2015
06.22

友情L'amitié

Françoise Hardy Lamitié


フランソワーズ・アルディーFrançoise Hardyの「友情L'amitié」(作詞:ジャン=マックス・リヴィエールJean-Max Rivière、作曲:ジェラール・ブルジョワGérard Bourgeoi)は、1965年に同名の、彼女の4枚目のアルバムに収録されています。詩的な歌詞、優しいメロディの曲です。



L'amitié            友情
Françoise Hardy        フランソワーズ・アルディー


Beaucoup de mes amis sont venus des nuages
Avec soleil et pluie comme simples bagages
Ils ont fait la saison des amitiés sincères
La plus belle saison des quatre de la Terre

  私のたくさんの友だちは雲からやって来た
  太陽と雨を簡単な荷物として携え
  彼らは心からの友情の季節を
  地上の四季のうちもっとも美しい季節にした

Lamitié 1


Ils ont cette douceur des plus beaux paysages
Et la fidélité des oiseaux de passage
Dans leurs cœurs est gravée une infinie tendresse
Mais parfois dans leurs yeux se glisse la tristesse
Alors, ils viennent se chauffer chez moi
Et toi aussi, tu viendras

  彼らはもっとも美しい風景のこのかぐわしさと
  渡り鳥の忠実さを持っている
  彼らの心には限りない優しさが刻まれている
  しかし彼らの目には時おり悲しみがよぎる
  すると、彼らは私の家に温まりにやって来る
  そしてあなたもまた、あなたも来るでしょう

Tu pourras repartir au fin fond des nuages 注1
Et de nouveau sourire à bien d'autres visages 注2
Donner autour de toi un peu de ta tendresse
Lorsqu'un autre voudra te cacher sa tristesse

  あなたは雲の奥へと帰って行き
  そして再びほかの多くの面々に微笑み
  あなたのまわりにあなたの優しさを少し与えるかもしれないわ
  ほかの誰かがあなたに自分の悲しみを隠したがったときには

Lamitié 2


Comme l'on ne sait pas ce que la vie nous donne
Il se peut qu'à mon tour je ne sois plus personne 注3
S'il me reste un ami qui vraiment me comprenne
J'oublierai à la fois mes larmes et mes peines
Alors, peut-être je viendrai chez toi
Chauffer mon cœur à ton bois

  私たちは人生が何を与えてくれるのか分からないから
  今度は私が拠り所を失うかもしれない
  もしも本当に私を理解してくれる友達が私に残されているなら
  私は涙も苦しみもいっぺんに忘れるでしょう
  そして、きっとあなたの家に行くわ
  あなたの薪で私の心を温めに

[注]
1 fin fond de qc「…の奥」
2 de nouveau「再び、もう一度」。bien d’autres「多くの他の、ほかのいろいろな」
3 Il se peut que+subj.「…かもしれない」。à son tour「…の番で」。n’être plus personne「誰でもなくなる」すなわち、落ち込んだり悩んだりして自身の拠り所を失った状態。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top