2015
10.07

ラーズ家の舞踏会Le bal des Laze

Michel Polnareff Le bal des Laze


ミシェル・ポルナレフMichel Polnareffの「ラーズ家の舞踏会Le bal des Laze」は非常に美しい曲です。作詞:ピエール・ドラノエPiere Delanoë、作曲:ポルナレフ自身。1968年の同名のアルバムに収められています。
Wikipédiaの記事によると、5千本のろうそくが灯されたスタジオで録音したと、彼の自伝には述べられているけれど、実際はもうちょっと少なかったとか。ポルナレフはパリのサン・トゥスターシュ教会l'église Saint-Eustacheのオルガンを借りることも考えたけれど録音上の問題があり実現しなかったとか。

歌詞内容はフィクションであり、何世紀ごろでしょうか、王朝時代の英国を舞台にした身分違いの悲しい恋をあらわしたもののようですが、エロトマニアErotomania (別名:クレランボー症候群Clérambault's syndrome)、すなわち自分が相手に愛されているものだと曲解する妄想癖を持った精神病をあらわしたものだともいわれます。

Je serai pendu demain matin「明朝、僕は吊るし首になるだろう」から始まるこの曲は、発売当時、ヒットしながらもラジオ放送は控えられていたそうです。

映画「ヴィクトリア女王 世紀の愛The Young Victoria」(2009年)の映像を用いた動画



ピアノ弾き語り



Le bal des Laze     ラーズ家の舞踏会
Michel Polnareff     ミシェル・ポルナレフ

                ※挿入した画像はThe Young Victoriaより
Je serai pendu demain matin
Ma vie n'était pas faite
Pour les châteaux.
Tout est arrivé ce soir de juin
On donnait une fête
Dans le château.

  明朝、僕は吊るし首になるだろう
  僕の存在は城の世界には
  そぐわない。
  すべては6月の今夜に起こった
  城では
  盛大な祭典が行われた。

Dans le château de Laze
Le plus grand bal de Londres
Lord et Lady de Laze
Recevaient le grand monde
Diamants, rubis, topazes
Et blanches robes longues
Caché dans le jardin
Moi je serrais les poings 注1
Je regardais danser
Jane et son fiancé. 注2

  ラーズ城では
  ロンドンで最も大きな舞踏会が催され
  ラーズ卿と奥方は
  たくさんの賓客を迎えた
  ダイヤモンド、ルビー、トパーズ
  そして純白のロングドレス
  庭に潜んで
  こぶしを握り締めながら
  僕は見ていた
  ジェーンとフィアンセが踊るのを

Le bal des Laze1


Je serai pendu demain au jour
Dommage pour la fille
De ce château.
Car je crois qu'elle aimait bien l'amour
Que l'on faisait tranquille
Loin du château.

  明朝、僕は吊るし首になるだろう
  この城の
  娘にとっては悲しいことなんだ。
  なぜなら僕には分かっているから、
  城から遠く離れたところで
  こっそりと逢引きするのが彼女は好きだったって。

Le bal des Laze4


Dans le château de Laze
Pour les vingt ans de Jane
Lord et Lady de Laze
Avaient reçu la Reine
Moi le fou que l'on toise
Moi je crevais de haine
Caché dans le jardin
Moi je serrais les poings
Je regardais danser
Jane et son fiancé.

  ラーズ城では
  ジェーンの成人を祝い
  ラーズ卿と奥方は
  女王陛下をお迎えした
  みなにじろじろ見られる愚か者の僕
  僕は憎しみで死にそうだった
  庭に潜んで
  僕はこぶしを握り締めながら
  ジェーンとフィアンセが
  踊るのを見ていた。

Le bal des Laze2


Je serai pendu demain matin
Ça fera quatre lignes
Dans les journaux.
Je ne suis qu'un vulgaire assassin
Un vagabond indigne
De ce château.

  明朝、僕は吊るし首になるだろう
  でも新聞には
  ほんの数行の記事だけだろう。
  僕は取るに足らない殺人者に
  この城には
  ふさわしくない浮浪者にすぎない.

Dans le château de Laze
Peut-être bien que Jane
A l'heure où l'on m'écrase
Aura un peu de peine
Mais ma dernière phrase
Sera pour qu'on me plaigne
Puisqu'on va lui donner
Un autre fiancé
Et que je n' pourrai pas
Supprimer celui-là

  ラーズ城で
  たぶんジェーンは
  僕が処刑される時に
  ほんのちょっぴり心の痛みを感じるだろう
  けれど僕の辞世に
  みなは僕を哀れんでくれることだろう
  なぜなら彼らはジェーンに
  また別のフィアンセを与えるだろうが
  そいつを抹殺することは
  僕にはできないから

[注] タイトルのLe bal des Lazeに関してだが、Laze「ラーズ」という名称は実在の家柄ではなく架空の名称。ちなみに英語のlazeは「怠けて過ごす」の意味の動詞および名詞である。また、王朝以外の一家族をあらわす場合に複数形をとらないためLazesとはならない。
1 serrer les poings「怒りをこらえる」「力を振り絞る」の両義があり、ここでは前者だが、「こぶしを握り締める」と文字通りに訳した。
2 Jane「ジェーン」は英国女性の一般的な名前だが、英語で「名無しの権兵衛」に相当するジョン・ドウJohn Doeの女性形はジェーン・ドウJane Doeであり、架空であることを匂わせる。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top