2016
02.10

祈りPrière

Nana Mouskouri Prière


前回のアンナ・プルクナルAnna Prucnalの「スリコSouliko」と同じグルジア民謡を違った歌詞に翻案したナナ・ムスクーリNana Mouskouriの「祈りPrière」を取り上げましょう。フランス語歌詞はクロード・ルメルClaude Lemesleとピエール・ドラノエPierre Delanoë。1980年のアルバムVivre Avec Toi に収録されています。アンナ・プルクナルの歌詞のほうが原曲に忠実で、こちらは原曲からかけ離れた壮大な内容です。

ちなみに、ムスクーリは1963年にユーロヴィジョン・コンクールに「祈ることでÀ force de prier」という曲でルクセンブール代表として出て8位となっています。これもドラノエの作詞で「祈ること」をテーマとした曲です。



Prière        祈り
Nana Mouskouri  ナナ・ムスクーリ


Une prière pour le monde,
un crédo pour l'humanité 注1
Que les enfants sortant de l'ombre
vont soudain se mettre à chanter

  世界のための祈り
  人類のためのクレドを
  子どもたちが陰から現れて
  突然、歌い始める

Prière1


Une prière pour le monde,
un crédo pour l'humanité
Un chant d'amour pour les rivières
pour le cour du moindre ruisseau

  世界のための祈り
  人類のためのクレド
  河のための
  最も小さな小川の流れる庭のための愛の歌

Pour les forets pour les clairières
pour s'unir aux chants des oiseaux
Une prière pour la terre
pour ses habitants un crédo

  森のための 林間の空き地のための
  小鳥たちの歌に和するための
  大地のための祈り
  その住人たちのためのクレド

Un long cantique qui s'envole
dans l'espace des galaxies
Qui aille écrire ses paroles
sur les lignes de l'infini
Une prière peut-être folle
pour tout ce qui aime et qui vit

  銀河空間に湧き上る
  長い讃歌
  それは果てしない五線の上に
  その歌詞を書いていくようだ
  おそらく気違いじみた祈り
  愛し生きる者すべてのための

Une prière pour la colombe
malgré les faucons et les loups
Pour que sa vie soit douce et longue
pour qu'elle nous protège de nous 注2
Une prière pour le monde
même s'il ne prie plus beaucoup

  ハトのための祈り
  ハヤブサやオオカミたちがいようと
  安穏に生命長らえるように
  ハトが私たちを私たち自身から護ってくれるように
  世界のための祈り
  たとえこの世界がもうあまり祈らないとしても

prière3


[注]
1 crédoラテン語由来の教会用語で、「クレド、信仰宣言」。一般的には「信条」。un crédo pour l'humanitéは、une prière pour le mondeを言い換えているようだ。
2 nous protèger de nous「私たちを私たちから守る」、すなわち私たちは害を受けるものであり、害を加えるものでもある。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top