2015
06.09

悲しき雨音En éoutant la pluie

Sylvie Vartan En éoutant la pluie


シルヴィー・ヴァルタンSylvie Vartanの「悲しき雨音En éoutant la pluie」は、もともとは1962年のアメリカのヴォーカル・グループのザ・カスケードThe CascadesのRhythm Of The Rainを、1963年に「わが心のアランフェスAranjuez, mon amour」http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-277.htmlのリシャール・アントニーRichard Anthonyがフランス語に翻案して歌ったものです。日本ではペドロ&カプリシャスのカヴァーで知られています。

ザ・カスケードの原曲



リシャール・アントニー



シルヴィー・ヴァルタン



En éoutant la pluie         悲しき雨音
Sylvie Vartan            シルヴィー・ヴァルタン


J'écoute en soupirant la pluie qui ruisselle
Frappant doucement sur mes carreaux
Comme des milliers de larmes qui me rappellent
Que je suis seul en l'attendant

  ため息をつきながら私は雨の音を聞く
  雨は窓ガラスを優しくたたきながら流れるように降る
  彼を待つ身の孤独を思い起こさせるたくさんの涙のように

Le seul garçon que j'aime n'a pas su comprendre
Que lui seul comptait pour moi
Et près de ma fenêtre je reste à attendre
En guettant le bruit de ses pas

  私が愛した唯一の男は分かっていなかった
  彼だけが私にとって大切だってことを
  そして窓辺で私は待つ
  彼の足音をうかがいながら

En éoutant la pluie1


Pluie oh dis-lui de revenir un jour
Et qu'entre nous renaisse encore un grand amour
Le passé ne sera plus qu'un triste souvenir

  雨よ彼にいつか帰ってくるように言って
  そして私たちのあいだにまた大きな愛が生まれますように
  過去は悲しい想い出にすぎなくなるわ

Mais si après la pluie se montre le soleil
Et qu'il va réchauffer son cœur
Il comprendra enfin combien j'étais fidèle
Et il viendra sécher mes pleurs

  でも雨が上がって太陽が現れ
  彼がまた心を燃やしたら
  私がどれほど貞節だったか分かってくれるわ
  そして彼がやって来て私の涙を乾かしてくれる

Comment lui dire que moi je l'aime trop
Qu’il me manque et que j'ai le cœur gros
Et que pour moi l’amour sans lui ne compte pas

  どうして伝えたらいいの 私が彼をあまりにも愛していることを
  彼がいなくて淋しいと 悲しみで心がいっぱいだと
  そして私には彼のいない愛なんて大切じゃないと

En éoutant la pluie2


J'écoute en soupirant la pluie qui ruisselle
Frappant doucement sur mes carreaux
Comme des milliers de larmes qui me rappellent
Que j‘étais seul en l'attendant

  ため息をつきながら私は雨の音を聞く
  雨は窓ガラスを優しくたたきながら流れるように降る
  彼を待つ身の孤独を思い起こさせるたくさんの涙のように



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top