2015
08.16

彼女Elle

Didier Barbelivien Elle


今回はディディエ・バルブリヴィアンDidier Barbelivienの1980年の最初のヒット曲「彼女Elle」です。先に取り上げた「もしもあなたに会えずにいたらQue serais-je sans toi」のページでバルブリヴィアンのことを少々解説していますのでご覧ください。



Elle           彼女
Didier Barbelivien  ディディエ・バルブリヴィアン


Elle a la peau couleur du soleil
Elle a le secret des abeilles
Elle sait comment faire des enfants
Elle, c´est un avion blanc dans le ciel
Elle a déjà brûlé ses ailes
Elle est née dans un ouragan

  彼女は太陽の色の肌をしている
  彼女はミツバチたちの秘密を持っている
  彼女はどうして子どもを作るか知っている
  彼女、それは空の白い飛行機だ
  彼女は自分の翼をもう燃やしてしまった
  彼女は暴風雨のなかで生まれた

Elle, je l´ai croquée comme une pomme
Elle n´en veut parler à personne
Elle a les yeux de l´océan
Elle, moitié Venise et moitié Rome
Elle a déjà aimé des hommes
Elle a le cœur comme un diamant

  彼女、僕は彼女をリンゴのようにかじった
  彼女はそのことを誰にも話したがらない
  彼女の目は海を思わせる
  彼女、なかばヴェニス風でなかばローマ風
  彼女はすでに男たちを愛した
  彼女はダイアモンドのような心を持っている

Elle4.jpg


{Refrain :}
Elle, c´est un loup, une tourterelle
C´est un animal étonnant
Elle moitié velours, moitié dentelle
Toujours cruelle et cependant
C´est une lady lady elle
C´est une femme tout simplement

  彼女、それはオオカミ、キジバト
  驚ろくべき動物だ
  彼女、半分はビロード、半分はレース
  つねに獰猛ながら
  淑女だ、淑女だ、彼女は
  まったく単に女なんだ

Elle, je connais ses chapeaux de paille
Elle a grandi à la campagne
Elle a le sourire de ces gens
Elle, en toutes ces soirées de la ville
Elle a le feeling et le style
Elle fait tout ça naturellement

  彼女、僕は彼女の麦藁帽を知っている
  彼女は田舎で育った
  彼女はそこの人たちらしい微笑みを持っている
  彼女、都会のこうした夜にはいつも
  彼女はフィーリングとスタイルを備えている
  彼女はこうしたことをすべて自然におこなう

Elle6.jpg


{au Refrain}

Elle a la peau couleur du soleil
Elle a des larmes au goût de miel
Elle pleure comme pleure les enfants
Elle, c´est le plus violent des poèmes
Elle n´a pas peur de dire je t´aime
Elle fait l´amour exclusivement

  彼女は太陽の色の肌をしている
  彼女は蜜の味の涙を持っている
  彼女は子どもたちが泣くみたいに泣く
  彼女、それは詩のなかでもっとも激しい
  彼女はジュテームと言うことを恐れない
  彼女はひたすら情事をおこなう

{au Refrain}


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top