイチンゲールRossignol de mes amours」というメルヘンティックな曲をご紹介しましょう。1951年にフランシス・ロペスFrancis Lopezが作った、オペレッタ「メキシコの歌手Le chanteur de Mexico」のなかの1曲で、作詞はレイモン・ヴァンシィRaymond Vincy。オペレッタの王子と呼ばれるテノール歌手のルイス・マリアーノLuis Mariano(フランス読みは「ルイ」)が歌いました。このオペレッタと同名の映画(仏西合作。Richard Pottier監督)が1956年に作られ、マリアーノはこれにも主演して歌いました。この映画には、ブールヴィルBourvilやアニー・コルディーAnnie Cordyも出演しています。
マリアーノの歌はアルバム:Mes plus belles opérettesに収録されています。



エンゾエンゾEnzo Enzoも歌っています。



Rossignol de mes amours  恋のナイチンゲール
Luis Mariano          ルイス・マリアーノ


Il était une fois une fille de roi
Au cœur plein de tristesse
Enfermée nuit et jour
Au sommet d'une tour
Elle pleurait toujours
Un jour, prenant son vol,
Un gentil rossignol
Vint dire à la princesse
"Je t'apporte l'espoir"
Et c'est pour le revoir
Qu'elle chantait le soir

  昔々あるところに ひとりの王女がおりました
  塔のてっぺんに
  閉じ込められて
  悲しみで胸ふさがれ
  彼女は泣いてばかりいました
  ある日、空を飛んで、
  一羽の優しいナイチンゲールが
  やってきて王女に言いました
  「僕はあなたに希望を運びます」と
  そしてナイチンゲールにまた逢いたくて
  王女は夕べになると歌うのでした

Rossignol de mes amours1


{Refrain:}
Rossignol, rossignol de mes amours,
Dès que minuit sonnera,
Quand la lune brillera,
Viens chanter sous ma fenêtre
Rossignol, rossignol de mes amours,
Quand ton chant s'élèvera,
Mon chagrin s'envolera
Et l'amour viendra peut-être.
Ce soir, sous ma fenêtre
Reviens, gentil rossignol

  ナイチンゲール、わたしのいとしいナイチンゲール、
  真夜中の鐘が鳴ったら、
  月が輝いたら、
  わたしの窓の下に歌いに来て
  ナイチンゲール、わたしのいとしいナイチンゲール、
  あなたの歌が聞こえたら、
  悲しみは消え去って
  愛がきっとやってくるわ。
  今夜、わたしの窓の下に
  また来てよ、やさしいナイチンゲール

Rossignol de mes amours3


Le rossignol revint, se posa
Sur la main de la belle princesse
Elle le caressa puis elle l'embrassa
Et il se transforma
En un prince charmant
Qui devint le galant
De sa jolie maîtresse
Et c'est pourquoi depuis
Les filles du pays
Chantent toutes les nuits

  ナイチンゲールはまたやって来て、
  美しい王女の手の上に止まりました
  彼女は小鳥を撫でそしてキスしました
  すると小鳥は変身したのです
  すてきな王子さまに
  そして彼は美しい飼い主の
  恋人となりました
  以来その国の少女たちが夜通し歌をうたうのは
  そんなわけなんです

{au Refrain}

Rossignol, rossignol !

  ナイチンゲールよ、ナイチンゲールよ!


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top