2015
05.02

うるわしの五月Joli mai

Yves Montand Joli mai


花粉たちもいなくなり、まさに「うるわしの五月」と呼ぶにふさわしいさわやかな季節です。
イヴ・モンタンYves Montandの歌う「うるわしの五月Joli mai」は、もともとボリス・アンドレエヴィッチ・モクロウソフБорис Андреевич Мокроусовが1945年頃に作曲し、ミハイル・ワシリーヴィッチ・イサコフスキーМихаил Васильевич Исаковскийが1962年に作詞した、「淋しいアコーディオンОдинокая гармонь」というロシアの曲。日本語では、歌声喫茶などでよく歌われ、加藤登紀子の「ロシアのすたるじい」にも収録されています。
フランス語版はカトリーヌ・ヴァルランCatherine Varlinが作詞。1963年に、クリス・マルケルChris Marker監督のドキュメンタリー映画「美しき五月Le joli mai」(ミッシェル・ルグランMichel Legrandが音楽を担当)にモンタンがナレーターとして出演し、歌いました。うるわしの5月を賛美するというより、行ってしまった五月を惜しむちょっと淋しい内容の歌です。

モンタン



原曲の「淋しいアコーディオン」



Joli mai                 うるわしの五月
Yves Montand            イヴ・モンタン


Joli mai, c'était tous les jours fête
Il était né coiffé de muguet 注1
Sur son cœur il portait la rosette
La légion du bonheur joli mai 注2
Sur son cœur il portait la rosette
La légion du bonheur joli mai.

  うるわしの五月、毎日がお祭りだった
  彼はスズランを髪に飾って生まれた幸運児で
  胸には薔薇飾りを付けていた
  しあわせ勲章、うるわしの五月
  胸には薔薇飾りを付けていた
  しあわせ勲章、うるわしの五月。

Joli mai1


On l'a gardé le temps de le croire
Il est parti pendant qu'on dormait
Emportant la clé de notre histoire
Joli mai ne reviendra jamais
Emportant la clé de notre histoire
Joli mai ne reviendra jamais.

  僕たちは彼を信じるあいだ彼を引き止めた
  僕たちが眠っているあいだに彼は行ってしまった
  僕たちの物語の鍵を持って
  うるわしの五月はもう戻って来ない
  僕たちの物語の鍵を持って
  うるわしの五月はもう戻って来ない。

Joli mai, notre amour était brève 注3
L'été vient qui mûrit le regret
Le soleil met du plomb dans les rêves
Sur la lune, on affiche complet 注4
Le soleil met du plomb dans les rêves 注5
Sur la lune, on affiche complet.

  うるわしの五月、僕たちの恋は短い
  おとずれた夏は悔いをつのらせ
  太陽は夢を重苦しくさせる
  月には、「空席なし」の札がかかる
  太陽は夢を重苦しくさせる
  月には、「空席なし」の札がかかる。

Joli mai, tu as laissé tes songes
Dans Paris pour les enraciner
Ton foulard sur les yeux des mensonges,
Et ton rouge dans la gorge de l'année 注6
Ton foulard sur les yeux des mensonges,
Et ton rouge dans la gorge de l'année

  うるわしの五月、君はパリに
  君の夢を根付かせようと残して行った
  嘘をつく君の目を覆うスカーフ、
  そして年が経っても胸に残る君の口紅
  嘘をつく君の目を覆うスカーフ、
  そして年が経っても胸に残る君の口紅

Joli mai3


[注] 精一杯努力したが解釈に不安が残る。
1 ilはjoli maiのことだが、擬人化した表現なので「彼」と訳した。スズランの花言葉は「幸福の再来」。前回の「すずらんの咲く頃Le temps du muguet」に書いたように5月1日は愛する人のしあわせを願ってスズランを贈る日。être né coiffé(頭に羊膜の一部をかぶって生まれた子供は幸運児とみなされたことから)「幸運に恵まれ続けている」という成句も裏にあるようだ。
2 la légion du bonheur:la Légion d’honnheur(正式にはL'ordre national de la légion d'honneur)「レジオン・ドヌール勲章」をもじっている。前行のrosette「リボンのばら結び」も勲章の「略綬、薔薇飾り」を意味する。ちなみに、イヴ・モンタン自身は受賞を拒否した。
3 amourは男性名詞だが、複数形で女性名詞扱いされることがあり、詩では単数形でも女性名詞扱いされることがあるので、ここではbrefが女性形になっている。
4 afficher complet「(劇場・ホテルなどが)満員(満席・満室)の表示を出す」。lune de miel「蜜月」など、月はロマンチックな夢想的な意味を持ち、自分がそれから締め出されたといった意味か。
5 mettre du plomb dans la tête「より慎重にさせる」の言い換えのような形で、plomb「鉛」は「重苦しさ」をあらわすのだろう。
6 rester dans la gorge「胸につかえている、忘れられない」といった意味をde l'annéeにつなげているようだ。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top