2015
04.25

古き香りLes parfums d'autrefois

Liane Foly Les Parfums Dautrefois


今回は、リアンヌ・フォリーLiane Folyの「古き香りLes parfums d'autrefois」。作詞: Liane Foly, Philippe Viennet, 作曲:André Manoukian。1993年のアルバム:Les petites notesに収録されています。フォリーは日本ではあまり知られていませんが、味のある歌を聴かせてくれる素晴らしい歌手です。彼女の曲では、「ゆるやかにDoucement」をすでに取り上げ、その記事に彼女のプロフィールを簡単にご紹介しています。




Les parfums d'autrefois         古き香り
Liane Foly               リアンヌ・フォリー


Dans mon jardin secret y a des fleurs immortelles
Des soucis des pensées des racines éternelles 注1
Y a des arbres écorchés par des serments gravés
Et deux trois réverbères qui m'éclairent sur hier

  私の秘密の花園には永遠の花々が
  根の朽ちない不安草や思考草が咲き
  樹皮に誓いの刻まれた樹々や
  昨日の私を照らす2、3の街灯が立っている

L'allée de mon immeuble qui voulait voir le jour
Le couloir vers ma chambre trop étroit pour danser
L'église au toit pointu qui orientait ma vue
Vers un tout p'tit bout de ciel qui me tendait ses ailes

  陽の目を見たがっていた私の住まいへの路地
  踊るには狭すぎた私の部屋への廊下
  私に翼を差し伸べるとてもちっぽけな空のかけらへと
  私の目を誘ったとんがり屋根の教会

Les parfums dautrefois1


Au plus profond de moi je les emporterai
Ces parfums d'autrefois que je garde en secret
Les images danseront resteront à jamais
Au plus profond de moi, un élixir de paix

  私の内奥にそれらを運んで行こう
  私がひそかに大事にしているこれらの古い香り
  そのイメージは揺れ動き永遠に残る
  私の内奥に、安らぎの妙薬として

Encrés dans mon cahier, je les revoie encore
Les bateaux qui partaient, me laissant sur le port
Le vieux tutu froissé, que j'ai envoyé valser 注2
Le lipstick rougissant de mes premiers baisers

  私のノートに記されたそれらを、私は再び目にする
  私を港に残して、出て行く船たち
  皺くちゃの古いバレーのスカート、それは私が放り出したもの
  初めての口づけのときの赤く色づいた口紅

Au plus profond de moi je les emporterai
Ces parfums d'autrefois que je garde en secret
Les images danseront resteront à jamais
Au plus profond de moi, un élixir de paix

  私の内奥にそれらを運んで行こう
  私がひそかに大事にしているこれらの古い香り
  そのイメージは揺れ動き永遠に残る
  私の内奥に、安らぎの妙薬として

Les parfums dautrefois2


Au plus profond de moi je les emporterai
Ces parfums d'autrefois que je garde en secret
Avant qu'ils s'évaporent je veux qu'ils brûlent encore
Chaque jour chaque nuit comme l'essence de ma vie

  私の内奥にそれらを運んで行こう
  私がひそかに大事にしているこれらの古い香り
  霧散してしまう前にまた燃えて欲しい
  昼も夜も私のいのちのエキスとして

[注]
1 souciは「心配」と「キンセンカ」、penséeは「思考」と「パンジー、三色スミレ」をかけている。訳語は苦肉の策。
2 envoyer valser qn.「…を首にする、放り出す」。




コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2017.07.02 10:32 | 編集
コメントありがとうございました。
ご紹介いただいきうれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
朝倉ノニーdot 2017.07.04 17:34 | 編集
朝倉ノニーさん、トラックバックに関するコメントへのお返事ありがとうございました。とてもステキなブログですね✨、また訪問させてください😌
shi-star49dot 2017.07.04 19:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top