2016
02.02

ヴァンクーヴァーVancouver

Véronique Sanson Vancouver


前回の「誰もいらないBesoin de personne」に続きヴェロニク・サンソンVéronique Sansonです。彼女はその後、アメリカのシンガー・ソングライターでギタリストのスティーヴン・スティルスStephen Arthur Stillsと出会い、ミッシェル・ベルジェMichel Bergerを捨ててアメリカに渡り、73年にスティルスと結婚し、息子クリストファーChristopher Stillsが生まれます。しかし二人の関係はうまく行かず、結婚を後悔し、ベルジェへの未練が膨らみ、重度のアルコール依存に走ってしまいます(2004年に、長年のアル中克服の記録La douceur du dangerを執筆しています)。

今回取り上げるのは、1976年に出したアルバム「ヴァンクーヴァーVancouver」に収録された同名の曲で、プロデューサーのベルナール・サン=ポールBernard Saint-Paulが、仕事が手につかない状態だった彼女を、ピアノしかない部屋に10日間閉じ込めて書かせたのだそうです。前回の「誰もいらない」から「生き方の選択は難しいものだ」への変化は本人にとってはとても苦しいものだったでしょうが、音楽的に、より深く人の心に響くものが生まれているように思います。



Vancouver       ヴァンクーヴァー
Véronique Sanson  ヴェロニク・サンソン


Aller de ville en ville
Ça je l’ai bien connu
Je mène ma vie
Comme un radeau perdu
Les gens de la nuit
Sont toujours là quand il faut
Ils vous accueillent avec des rires et des bravos

  街から街へと渡り歩くこと
  それは私にはお馴染み
  私は人生を送る
  漂流する筏のように
  夜の世界の人たちは
  必要な時にはいつもいる
  彼らは笑いと喝采で迎えてくれる

Les vapeurs d’alcool
Ça je les connais bien
Les cheveux qui collent
Au front des musiciens
Et c’est difficile
Le choix d’une vie
Je rêve de choses dont j’ai réellement envie

  アルコールの蒸気
  それは私にはお馴染み
  ミュージシャンの額に貼りついた髪の毛
  そして難しいことよ
  生き方の選択は
  私は本当に欲するものを夢見る

Vancouver4.jpg


{Refrain:}
Je chante dans le port de Vancouver
Je chante sur des souvenirs amers
Et je danse, je danse
C’est bien
Je n’vois jamais le matin
Et c’est bien
A midi je suis dans mon lit
Et je rêve de quelque chose
A minuit je suis dans la ville
Et je cherche quelque chose

  私はヴァンクーヴァーの港で歌う
  私は苦い想い出を歌う
  そして私は踊る、私は踊る
  いい気分よ
  私は朝をまったく知らない
  いい気分よ
  昼に私はベッドにいて
  なにかを夢みる
  真夜中に私は街にいて
  なにかを探す

Les randonnées folles
Ça je les connais bien
Les filles qui volent
Autour des musiciens

  気まぐれにほっつき歩くこと
  それは私にはお馴染み
  ミュージシャンのまわりを
  飛び回る娘たち

Vancouver5.jpg


Les gens de la nuit
Sont toujours là quand il faut
Ils vous appellent
Avec des rires et des bravos

  夜の世界の人たちは
  必要な時にはいつもいる
  彼らは笑い歓声を上げて
  呼んでくれる

Le son du silence 注1
Il faut l’avoir connu
J’appelle la chance
Qui n’est jamais venue

  静寂の音
  それを分かってなきゃいけなかった
  チャンスを願っても
  けっしてやって来なかった

Vancouver3.jpg


Et c’est difficile
Le choix d’une vie
Je rêve de choses dont j’ai réellement envie

  そして難しいことよ
  生き方の選択は
  私は本当に欲するものを夢見る

Je chante dans le port de Vancouver
Je chante sur des souvenirs amers
Et je danse, je danse
C’est bien
Je n’vois jamais le matin
Je chante dans le port de Vancouver
Et je lance des menaces dans les airs 注2
Et je danse, je danse
C’est bien
Je n’vois jamais le matin
Et c’est bien
A midi je suis dans mon lit
Et je rêve de quelque chose
A minuit je suis dans la ville
Et je cherche quelque chose

  私はヴァンクーヴァーの港で歌う
  私は苦い想い出を歌う
  そして私は踊る、私は踊る
  いい気分よ
  私は朝をまったく知らない
  私はヴァンクーヴァーの港で歌い
  脅しを投げつける
  そして私は踊る、私は踊る
  いい気分よ
  私は朝をまったく知らない
  いい気分よ
  昼に私はベッドにいて
  なにかを夢みる
  真夜中に私は街にいて
  なにかを探す

[注]
1「静寂の音」と直訳すると禅問答の公案のようだが、他の訳語に置き換えるのも憚られた。
2 dans les airsは「空中に」の意味で、lancer dans les airsの訳は「発射する、吐き出す、投げつける」だけで充分。


Vancouver2.jpg



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top