2016
03.03

ブラヴォーBravo

Dalida Les ptits mots


ダリダDalidaは1987年、5月3日に54歳で亡くなりました。「舞台の上で死ぬ(歌いつづけて)Mourir sur scène」をその日付で出しました。今日3月3日分は、同じアルバム:Les P'tits Mots(1983年)に収録されている「ブラヴォーBravo」を。



Bravo  ブラヴォー
Dalida  ダリダ


Mes cheveux blonds sont blonds
Depuis bien trop longtemps
Et mon frère est parti là-bas en Italie
Boulevard des Capucines
L´Olympia tombe en ruine
L´an 2000 est venu personne ne chante plus
Il n´y a plus en radio que des mots et des mots
Mais il n´y a que moi qui ne m´habitue pas

  私の金髪は金色よ
  ずうっと前からね
  そして私の兄弟はイタリアに行っちゃった
  カプチーヌ大通り
  オランピアは壊滅した
  2000年がやって来てもう誰も歌わない
  ラジオでは言葉しか言葉しか聞けない
  でも慣れていないのは私だけ

Bravo
Donnez-moi un bravo
Comme on donne un baiser, juste un petit dernier
Bravo
Donnez-moi un bravo comme au temps des rappels
Si quelqu´un se rappelle

  ブラヴォー
  私にブラヴォーを送って
  キッスを投げるように、ちょっとした最後の
  ブラヴォーを
  私にブラヴォーを送って カーテンコールの時のように
  もしも誰か思い出してくれたなら

Bravo 1


Bravo
Donnez-moi un bravo côté cœur, côté cour 
C´est mon seul mot d´amour
Bravo
Donnez-moi un bravo que je puisse partir
Que je puisse dormir

  ブラヴォー
  私にブラヴォーをちょうだいステージで
  それは私のたったひとつの愛の言葉
  ブラヴォー
  私にブラヴォーを送って 私が去れるように
  私が眠れるように

Je n´ai eu pour histoire que vos yeux dans le noir
Et pour tout nid d´amour qu´un rideau de velours
Comme des Italiens qui parlent avec les mains
Vos applaudissements c´était un peu mon sang
Des hommes ont essayé eux aussi de m´aimer
Mais aucun n´est resté, c´est vous qui avez gagné

  私には暗闇のなかのあなた方の目しか、物語として持っていないし
  そしてビロードのカーテンしか愛の巣として持っていない
  手で話すイタリア人たちのように
  あなた方の拍手喝采、それは私の血と同様
  男たちは彼らもまた私を愛そうとした
  でも誰も残っていない、勝ったのはあなた方なのよ

Bravo
Donnez-moi un bravo
Comme on donne un baiser, juste un petit dernier
Bravo
Donnez-moi un bravo comme au temps des rappels
Si quelqu´un se rappelle

  ブラヴォー
  私にブラヴォーを送って
  キッスを投げるように、ちょっとした最後の
  ブラヴォーを
  私にブラヴォーをちょうだい カーテンコールの時のように
  もしも誰かが覚えていてくれたなら

Bravo
Donnez-moi un bravo côté cœur, côté cour
C´est mon seul mot d´amour
Bravo
Donnez-moi un bravo que je puisse partir
Que je puisse dormir

  ブラヴォー
  私にブラヴォーを送って ステージで
  それは私のたったひとつの愛の言葉
  ブラヴォー
  私にブラヴォーを送って 私が去れるように
  私が眠れるように

Mes robes de lumière dorment sous la poussière
Mais on fera semblant qu´elles m´aillent comme avant
Je vais me maquiller, attendez vous verrez
Que je peux être belle comme au temps de Bruxelles
Ne partez pas encore je vais faire un décor
Deux ou trois projecteurs j´entends quelqu´un
Qui pleure

  私の光る衣装は埃のなかに眠っている
  でもその衣装たちを以前のように私に似合うようにできる
  私は化粧するわ、待ってて、ごらんなさい
  私はブルッセル時代のように美しくなれるのよ
  まだ行かないで 私は舞台をひとつ作るわ
  二つか三つのスポットライトのもとで 私には聞こえるわ
  誰かが泣くのが

Bravo 2


Bravo
Donnez-moi un bravo
Comme on donne un baiser, juste un petit dernier
Bravo
Donnez-moi un bravo
Comme au temps des rappels si quelqu´un se rappelle
Bravo
Donnez-moi un bravo côté cœur, côté cour
C´est mon seul mot d´amour

  ブラヴォー
  私にブラヴォーを送って
  キッスを投げるように、ちょっとした最後の
  ブラヴォーを
  私にブラヴォーを送って カーテンコールの時のように
  もしも誰かが思い出してくれたなら
  ブラヴォー
  私にブラヴォーを送って ステージで
  それは私のたったひとつの愛の言葉

Bravo
Donnez-moi un bravo que je puisse partir
Que je puisse dormir
Bravo
La, la la la la la la la la la la la la
La la li la la la
Bravo
La la la la la la la la la la
Si quelqu´un se rappelle
Bravo
Pa la la la la la
La la la
Bravo

  ブラヴォー
  私にブラヴォーを送って
  私が去れるように
  私が眠れるように
  ブラヴォー
  ラ、ララララララララララララ
  ララリラララ
  ブラヴォー
  もしも誰かが覚えていてくれたら
  ブラヴォー
  パラララララ
  ラララ
  ブラヴォー

[注] côté cour「舞台の上手」は役者から見て左手であり、「心臓のある側」ということで、côté cœurと覚えるという。côté cœur, côté courは、語呂のいい言い回しで「舞台」そのものを示すようだ。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top