2015
03.31

ロマンス(恋歌)Romance

Juliette Gréco Romance


ジュリエット・グレコJuliette Gréco の歌う「ロマンス(恋歌)Romance」は、1946年にアンリ・バシスHenri Bassisが作詞し、ジョゼフ・コスマJoseph Kosmaが作曲しました。最初はディスクのB面に収録されて人目を引きませんでしたが、6年後の1952年に、Le Gantelet vert (The Green Glove)という米仏共同制作のRudolph Maté監督の映画でグレコ自身の歌が用いられて注目され、同年リリースされたアルバム:Juliette Gréco chante ses derniers succèsに収録され、その年のディスク大賞を獲得しました。

この曲が作られた年に生まれた人はもう60代後半。これまで何度か甘いロマンスを経験したことでしょうね。でも、このタイトルのRomanceは、そんなロマンスではなくて、「恋の歌」という意味。シャルル・トレネCharles Trenetの「優しきフランスDouce France」にも、「歌詞のない恋歌Des romances sans paroles」を小学生の頃に声を張り上げて歌ったというフレーズがあります。ということで、一般に知られている「ロマンス」という邦題を、原題の読みということで採用しますが、「恋歌」を副題といたします。



Romance    ロマンス(恋歌)
Juliette Gréco ジュリエット・グレコ


{Refrain:}
Ces mots chargés de romance
Comme un matin qui sourit
C´est un amour qui commence
Dans le printemps de Paris

  微笑む朝のように
  恋歌にあふれたこれらの言葉
  恋が始まるわ
  パリの春に

Romance1.jpg


Paris, qui n´est à personne,
Est à toi si tu le veux
Mon ami, je te le donne
Ce cadeau, c´est pour nous deux

  パリ、それは誰のものでもない、
  あなたのためのもの お望みならね
  愛しいひと、あなたに差し上げるわ
  この贈り物を、これは私たちふたりのためのものよ

{au Refrain}

Veux-tu les rues de ma ville
Trainant autour des cafés
Où les jours passent tranquilles
Et les filles décoiffées?

  わたしの街の通りはいかが?
  カフェーの辺りをぶらぶらするの
  そこでは日々が静かに過ぎてゆくわ
  髪を解いた娘たちもいかが?

Romance2.jpg


{au Refrain}

Les amoureux se promènent
Ils se regardent, ravis
Mon ami, c´est toi que j´aime
Le bonheur, c´est pour la vie

  恋人たちが散歩している
  彼らはうっとりと見つめ合う
  愛しいひと、わたしが愛しているのはあなたよ
  しあわせは一生つづくわ

{au Refrain}


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top