2015
10.27

ルナ・ロッサLuna rossa

Lucienne Delyle luna rossa


今日、10月27日は満月ですから月に因む曲を。
「ルナ・ロッサLuna rossa」は、もとはカンツォーネ・ナポリターナ。1950年にヴィンチェンツィオ・デ・クレシェンゾVincenzo De Crescenzoが作詞、アントニオ・ヴィアンAntonio Vianが作曲、ジョルジオ・コンソリーニGiorgio Consoliniなどが歌いました。1952年にフェルナン・ボニファイFernand Bonifayが「月への祈りPrière à la lune」というタイトルでフランス語歌詞を作り、リュシエンヌ・ドリールLucienne Delyleが歌いました。でも、Luna rossaという原名で呼ばれ、Prière à la luneが副題とされることが多いようです。その後、さまざまな言語に翻案され、フランク・シナトラFrank Sinatraはじめ世界中の多くの歌手に歌われています。

「ルナ・ロッサ」とは赤い月のことですが、月が地球の影に入る皆既月食のとき、月は赤黒く見えます。今年は4月4日の21時頃でした(YouTubeに複数の動画あり)。また、地平線や水平線の近くに月があるときは、月からの光が厚い大気の中を通過することになり、青い光は届きにくく赤い光だけが私達の目に届くので、月が赤っぽく見えるそうです。この歌詞ではそうした実際の自然現象とは関係なく自分の恋を見守ってくれるもののイメージとして選んだようです。

なお、リュシエンヌ・ドリールの曲はすでに複数取り上げ、「サン=ジャンの私の恋人Mon amant de Saint-Jean」のページでプロフィールをご紹介しています。

Claudio Villa(イタリア語)



フランク・シナトラ(英語)



リュシエンヌ・ドリール



Luna rossa (Prière à la lune)  ルナ・ロッサ(月への祈り)
Lucienne Delyle          リュシエンヌ・ドリール


Dans la ville endormie
Le vent frissonne
A tous mes souvenirs
Je m'abandonne

  寝しずまった街のなかで
  風がふるえ
  もろもろの想い出に
  わたしは浸り込む

Pour me parler de toi
Dans la nuit brune 注1
Je n'ai plus qu'une amie
Et c'est la lune

  暗い夜のなかで
  あなたのことを話してくれるのは
  ひとりの友だけ
  それは月

Luna rossa


Ô Luna rossa, reine des nuits
Du haut des cieux, toi qui me souris
Veux-tu porter cette mélodie
A celui que j'adore ?

  おお赤い月よ、夜の女王よ
  空の高みから、あなたはわたしに微笑みかける
  この調べを運んでくれないかしら
  わが想うひとへ?

Puisque toi seule en as le pouvoir
Luna rossa, je voudrais savoir
Si son amour m'est resté ce soir 注2
Toujours aussi fidèle

  だってそれができるのはあなただけ
  赤い月よ、わたしは知りたいの
  あのひとの愛が今夜まだわたしに
  ひたすら向けられているのか

Luna Rossa
Est-il encore sincère ?
Luna Rossa
Ne mens pas, tant pis pour moi 注3
Si je dois en pleurer

  赤い月よ
  あのひとはまだ真摯な気持ちなの?
  赤い月よ
  嘘はつかないでね、わたしとしてはしかたないわ
  もしもそれで泣くことになっても

Luna rossa3


On m'a déjà menti tant de fois
On m'a déjà volé tant de joies

  わたしはもう何度も騙されてきた
  もう何度もよろこびを奪われてきた

Ô Luna Rossa, je ne veux pas
Qu'à ton tour tu me trompes

  おお赤い月よ、それはいやよ
  今度はあなたがわたしを欺くなんて

Ô Luna Rossa, reine des nuits
Tu as connu toutes nos folies
Et tu savais quand sonnait minuit
Te couvrir d'un nuage

  おお赤い月よ、夜の女王よ
  あなたはわたしたちの熱愛をすべて知っている
  そして真夜中の時が告げられると
  あなたは雲で身を隠すのを心得ていてくれた

Ô Luna Rossa, les soirs d'été
Tu nous guidais parmi les sentiers
Où nos deux ombres semblaient flâner
Ne formant qu'une image

  おお赤い月よ、夏の夕べには
  あなたはわたしたちを小径にいざなってくれた
  そこではわたしたちの二つの影は
  一つに合わさって歩いているみたいだった

Luna rossa4


Luna Rossa
Tu sais combien je l'aime
Luna Rossa
Promets-moi que, loin de moi,
Tu le protègeras

  赤い月よ
  わたしがどれだけあのひとを愛しているかご存じね
  赤い月よ
  約束して、わたしから遠いところで、
  あのひとを守ってくれると

Et quand bientôt il me reviendra
Luna Rossa, nous prierons tout bas
Car tous les deux nous croyons en toi
Autant qu'en la Madone

  まもなく あのひとがわたしのところに戻ってきたら
  赤い月よ、わたしたちは静かに祈るわ
  わたしたちは二人ともあなたを信じているから
  聖母さまを信じるように

Luna Rossa
Luna Rossa

  赤い月よ
  赤い月よ

[注]
1 brune「褐色の」。古くは「暗い、陰鬱な」の意味もあった。
2 son amour m'est resté ce soir toujours aussi fidèle直訳すると、「彼の愛が今夜も相変わらず誠実なまま私に残されているか」。
3 tant pis「しかたがない、残念だ」。pisはmalの優等比較級「より悪く」。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top