2015
03.26

バラ色の桜と白い林檎Cerisier rose et pommier blanc

Andre Claveau Cerisier rose et pommier blanc


前回の「初めての日のようにComme au premier jour」に続き、桜に因んだ曲を。「バラ色の桜と白い林檎Cerisier rose et pommier blanc」です。1950年にジャック・ラリュJacques Larueが作詞し、ルイギイLouiguyが作曲。アンドレ・クラヴォーAndré Claveauが創唱しました



イヴェット・ジローYvette Giraudペチュラ・クラーク Petula Clarkなども歌っています。

1953年にキューバのペレス・プラードPerez Prado楽団が「セレソ・ローサCerezo Rosa」というマンボの曲にしました。




Cerisier rose et pommier blanc       バラ色の桜と白い林檎
André Claveau              アンドレ・クラヴォー


{Refrain:}

Quand nous jouions à la marelle
Cerisiers roses et pommiers blancs 注1
J'ai cru mourir d'amour pour elle
En l'embrassant

  僕たちが石けりで遊んでいた頃
  バラ色の桜と白い林檎よ
  彼女に口づけしていると
  僕は彼女への愛で死にそうな想いだった

Cerisier rose et pommier blanc6


Avec ses airs de demoiselle,
Cerisiers roses et pommiers blancs
Elle avait attiré vers elle
Mon cœur d'enfant

  乙女らしい姿で、
  バラ色の桜と白い林檎よ
  彼女は引き寄せたんだ
  僕のうぶな心を

La branche d'un cerisier
De son jardin caressait
La branche d'un vieux pommier
Qui dans le mien fleurissait

  彼女の庭の
  桜の枝は優しく愛撫したよ
  僕の庭で花を咲かせている
  古い林檎の木の枝を

De voir leurs fleurs enlacées
Comme un bouquet de printemps
Nous vint alors la pensée
D'en faire autant.

  春の花束のように
  絡み合った花々を見て
  その時僕たちに起こったんだ
  同じことをしたいという想いが。

Cerisier rose et pommier blanc2


Et c'est ainsi qu'aux fleurs nouvelles 注2
Cerisiers roses et pommiers blancs
Ont fait un soir la courte échelle 注3
A nos quinze ans

  そしてこうして咲き初めた花々に
  バラ色の桜と白い林檎が
  ある夕べ、手助けをしてくれたんだ
  僕たちが15歳のときに

Non, non, ne dites pas qu'à son âge 注4
Vous n'étiez pas si volage
Non, non, quand deux lèvres vous attirent
J'en sais peu qui peuvent dire non.

  いや、いや、その年頃には
  自分はそんなにふしだらじゃなかったなどと言わないで
  いや、いや、唇が誘惑してきたとき
  だめだと言える人など僕はほとんど知らない。

{Refrain}

Mais un beau jour les demoiselles,
Frimousse rose et voile blanc,
Se font conduire à la chapelle
Par leur galant.

  だけどある日、娘たちは
  顔をバラ色に染め白いヴェールをまとい、
  恋人に
  教会へと導かれる。

Ah quel bonheur pour chacun !
Le cerisier tout fleuri 注5
Et le pommier n'en font qu'un
Nous sommes femme et mari.

  ああ、ふたりにとってなんて幸せなことか!
  満開の桜の木と
  林檎の木とがすることはただ一つだけ
  僕たちは妻と夫だ。
Cerisier rose et pommier blanc3
De voir les fruits de l'été 注6
Naître des fleurs du printemps
L'amour nous a chuchoté
D'en faire autant.

  夏の果実が
  春の花々から生まれるのを見ていると
  愛が私たちにささやいた
  同じようになさいよと。

Si cette histoire est éternelle
Pour en savoir le dénouement
Apprenez-en la ritournelle
Tout simplement

  このお話が永遠に続くというのなら
  結末を知るには
  ただ単に
  お決まりの言葉をお聞きなさい

Et dans deux ans deux bébés roses
Faisant la ronde gentiment
Vous chanteront cerisiers roses
Et pommiers blancs.

  3年後にはバラ色の3人の赤ちゃんが
  おとなしく回りながら
  バラ色の桜と白い林檎の歌を
  歌ってくれることでしょう。

Cerisier rose et pommier blanc5


[注]
1 cerisier「桜の木」正確にはさくらんぼを収穫するためのセイヨウミザクラ、pommierは、「林檎の木」のことで、roseとblancという、それらの花の色で形容している。無冠詞であり、呼びかけと捉えられる。
2 c'est ainsi que…「かくして…、そんな理由で…」les fleurs nouvelles「咲き初めた花々」とは、恋の芽生えた自分たちのこと。
3 faire la courte échelle à qn.「(手や肩などで)…のためにはしごの代わりをしてやる、…の手助けをしてやる」1行目のaux fleurs nouvellesにつながる。
4 不特定な人としてのvous「あなた方」が、かつてその歳(具体的には15歳)だった時には。
5 De…printempsは、意味上の従属節で、L'amour以下が主節。voir…+inf.「…が…するのを見る」




コメント
マンボのペレスブラード楽団来日コンサートで三年前に聴きました。結構なお年の方たちが杖を着いたり、付き添いに手を引かれて来場、でも立ち上がって踊ってました。楽しい曲ですよね。シャンソンの歌詞はちょっと気恥ずかしいような。
キノコdot 2015.03.31 10:13 | 編集
コメントを頂いたのをきっかけに、訳を見直し、題名ともにちょっと変えました。私は今日、大阪で桜を見ています。桜の木と林檎の木、桜のほうが女性なのかなと思いながら。
dot 2015.04.02 19:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top