2015
08.18

太陽の子供たちDeux enfants au soleil

Jean Ferrat Deux enfants au soleil


人生は美しいC'est beau la vie」「ふるさとの山La montagne」をすでにご紹介したジャン・フェラJean Ferratの「太陽の子供たちDeux enfants au soleil」を今回は取り上げます。この曲は1961年にClaude Delécluseが作詞し、フェラが作曲し歌い、同名のアルバムに収録されました。そして翌62年にイザベル・オーブレIsabelle Aubretとミュージシャン同士としての衝撃的な出逢いをし、彼女もこの曲を歌うことになりました。のちに、イザベルが深刻な交通事故を生き延びた時に捧げられたのが、「人生は美しい」でした。

これはフェラらしい暖かいまなざしで、真夏の太陽のもと浜辺で恋に目覚めた二人の姿を描いた曲です。「若者jeune」ではなく「子供enfant」、これはひとつのメルヘンです。 私は、この曲から、1948年に作られ1980年にリメイクされた映画「青い珊瑚礁The Blue Lagoon」(原作:ヘンリー・ドヴィア・スタックプールHenry De Vere Stacpoole)を思い出します。遭難し孤島に流れ着いた少年と少女は助け合いながら生き延びていき、思春期を迎え、性の知識もないまま愛し合い、子供が生まれる…。いえ、フェラはこの物語に基づいてこの曲を作ったわけではないでしょうが。

フェラ



イザベル・オーブレ



Deux enfants au soleil          太陽の子供たち 
Jean Ferrat                ジャン・フェラ


La mer sans arrêt
Roulait ses galets
Les cheveux défaits
Ils se regardaient
Dans l'odeur des pins
Du sable et du thym
Qui baignait la plage
Ils se regardaient
Tous deux sans parler
Comme s'ils buvaient l'eau de leurs visages
Et c'était comme si tout recommençait
La même innocence les faisait trembler
Devant le merveilleux
Le miraculeux
Voyage de l'amour

  海はたえず
  小石を転がしていた
  乱れた髪で
  彼らは見つめ合っていた
  浜辺を浸す
  松と砂とタイムの香りに包まれて
  二人はことばも交わさずに
  彼らは見つめ合っていた
  まるでたがいの顔のしずくを飲んでいるかのように
  そしてすべてが新しく始まったかのようだった
  おなじ無垢な心が彼らを震えさせた
  素晴らしく
  不思議な
  愛の旅を前にして

Deux enfants au soleil1


Dehors ils ont passé la nuit
L'un contre l'autre ils ont dormi
La mer longtemps les a bercés
Et quand ils se sont éveillés
C'était comme s'ils venaient au monde
Dans le premier matin du monde

  戸外で彼らは夜を過ごした
  たがいに身を寄せ合って彼らは眠った
  海はずっと彼らをあやしてくれた
  そして彼らが目覚めたとき
  彼らはまるで世界の最初の朝に
  世界に出てきたみたいだった

La mer sans arrêt
Roulait ses galets
Quand ils ont couru
Dans l'eau les pieds nus
À l'ombre des pins
Se sont pris la main
Et sans se défendre
Sont tombés dans l'eau
Comme deux oiseaux
Sous le baiser chaud de leurs bouches tendres
Et c'était comme si tout recommençait
La vie, l'espérance et la liberté
Avec le merveilleux
Le miraculeux
Voyage de l'amour

  海はたえず
  小石を転がしていた
  水のなかを裸足で
  彼らが走るとき
  松の陰で
  手をつないだ
  そして無防備に
  水に飛び込んだ
  二羽の鳥のように
  甘い唇で熱い口づけをかわしながら
  そしてすべてが新しく始まったかのようだった
  人生が、経験が、そして自由が
  素晴らしく
  不思議な
  愛の旅とともに

Deux enfants au soleil5





コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top