2015
03.19

アデューAdieu

Yvette Giraud Adieu


「アデューAdieu」もよく日本語で歌われている曲ですが、フランスではもう忘れられているかもしれません。元はイタリアのインノセンツィCarlo Innocenziが1951年に作曲した「さらば栄光の夢よAddio, Sogni Di Gloria」というカンツォーネ。翌52年、ミレイユ・ブロセイMireille Broceyがフランス語の歌詞を作り、イヴェット・ジローYvette Giraudが歌いました。歌詞の内容は、グロリア・ラッソGloria Lassoの「ボン・ヴォワイヤージュBon voyage」ととても似ていて、恋人に別の女性ができ、辛い心を抑えながら相手にさよならを言うといった内容です。

この曲も、イヴェット・ジローのフランス語の動画がYouTubeになかったので自分で作成しました。



原曲のAddio, Sogni Di Gloria



Adieu               アデュー
Yvette Giraud           イヴェット・ジロー


Celle qui t´a pris à moi, je devrais la maudire 注1
Pourtant, vois-tu mon amour, je me force à sourire
Elle est charmante et tu l´aimes, cela doit suffire
Puisque ton bonheur est là, c´est fini, oublie-moi

  あなたを私から奪った女を、私は呪ってしかるべきね
  でも、愛しいひと、私は微笑むよう努めるわ
  彼女は魅力的だしあなたは彼女を愛している、それで充分でしょう
  だってあなたのしあわせはそこにあるんだもの、もう終わりよ、私を忘れて

Adieu2.jpg


Adieu, toi que j´ai tant aimé
Adieu, toi qui m´as tout donné
Tu m´avais fait le serment de m´aimer pour la vie
Oui, mais ton cœur brusquement en décide autrement

  さようなら、私がとても愛したあなた
  さようなら、私にすべてを捧げてくれたあなた
  あなたは私を一生愛すると誓ってくれた
  ええ、でもあなたの心は突然にそれをたがえることにしたのね

Adieu, puisqu´il faut nous quitter
C´est mieux, je ne veux pas pleurer
Nous avons eu, souviens-t´en, des années si jolies
Que rien qu´en les évoquant on ferait un roman 注2

  さようなら、私たちは別れなきゃならないから
  そのほうがいいわ、私は泣きたくないの
  想い出して、私たちはとても素敵な年月を過ごして来た
  それを想い出すだけで、ひとつの小説が書けるほどの

Mais le destin qui nous sépare
Ne peut pas nous désunir
Tant qu´il reste dans ma mémoire
L´empreinte de nos souvenirs

  でも私たちを別れさせる運命は
  私たちを引き裂くことはできないわ
  私たちの想い出が
  私の記憶のなかに刻みつけられているかぎり

Adieu, je garde au fond de moi
Tes yeux et l´écho de ta voix
Ton souvenir est vivant 注3
C´est lui qui me caresse
Auprès de moi, je te sens
Invisible et présent

  さようなら、私は心の奥に
  あなたの瞳とあなたの声の響きをとどめるわ
  あなたの面影は生きている
  私を愛撫するのはその人よ
  私の前に、私はあなたを感じるの
  見えないけれどちゃんといるわ

Adieu3.jpg


Adieu, toi que j´ai tant aimé
Adieu, toi qui m´as tout donné

  さようなら、私がとても愛したあなた
  さようなら、私にすべてを捧げてくれたあなた

[注]
1 prendre qc.(qn) à qn.「…を…から奪い取る、取り上げる」
2 rien que…「…するだけで、…だけのために」
3 ton souvenir 「あなたの思い出」。dans son souvenirなどの表現では、所有格が記憶する側を示すが、ここでは記憶される側を示す。次行のluiは、その「思い出されるあなた」を「彼」と置き換えている。



コメント
以前のブログの、カンツォーネ我が栄光の夢よ、を参考にして、薩摩忠さんの訳で勉強しています。今は見られなくなっていますが、感謝しています。ありがとうございました。まだへたくそですが、頑張ります。
キノコdot 2015.03.31 10:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top