2015
05.19

パリの空の下Sous le ciel de Paris

Jean Bretonnière Sous le ciel de paris


「パリの空の下Sous le ciel de Paris」は、ジュリアン・デュヴィヴィエJulien Duvivier監督の1951年の映画「パリの空の下セーヌは流れるSous le ciel de Paris」で用いられた曲。作詞はジャン・ドレジャックJean Dréjac、作曲はユベール・ジローHubert Giraudです。

映画ではジャン・ブルトニエールJean Bretonnièreが歌い、その後、エディット・ピアフÉdith Piaf、イヴ・モンタンYves Montand 、ジュリエット・グレコJuliette Grécoほか多くの歌手に歌われました。

ジャン・ブルトニエールが歌っている映画のシーン。画面上の邦訳はどうも…。



新しいところで、フロランス・コストFlorence Costeとジュリアン・ダッサンJulien Dassinのデュオ



Sous le ciel de paris          パリの空の下
Jean Bretonnière           ジャン・ブルトニエール


Sous le ciel de Paris
S´envole une chanson
Hum Hum
Elle est née d´aujourd´hui
Dans le cœur d´un garçon

  パリの空の下で
  ひとつの歌が空にわき上がった
  フム フム
  その歌は今日
  ひとりの少年の心のなかに生まれた

Sous le ciel de Paris
Marchent des amoureux
Hum Hum
Leur bonheur se construit
Sur un air fait pour eux

  パリの空の下で
  恋人たちが歩いている
  フム フム
  彼らの幸せは育まれる
  彼らのために作られた調べに乗って

Sous le pont de Bercy
Un philosophe assis
Deux musiciens quelques badauds
Puis les gens par milliers

  ベルシー橋の下に
  ひとりの哲学者が座り込み
  二人のミュージシャン、何人かの野次馬
  そのうち、たくさんの人が

Sous le ciel de Paris1


Sous le ciel de Paris
Jusqu´au soir vont chanter
Hum Hum
L´hymne d´un peuple épris
De sa vieille cité

  パリの空の下で
  夜まで歌うことになる
  フム フム
  自分たちの古い都に魅せられた人々の
  讃歌を

Près de Notre Dame
Parfois couve un drame
Oui mais à Paname 注1
Tout peut s´arranger

  ノートルダム寺院の近くでは
  しばしば厄介なことが企てられる
  そうさ でもねパリじゃあ
  すべてまるく収まるのさ

Quelques rayons
Du ciel d´été
L´accordéon
D´un marinier
L´espoir fleurit
Au ciel de Paris

  夏空の
  陽の光
  船乗りの奏でる
  アコーデオン
  希望が花開く
  パリの空に

Sous le ciel de paris 2


Sous le ciel de Paris
Coule un fleuve joyeux
Hum Hum
Il endort dans la nuit
Les clochards et les gueux

  パリの空の下で
  陽気な河は流れる
  フム フム
  川は夜になると
  乞食や浮浪者を眠らせてくれるのさ

Sous le ciel de Paris
Les oiseaux du Bon Dieu
Hum Hum
Viennent du monde entier
Pour bavarder entre eux

  パリの空の下では
  神様に遣わされた鳥たちが
  フム フム
  たがいにおしゃべりしようと
  世界中からやって来る

Et le ciel de Paris
A son secret pour lui 注2
Depuis vingt siècles il est épris
De notre Ile Saint Louis

  そしてね パリの空は
  自分だけの秘密を持っている
  20世紀も前から首っ丈なのさ
  僕たちのサン・ルイ島にね

Quand elle lui sourit
Il met son habit bleu
Hum Hum
Quand il pleut sur Paris
C´est qu´il est malheureux

  サン・ルイ島が微笑めば
  パリは青い衣を着るよ
  フム フム
  パリに雨が降れば
  パリが悲しんでいるということさ

Quand il est trop jaloux
De ses millions d´amants
Hum Hum
Il fait gronder sur nous
Son tonnerr´ éclatant


  パリがたくさんの恋人たちに
  あまりにもヤキモチを焼いた時は
  フム フム
  私たちの上に
  鳴り響く雷鳴をとどろかせるんだ

Mais le ciel de Paris
N´est pas longtemps cruel
Hum Hum
Pour se fair´ pardonner
Il offre un arc en ciel

  でもパリの空は
  ずっと邪険なわけじゃない
  フム フム
  お詫びの印に
  虹をかけてくれるんだ

Sous le ciel de paris 3


[注]
1 Paname「パナム」とは、パリの愛称。
2 secret pour…が「…に対して隠しておく事柄」とすると、luiは前節のle Bon Dieu(あるいは2節前のun fleuve)ともとれるが、pourを「…にとって」の意味で、luiがParis自身だとして訳した。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top