2015
10.30

働きたくないのJe ne veux pas travailler

Pink Martini


ピンク・マルティーニPink Martiniは、1994年にピアニストのトーマス・ローダーデールThomas Lauderdaleを中心にアメリカで結成された13人のジャズ・オーケストラ。その名前はジンとベルモットのカクテルから。

彼らの大ヒット曲「働きたくないのJe ne veux pas travailler」は1997年に出したアルバム Sympathiqueに収録されています。女性歌手はチャイナ・フォーブスChina Forbes。
この曲の歌詞はギヨーム・アポリネールGuillaume Apollinaireの詩にインスピレーションを得て作られたそうです。それは「ホテルHôtel」という1913.年に書かれた詩。

フランシス・プーランクFrancis Poulenc が先に、この詩を元にした曲を作っています。1940年のソプラノとピアノによるアンサンブル:Banalitésの5曲のうちの1曲です。



Hôtel            ホテル
Guillaume Apollinaire  ギヨーム・アポリネール


Ma chambre a la forme d’une cage
Le soleil passe son bras par la fenêtre
Mais moi qui veux fumer pour faire des mirages
J’allume au feu du jour ma cigarette
Je ne veux pas travailler je veux fumer

  僕の部屋は鳥かごの形だ
  太陽が窓から腕を差し伸べる
  だが僕は煙草を吸いたい、まぼろしを描くために
  僕は陽光で煙草に火をつける
  僕は働きたくない、煙草を吸いたい




Je ne veux pas travailler    働きたくないの
Pink Martini            ピンク・マルティーニ


Ma chambre a la forme d'une cage
Le soleil passe son bras par la fenêtre
Les chasseurs à ma porte
Comme les p'tits soldats
Qui veulent me prendre

  私の部屋は鳥かごの形
  太陽が窓から腕を差し伸べ
  戸口には
  私を捕まえようとする
  小さな兵隊みたいな
  ハンターたち

Je ne veux pas travailler1


Je ne veux pas travailler
Je ne veux pas déjeuner
Je veux seulement l'oublier
Et puis je fume

  働きたくない
  朝食もいらない
  ただ彼を忘れたい
  だからタバコを吸う

Déjà j'ai connu le parfum de l'amour
Un million de roses
N'embaumeraient pas autant
Maintenant une seule fleur
Dans mes entourages
Me rend malade

  私はすでに愛の香りを知った
  百万本のバラだって
  あれほどはかぐわしくない
  取り巻きたちのなかで
  今はたった一輪の花が
  私をさいなむ

Je ne veux pas travailler
Je ne veux pas déjeuner
Je veux seulement l'oublier
Et puis je fume

  働きたくない
  朝食もいらない
  ただ彼を忘れたい
  だからタバコを吸う

Je ne veux pas travailler2


Je ne suis pas fière de ça 
Vie qui veut me tuer
C'est magnifique
Être sympathique
Mais je ne le connais jamais

  私をつぶそうとする人生なんて
  うんざりよ
  情のある人は
  すばらしいわ
  でも私はまるで縁がないの

{Refrain }

Je ne suis pas fière de ça
Vie qui veut me tuer
C'est magnifique
Être sympathique
Mais je ne le connais jamais

  私をつぶそうとする人生なんて
  うんざりよ
  情のある人は
  すばらしいわ
  でも私はまるで縁がないの

{Refrain }

[注] être fière de n.「…を誇らしく思う」。Je ne suis pas fière de ça(=vie)「自分の人生を誇らしく思わない」ということだが意訳した。


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top