2015
12.10

ピアノを弾く少年L'enfant au piano

Serge Lama Lenfant au piano


セルジュ・ラマSerge Lamaの「ピアノを弾く少年L'enfant au piano」(作詞:セルジュ・ラマ、作曲:イヴ・ジルヴェールYves Gilbert)という美しい曲は、1977年の同名のアルバムに収録されています。



作曲したイヴ・ジルヴェールYves Gilbertが弾くピアノの上に座って歌っている動画(←クリックして開いてください。)

L'enfant au piano        ピアノを弾く少年
Serge Lama           セルジュ・ラマ


Les yeux levés au ciel
Vers le Père éternel 注1
L’enfant au cœur bien gros
Joue du piano

  瞳は空を見上げ
  永遠なる父に向かい
  大きな心を抱いた少年は
  ピアノを弾く

Lenfant au piano2


Sa maman est partie 注2
Dormir au paradis
Les yeux perdus au ciel
Il joue pour elle

  彼の母は逝った
  天国で眠るため
  瞳を宙に迷わせ
  少年は彼女のために弾く

Les anges dans le ciel
Font frissonner leurs ailes
Pour mieux accompagner
Sa mélodie

  空の天使たちは
  翼を震わせる
  彼のメロディーに
  もっと寄り添おうと

Sa maman était belle
Quand il jouait pour elle
Et il jouera pour elle
Toute sa vie

  彼の母は美しかった
  少年が彼女のためにピアノを弾いていた頃
  そして少年は彼女のために弾き続けるだろう
  一生のあいだ

Lenfant au piano1


Les yeux levés au ciel
Vers le Père éternel
L’enfant au cœur bien gros
Joue du piano

  瞳は空を見上げ
  永遠なる父に向かい
  大きな心を抱いた少年は
  ピアノを弾く

[注]
1 Père éternel「永遠の父=父なる神」。定冠詞は付けなくてもいい。
2 partir+inf.「…しに出かける」




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top