2016
06.13

白鳥の死La mort du cygne

Gérard Lenorman La mort du cygne


1975年のジェラール・ルノルマンGérard Lenormanの曲「白鳥の死La mort du cygne」を今回ご紹介します。



La mort du cygne  白鳥の死
Gérard Lenorman  ジェラール・ルノルマン


Sur son lac de brume
Seul, il se tient droit
Pleurant sous la lune
Le dernier roi de la Bavière 注1
A perdu sa compagne, hier

  もやのかかった湖で
  月光を浴びて泣きながら
  ひとり、彼はすっくと立っていた
  バイエルンの最後の王は
  昨日、国を失った

La mort du cygne3


Il replie son cou
Sur les reflets flous
De l´eau qui frissonne
Il s´abandonne
Et dans la pluie
Un cygne meurt au ralenti 注2

  揺らめく水に映った
  ぼんやりした影の上に
  彼は首を傾けた
  彼は身をゆだねた
  そして雨のなか
  一羽の白鳥がゆっくりと死んでいった

Si tu t´en vas souviens-toi
Souviens-toi que ma vie s´éteindra presque aussitôt
La solitude a toujours fait mourir les oiseaux
Si tu t´en vas souviens-toi
Souviens-toi que ma vie s´éteindra presque aussitôt
La solitude a toujours fait mourir les oiseaux

  もし君が行ってしまうのなら覚えておいて
  私のいのちが間もなく消えてしまうことを覚えておいて
  孤独はいつも鳥たちを死なせるもの
  もし君が行ってしまうのなら覚えておいて
  私のいのちが間もなく消えてしまうことを覚えておいて
  孤独はいつも鳥たちを死なせるもの

La mort du cygne2


Il glisse sans aile
Les larmes du ciel
Tombent sur ses ailes
Et l´âme en peine
Son corps bascule
Un cygne est mort au crépuscule

  彼は羽ばたかず滑っていく
  空からの涙が
  彼の両翼に降る
  そして魂は苦悩し
  彼の身体は覆る
  白鳥はたそがれどきに死す

Si tu t´en vas souviens-toi
Souviens-toi que ma vie s´éteindra presque aussitôt
La solitude a toujours fait mourir les oiseaux
Si tu t´en vas souviens-toi
Souviens-toi que ma vie s´éteindra presque aussitôt
La solitude a toujours fait mourir les oiseaux

  もし君が行ってしまうのなら覚えておいて
  私のいのちが間もなく消えてしまうことを覚えておいて
  孤独はいつも鳥たちを死なせるもの
  もし君が行ってしまうのなら覚えておいて
  私のいのちが間もなく消えてしまうことを覚えておいて
  孤独はいつも鳥たちを死なせるもの

La mort du cygne1


[注]
1 Bavière「バイエルン王国(独語: Königreich Bayern)」は、ヴィッテルスバッハ家の国王が治めたドイツの王国。ドイツ南部のスイスおよびオーストリアとの国境に位置し、首都はミュンヘン。ルートヴィヒ2世Ludwig II(1845 -1886、在位:1864 -1886)は、「狂王」と呼ばれ、1886年に退位した翌6月13日に、シュタルンベルク湖畔において水死体で発見された。この歌詞の「バイエルンの最後の王」とは彼のことで、それを白鳥と呼んでいるようだ。→ウィキペディアの記事
2 au ralenti「ゆっくりと、スローモーションで」


ルートヴィヒの建てたノイシュヴァンシュタイン城Schloss Neuschwanstein(写真はウィキペディアの記事に掲載されたもの)

Neuschwanstein castle





コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top