2016
02.27

君の足跡に泣いたJ'ai pleuré sur tes pas

André Claveau Jai pleuré sur tes pas


アンドレ・クラヴォーAndré Claveauの「君の足跡に泣いたJ'ai pleuré sur tes pas」は、1943年に、ロラン・テシエRoland Tessierが作詞、ジャック・シモノJacques Simonotが作曲しました。恋人が去ってしまい、残された足跡を見て長き悲しむ。だけどある日、恋人が帰ってくる、といった内容。男性のクラヴォーが歌っていますが、戦地に行っている恋人や夫を待つ女性は、この歌詞に、彼がきっと帰ってくるという夢を託すことでしょう。第2次大戦中にさかんに歌われたそうです。



J'ai pleuré sur tes pas  君の足跡に泣いた
André Claveau       アンドレ・クラヴォー


J´ai trouvé l´autre jour notre maison déserte,
En vain, je t´appelais, l´angoisse au fond du cœur.
La porte du jardin était encore ouverte,
Tu venais de partir, brisant notre bonheur.
Alors, en découvrant dans le sable doré
L´empreinte de tes pas, longuement j´ai pleuré.

  ある日、僕たちの家にひと気がないのに気づいた、
  虚しくも、僕は君を呼んだ、心の底に不安を抱いて。
  庭の扉は開いたままだった、
  君は行ってしまったばかりだった、二人のしあわせを壊して。
  そして、金色の砂のなかに
  君の足跡を見つけて、長いあいだ僕は泣いた。

Jai pleuré sur tes pas1


J´ai pleuré sur tes pas
En murmurant tout bas
La prière d´adieu
D´un départ douloureux
Qui m´emplit de détresse.

  君の足跡に僕は泣いた
  僕の心を苦しみでいっぱいにする
  辛い出奔の
  別れの祈りを
  そっとつぶやきながら。

J´ai pleuré sur tes pas,
Voyant mourir déjà
Tout un passé d´amour
Fait de tant de beaux jours
Et de nuits de caresses.

  君の足跡に僕は泣いた、
  幾多の楽しい日々と
  抱擁の夜々が織りなす
  愛の過去がすでに潰え去ったのを
  目の当たりにしながら。

Vers ton nouveau destin
Vers ton rêve incertain,
Tandis que tu partais,
Moi seule je restais
Fixant avec tristesse
Le sol où j´ai trouvé
Ton souvenir gravé.
Et le cœur déchiré
Comme un enfant, tout bas,
J´ai pleuré sur tes pas.

  君の新たな運命に向かって
  君の不確かな夢に向かって
  君は去って行ったけど、
  僕はひとりとどまっていた
  悲しみとともに
  刻まれた君の痕跡を
  見い出した地面に
  くぎづけになったまま。
  そして悲痛な気持ちで
  子どものように、声をひそめて、
  君の足跡に僕は泣いた。

Jai pleuré sur tes pas2


Ce matin, doucement, j´ai vu s´ouvrir la porte,
Ce n´était pas un rêve... Tu me revenais,
Tout ce qui s´est passé, chérie, ah! que m´importe,
Puisque à nouveau, l´espoir ici chante et renaît!
L´empreinte de tes pas à l´entrée du jardin,
Se devinait encore, et j´ai pleuré, soudain.

  今朝、しずかに、戸が開くのを僕は見た、
  夢ではなかった…君が僕のもとに戻って来た、
  過ぎたことはみな、愛しい君、ああ!僕にはどうでもいい、
  だってまたもう一度、希望がここで歌をうたいよみがえる!
  庭の入口の君の足跡が、
  ふたたび見分けられ、そして僕は泣いた、突然に。

J´ai pleuré sur tes pas
En murmurant tout bas
La prière d´amour
Pour bénir ton retour
Qui voit fuir ma détresse.

  君の足跡に僕は泣いた
  愛の祈りを
  そっとつぶやきながら
  僕の苦しみを追い払ってくれる
  君の帰還を喜ぶ愛の祈りを

J´ai pleuré sur tes pas,
Car je ne pouvais pas
Après tant de douleur
Croire à tant de bonheur,
De joie et de tendresse,
Je t´avais près de moi,
Comme avant sous mon toit,
Je savais que, bientôt
Tu viendrais d´un seul mot,
Chasser toute tristesse.

  君の足跡に僕は泣いた
  なぜならたくさんの苦しみのあとでは
  たくさんのしあわせを、
  たくさんの喜びと愛を信じることが
  僕にはできなかったから、
  君は僕のそばにいた、
  以前のように僕の家の屋根の下に、
  僕には分かっていた、まもなく
  君がたったひと言で、
  すべての悲しみを追い払ってくれるだろうと。

Jai pleuré sur tes pas4


Je savais... et, pourtant,
Le cœur enfin content,
Dans le jardin, longtemps,
Comme un enfant, tout bas,
J´ai pleuré sur tes pas.

  僕には分かっていた…そして、だけど、
  心はついには満ち足りて、
  庭のなかで、長いあいだ、
  子どものように、声をひそめて、
  君の足跡に僕は泣いた。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top