2015
08.17

イパネマの娘La fille d'Ipanema

Jacqueline François La fille dIpanema


「イパネマの娘Garota de Ipanema」はブラジルのアントニオ・カルロス・ジョビンAntonio Carlos Jobimが1962年に作曲したボサノヴァの曲。原曲は宇藤カザンのブログ:アミカル・ド・シャンソンに紹介されていますので参照ください。英語の歌詞も記載されています。

原曲



私は、フランス語に翻案されたLa fille d'Ipanemaをご紹介しましょう。ジャクリーヌ・フランソワJacqueline Françoisが歌っています。



La fille d'Ipanema            イパネマの娘
Jacqueline François           ジャクリーヌ・フランソワ


Grande, mince, belle et douce
La fille d'Ipanema se pousse
Sur le rivage
Et toute le plage
Fait Ah ! ...

  背が高く、すらりとして、きれいで優しい
  イパネマの娘が
  海岸をのし歩く
  すると浜辺の人たちはみな
  ああ!と感嘆する…

La fille dIpanema1


Elle marche comme une algue
Portée sur l'aile d'une vague
Jusqu'au rivage
Et toute le plage
Fait Ah ! ...

  彼女は歩く
  海岸まで
  波の翼に運ばれる海草のように
  すると浜辺にいる人たちはみな
  ああ!と感嘆する…

Oh les garçons la regardent
Et leurs idées qui bavardent
Ont des chansons qui s'attardent
Sur le corps de la fille aux yeux clairs
Mais elle, elle ne voit que la mer
Grande, mince, belle et douce
Comme une voile dans sa course
Ils ne voient qu'elle
Mais elle ne voit que la mer
elle ne voit que la mer ...

  おお男の子たちは彼女を見つめる
  そしてつぶやく彼らの心は
  澄んだ瞳の娘の体にまつわる
  歌を持っている
  だが彼女は、彼女は海しか見ない
  背が高く、すらりとして、きれいで優しい
  航行する船の帆のように
  彼らは彼女しか見ない
  だが彼女は海しか見ない
  彼女は海しか見ない

La fille dIpanema2


Oh les garçons la regardent
Et leurs idées qui bavardent
Ont des chansons qui s'attardent
Sur le corps de la fille aux yeux clairs
Mais elle, elle ne voit que la mer
Grande et mince et belle et douce
Comme une voile dans sa course
Ils ne voient qu'elle
Mais elle, elle ne voit que la mer
Elle ne voit que la mer ...

  おお男の子たちは彼女を見つめる
  そしてつぶやく彼らの心は
  澄んだ瞳の娘の体にまつわる
  歌を持っている
  だが彼女は、彼女は海しか見ない
  背が高く、すらりとして、きれいで優しい
  航行する船の帆のように
  彼らは彼女しか見ない
  だが彼女は海しか見ない
  彼女は海しか見ない



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top