2015
04.09

学校から出てきたらEn sortant de l'école

Yves Montand chante Jacques Prévert


美しい星でÀ la belle étoile」のページで、作曲家ジョゼフ・コズマJoseph Kosmaが作った、ジャック・プレヴェールJacques Prévertの詩によるシャンソンをリストアップしましたが、今回はそのうちの一つ、「学校から出てきたらEn sortant de l'école」というとても楽しい曲です。

イヴ・モンタンYves Montandの歌が一番知られています。→dailymotionでご覧ください。

コラ・ヴォケールCora Vaucaire



サラSaraちゃんという(1992年の時点で)10歳の女の子のステージ。2015年の今はもう32、3歳になっているはず。



サンセヴェリノSanseverinoはたいへんユニークな歌手です。



レ・フレール・ジャックLes frères Jacquesも歌っています。


En sortant de l'école      学校から出てきたら
Yves Montand          イヴ・モンタン


En sortant de l'école
nous avons rencontré
un grand chemin de fer 注1
qui nous a emmenés
tout autour de la terre 注2
dans un wagon doré.
Tout autour de la terre
nous avons rencontré
la mer qui se promenait
avec tous ses coquillages
ses îles parfumées
et puis ses beaux naufrages
et ses saumons fumés.

  学校から出てきたら
  僕らは出くわした
  でっかい鉄道に
  その鉄道は僕たちを
  金いろの車両で
  陸地を一巡りさせてくれた
  陸地を一巡りしたら
  ぼくらは出くわした
  貝たちや
  いい香りの島々や
  それからうつくしい難破船たちや
  燻製の鮭たちを引きつれて
  散歩している海に。

En sortant de lécole2


Au-dessus de la mer
nous avons rencontré
la lune et les étoiles
sur un bateau à voiles
partant pour le Japon
et les trois mousquetaires des cinq doigts de la main
tournant la manivelle d'un petit sous-marin
plongeant au fond des mers
pour chercher des oursins.

  その海の向こうで
  僕らは出くわした
  月と星たちに
  日本に向かう帆かけ船の上で
  そして三銃士が五本の指で
  小さな潜水艦のクランクを回して
  ウニを探しに
  海の底に潜っているのに出くわした。

Revenant sur la terre
nous avons rencontré
sur la voie de chemin de fer
une maison qui fuyait
fuyait tout autour de la terre
fuyait tout autour de la mer
fuyait devant l'hiver
qui voulait l'attraper.

  それから陸地に帰ってきたら
  僕らは出くわした
  線路上を
  逃げて行く一軒の家に
  陸地をぐるっとまわって逃げて行き
  海をぐるっとまわって逃げて行き
  冬の前を逃げて行き
  冬は家をつかまえようとしていた。

En sortant de lécole 3


Mais nous sur notre chemin de fer
on s'est mis à rouler 注3
rouler derrière l'hiver
et on l'a écrasé
et la maison s'est arrêtée
et le printemps nous a salués.

  だけど車両に乗った僕たちは
  すぐ走りだし
  冬を追いかけて
  轢きころした
  すると家はとまり
  春が僕らに挨拶した。

C'était lui le garde-barrière 注4
et il nous a bien remerciés
et toutes les fleurs de toute la terre
soudain se sont mises à pousser
pousser à tort et à travers 注5
sur la voie de chemin de fer
qui ne voulait plus avancer 注6
de peur de les abîmer.

  春は踏切番だったので
  僕らにお礼を言った
  すると陸地全体の花がみんな
  いきなり咲き始めた
  線路の上で
  やたらに咲き始めた
  車両はもう進めない
  轢いちゃうといけないから。

En sortant de lécole5


Alors on est revenu à pied
à pied tout autour de la terre
à pied tout autour de la mer
tout autour du soleil
de la lune et des étoiles
A pied à cheval en voiture et en bateau à voiles.

  そこで僕らは歩いて帰った
  歩いて陸地をぐるっとまわり
  歩いて海をぐるっとまわり
  太陽のまわりや
  月や星のまわりも
  歩いたり馬や馬車や帆かけ船で。

[注]
1 un chemin de ferは、鉄道システム全体を指すが、線路あるいは列車のみを指すこともある。訳語は前後の文脈で選ぶわけだが、ここではgrandがついていることと、この歌詞の不思議世界のなかでは、ちょうど銀河鉄道のように、ひとつの有機体としての鉄道というニュアンスでとらえられる。線路を示す場合は、la voie de chemin de ferとなっている。
2 la terreを「地球」とする説もあるが、la merと並べられているので、「陸地」ととらえたい。
3前行でnousの状況を説明し、そのnousをonに置き換えて主語としている。
4 le garde-barrière「踏切番」がlui「彼」だということだが、訳としては、「彼は踏切番だ」と言わざるを得ない。
5 à tort et à travers「出まかせに、むやみに」
6 la voie de chemin de ferがquiの先行詞なので、「線路が(花を轢いちゃうといけないから)それ以上進むことを望まない」となるが、「線路」を「車両」に替えて訳すほうが自然だろう。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top