2015
07.28

別れの詩Un dernier mot d'amour

Mireille Mathieu Un dernier mot damour


今回は、ミレイユ・マチューMireille Mathieuの「別れの詩Un dernier mot d'amour」(1978年。フランス語作詞:クロード・ルメルClaude Lemesle)です。

原曲は、ブラジルのシンガー・ソングライター、ロベルト・カルロスRoberto Carlos の Os seus botões(作詞:Erasmo Carlos,作曲: Roberto Carlos)という曲。これはポルトガル語で「あなたのボタン」という意味で、「あなたのブラウスのボタンを外す」といったところから始まる歌詞です。



ミレイユ・マチュー



Un dernier mot d'amour            別れの詩
Mireille Mathieu               ミレイユ・マチュー


Je t’écris peut-être
Bien plus qu’une lettre
C’est comme un message
Après un naufrage 注1
Dans le grand silence
J’appelle au secours
Voici que je lance
Un dernier mot d’amour

  たぶんわたしはあなたに
  一枚の手紙以上のものをしたためる
  それは破局ののちの
  ひとつのメッセージとして
  大きな静寂のなかで
  わたしは救いを求める
  わたしは投げかけるわ
  最後の愛の言葉を

Un dernier mot damour1


Toi l’enfant terrible
Le rêve impossible
Ma raison de vivre
Ma folie d’aimer
Toi par qui j’existe
Toi le seul artiste
Qui ait fait danser
Mon cœur de Pierrot triste

  手に負えない子供のあなた
  かなわぬ夢
  私の生き甲斐
  私の熱愛
  あなたゆえに私は存在する
  あなたは 
  私の悲しいピエロの心を
  踊らせた唯一の芸術家

{Refrain:}
Tu riras peut-être
En lisant ma lettre
Ce cri de détresse
Qu’écrit ma tendresse 注2
Je m’en fous je t’aime
C’est bien assez pour
T’envoyer quand même
Un dernier mot d’amour

  あなたはきっと笑う
  私の手紙を
  私の愛情が綴った
  この苦悩の叫びを読んで
  でもかまわない あなたを愛しているということ
  それだけで充分よ
  愛の最後の言葉を
  あなたに届けるためには

Un dernier mot damour3


Toi l’impénétrable
Toi l’irremplaçable
Plus beau que le diable
Plus lointain que Dieu
Toi par qui je saigne
Toi sans qui s’éteignent 注3
La joie dans mes yeux
Et le feu dans mes veines

  理解しがたいあなた
  かけがえのないあなた
  悪魔より美しく
  神よりも遠い
  あなたのせいで私は傷つき
  あなたがいなきゃ消えてしまう
  私の目のなかの喜びも
  私の血管を流れる焔も

{Refrain}

[注]
1 naufrageは「難破」のほかに「崩壊、破滅」の意味がある。
2 Qu’écrit ma tendresseのécrit の主語はma tendresse で、倒置されていて、queはその目的語。その先行詞はce cri de détresse。
3 sans quiが挿入されていて、s’éteignentは複数形で、主語は後続のla joieとle feu。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top