2015
03.12

古きパリの岸辺でSur les quais du vieux paris

Lucienne Delyle Sur les quais du vieux paris


「古きパリの岸辺でSur les quais du vieux Paris」というとっても優しい曲は、1936年に、ルイ・ポトラLouis Poteratが作詞し、ラルフ・エルウィンRalph Erwinが作曲し、ジャン・サブロンJean Sablonが歌いました。そしてリュシエンヌ・ドリールLucienne Delyleが1939年に歌ってヒットし、彼女のほうが創唱者とみなされるようになりました。後年、ジュリエット・グレコJuliette Grécoもレパートリーにしています。

リュシエンヌ・ドリール



ジュリエット・グレコ



Sur les quais du vieux Paris         古きパリの岸辺で
Lucienne Delyle              リュシエンヌ・ドリール


Quand doucement tu te penches
En murmurant "C’est dimanche,
Si nous allions en banlieue faire un tour
Sous le ciel bleu des beaux jours? "
Mille projets nous attirent,
Mais, dans un même sourire,
Nous refaisons le trajet simple et doux
De nos premiers rendez-vous

  あなたが「きょうは日曜日だね、
  好天の青空のもと 郊外をひと回りしようか?」と
  ささやきながら優しく身をかがめるとき
  たくさんのプランがわたしたちを引きつける、
  でも、同じ微笑みを浮かべながら、
  わたしたちはふたりの最初のランデヴーと同じ
  単純ですてきな道のりをまた辿る

Sur les quais du vieux Paris1


{Refrain:}
Sur les quais du vieux Paris,
Le long de la Seine
Le bonheur sourit,
Sur les quais du vieux Paris,
L’amour se promène
En cherchant un nid.
Vieux bouquiniste,
Belle fleuriste
Comme on vous aime,
Vivant poème!
Sur les quais du vieux Paris,
De l’amour bohème
C’est le paradis

  古いパリの岸辺では、
  セーヌ川に沿って
  しあわせが微笑む、
  古いパリの岸辺では、
  ねぐらをもとめて
  恋がそぞろ歩きする。
  年老いた本屋、
  美人の花売り
  あなた方がとっても好きよ、
  生きている詩ですもの!
  古いパリの岸辺では、
  自由気ままな恋の
  それは天国

Sur les quais du vieux Paris2


Tous les vieux ponts nous connaissent, 
Témoins des folles promesses,
Qu’au fil de l’eau leur écho va conter
Aux gais moineaux effrontés
Et, dans tes bras qui m’enchaînent,
En écoutant les sirènes,
Je laisse battre, éperdu de bonheur,
Mon cœur auprès de ton cœur

  古い橋はみなわたしたちを知っている、
  浮いた約束ごとの証人よ、
  水の流れに乗ってそのこだまは語ろうとする
  厚かましい陽気な雀たちに
  そしてわたしをつなぎとめるあなたの腕に抱かれ、
  水の精たちの歌声を聞きながら、
  しあわせに酔いしれて、わたしは胸をときめかせる
  あなたの胸の傍らで

{au Refrain}

Sur les quais du vieux Paris3


[注] 最後の画像はセーヌ川に架かる橋ポンデザール Pont des Arts。「古い橋はみなわたしたちを知っている、浮いた約束ごとの証人よ」と訳した部分との関連で出した。2008年頃より、この橋で恋人同士が永遠の愛を誓い、南京錠に二人の名前を書いて欄干の金網に取り付けて鍵をかけ、その鍵をセーヌ川に投げ込む「愛の南京錠」が流行した。錠前の重さは橋全体で50トンを超えるとの試算もあり、2014年6月には欄干の金網の一部が崩れて橋が一時閉鎖される事態になった。このため、パリ市当局は、南京錠が取り付けられないように、欄干の金網をアクリル板に置き換えることを決定している。橋は終わった恋の重みも支え続けなきゃならない…?


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top