2015
12.20

ジプシーの友だちMon pot' le gitan

Barbara a latelier


「ジプシーの友だちMon pot' le gitan」(作詞:Jacques Verrières 、作曲:musique de Marc Heyra)lはイヴ・モンタンYves Montandの歌で知られていますが、実は、無名時代のバルバラBarbaraが創唱者。2007年に、バルバラの幻の初コンサートが「Barbara a l'atelier, Bruxelles 1954」というタイトルのCDになり、それにこの曲が入っています。
この情報は「見えない鳥の存在:Blog版(Blog: L'oiseau Invisible)」というブログからいただきました。

バルバラ。彼女の別の面を見る気がしてとても新鮮です。



イヴ・モンタン



ムルージMouloudjiジャック・ヴァリエールJacques Vérièresフランシス・ルマルクFrancis LemarqueもYouTubeにあります。

Mon pot' le gitan        ジプシーの友だち
Barbara / Yves Montand   バルバラ / イヴ・モンタン


Mon pot’ le gitan c’est un gars curieux
Une gueule toute noir, des carreaux tout bleus 注1
Y reste des heures sans dire un seul mot
Assis près du poêle au fond du bistrot
C’gars-là une roulotte s’promène dans sa tête
Et quand elle voyage jamais ne s’arrête
Des tas d’paysages sortent de ses yeux 注2
Mon pot’ le gitan c’est un gars curieux
Mon pot’ le gitan, c’est pas un marrant
Et dans notre bistrot personne le comprend
Comme tous ces gars-là il a sa guitare
Une guitare crasseuse qui vous colle le noir
Quand y s’met à jouer la vieille roulotte
Galope dans sa tête, les joueurs de belote
S’arrêtent et plus rien... on a mal en dedans
Mon pot’ le gitan c’est pas un marrant

  僕のジプシーの友だち それは変なやつだ
  真っ黒なツラで、真っ青な目
  一言も言わずに何時間も
  ビストロの奥のストーブのそばに座っている
  そいつの頭のなかでは幌馬車がさまよってるのさ
  幌馬車が出発したらけっして止まらない
  たくさんの風景が彼の目からあふれ出る
  僕のジプシーの友だち それは変なやつだ
  僕のジプシーの友だち、それは愉快なやつじゃない
  僕らのビストロでは誰もやつを理解できない
  この手の輩たち同様に自分のギターを持っている
  みなに黒い汚れをくっつけそうな汚らしいギターだ
  やつが弾き始めると古い幌馬車は
  やつの頭のなかでギャロップし、トランプ遊びをしているやつらは
  手をとめてそのままさ…みなは内心イヤな気分になる
  僕のジプシーの友だち、それは愉快なやつじゃない

Mon pot le gitan1


Mon pot’ le gitan un jour est partiMon pot le gitan2
Et Dieu seul sait où il ballade sa vie
Ce type là était un grand musicien 注3
Ça j’en étais sûr, moi je l’sentais bien
Le tôlier m’a dit qu’on est venu l’chercher 注4
Un grand music-hall voulait l’acheter
Mon pot’ le gitan il a refusé
Un haussement d’épaules et il s’est taillé? 注5

  僕のジプシーの友だちはある日出て行った
  そして神様だけがやつの人生が向かう先をご存じだ
  あいつは優れたミュージシャンだった
  僕は確信している、僕はね本当にそう感じていた
  マスターが言うことにゃ誰かがやつを探しに来たと
  大きなミュージック・ホールがやつを物にしようとした
  僕のジプシーの友だち やつは断ったんだ
  肩をすくめてずらかったのかな

J’ai eu l’impression de perdre un ami
Et pourtant c’gars-là ne m’a jamais rien dit
Mais il m’a laissé un coin de sa roulotte
Et dans ma petite tête j’ai du rêve qui trotte
Sa drôle de musique en moi est restée
Quand je pense à lui, m’arrive de chanter 注6
Toi sacré gitan qui sentait l’cafard 注7
Au fond ta musique était pleine d’espoir.

  友だちを失った気がするよ
  だけどあいつはなにも言わなかった
  しかしやつは自分の幌馬車の片隅を僕に残した
  そして僕のちっちゃな頭のなかで動き回る夢があって
  やつの変な音楽がまだ残っているんだ
  やつのことを考えると、僕は歌いだすことがある
  とんだジプシーやろうの君は憂鬱なようすだったが
  君の音楽の奥底にはたくさんの希望があった。

Mon pot le gitan3


[注] バルバラが歌っているが、訳語は男ことばを選んだ。
1 carreauは「窓ガラス」「格子」だが、俗語として、複数形で「眼鏡」「目」の意味もある。
2 des tas de「たくさんの」
3 ce type là「あいつ」
4 se tailler俗語で「ずらかる、逃げ去る」
5 tôlierは「板金工」、あるいはtaulierの綴り違いで「(ホテル、レストランなどの)主人、経営者」の意味もあり、こちらがふさわしいだろう。
6 il arrive à qn. de+inf.「…が…することがある」のilが省かれている。
7 sacréは名詞の前で「いまいましい、憎らしい」あるいは「すばらしい、とんでもない」の意味。sentir「…の様子をしている」 l’cafard「憂鬱」。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top