2015
01.09

昔の歌Ce refrain d'autrefois

Line Renaud Ce refrain dautrefois


リーヌ・ルノーLine Renaudの歌う「昔の歌Ce refrain d'autrefois」は、1972年にリーヌ・ルノー自身が作詞し、彼女の夫のルールー・ガステLoulou Gastéが作曲した曲で、日本語でよく歌われています。リーヌの歌の動画はありましたが、フランス語の歌詞が見つからず、歌を聴きながらかなり苦労して歌詞を再現してみました。

屋根裏で誰かが書いた古い歌の譜面を見つけた…という内容ですが、母親か誰かここに以前住んでいた人が昔、恋人から贈られたものなのか…。本人が昔、恋人から贈られたのを、このように表現しているということもあり得るでしょう。

リーヌ・ルノーの動画は、2種類ご紹介いたします。





Ce refrain d'autrefois              昔の歌
Line Renaud                  リーヌ・ルノー


J’ai retrouvé dans un grenier
Parmi quelques objets fanés
Ce refrain d'autrefois

  わたしは屋根裏で見つけた
  いくつかの色あせた物のあいだに
  この昔の歌を

Il gisait là sur le plancher 注1
Près d’un bouquet de fleures sèchées
Ce refrain d'autrefois

  それは床の上に落ちていた
  乾いた花束のかたわらに
  この昔の歌は

Ce refrain dautrefois2


En vague ce papier jauni
Un inconu avait écrit
A toi, à toi pour la vie
Et la mélodie en était si joli
Les mots plein de poèsie

  はっきりしないけど この黄ばんだ紙は
  誰か知らない人が書いたもの
  あなたのために、一生あなたのためにと
  そしてそのメロディーはとても美しく
  歌詞は詩に満ちていた

Depuis ce jour-là dans ma tête
Tous ces notes désuettes 注2
Chantent en moi ce refrain d'autrefois
Sur mon piano je l'ai posé
Un musicien me l’a joué 注3
Ce refrain d'autrefois

  その日から私の脳裏で
  これらの古めかしい音符が
  この昔の歌を歌う
  私はピアノにそれらの音符を置いた
  ひとりのミュージシャンが私に演奏してくれた
  この昔の歌を

Ce refrain dautrefois1


Les yeux fermés j’imaginais
Les violons et des cœurs chantaient
Ce refrain d'autrefois

  目を閉じて私は想像した
  ヴァイオリンと二つの心が
  この昔の歌を歌っていた

mmmm
A toi, à toi pour la vie
Cette mélodie si simple et si jolie
Racontait une autre vie
Où les amants prenaient le temps
De se dire ‘je t’aime’ simplement
En chantant ce refrain d'autrefois

  ムムムム
  あなたのために、一生あなたのためにと
  そしてとても素朴でとても美しいそのメロディーは
  ある別の人生を物語っていた
  そこでは恋人たちはただ愛をささやき合うだけの
  時を過ごしていた 
  この昔の歌を歌いながら

Ce refrain dautrefois3



Ce refrain d'autrefois

  …
  この昔の歌


Ce refrain d'autrefois

  …
  この昔の歌

mmmm
A toi, à toi pour la vie
Quand dans son écrin j’ai rangé ce refrain 注4
Des notes se sont envolés
Depuis la pluie sur mes volets fredonne toute la journée avec moi
Ce refrain d'autrefois
Ce refrain d'autrefois

  ムムムム
  あなたのため、一生あなたのためにと捧げた歌
  私が宝石箱にこの歌をしまい込むと
  音符たちは姿を消した
  以来、部屋の雨戸を叩く雨音が私といっしょにひねもす口ずさむ
  この昔の歌を
  この昔の歌を

[注]
1 gisait:文章用語のgésir「横たわる、落ちている」の3人称単数半過去
2 désuet(te)「すたれた、古くさい」
3 ひとりのミュージシャンが演奏したというのは、心のなかで描いているのか、あるいは本人がピアノで弾いたということだろう。
4 ここが最後まで不安だったが、ほかに取りようがない。普通はQuand j’ai rangé ce refrain dans son écrinとすべきところを、語順を変えている。sonはce refrainのために用意したという意味合いだろう。




コメント
歌好きの74才男性です。「昔の歌」はとても好きな歌で、カラオケ店では金子由香利に合わせたものをよく歌います。それを聴いたある女性が自分も覚えたいというのでCDを贈ることにしたのですが、私はこんな時には曲の解説を添付することがしばしばあります。今回もこの曲のルーツを調べるためにネットで検索したら、貴方様のすばらしいブログが見つかり、拝見して感激しました。
歌の中に「敗れた窓に打つ雨がまだ歌ってる・・・」という部分があって、この情景がどうもしっくりしない思いがこれまであったのですが、今回その背景が理解できてとてもすっきりしました。記事から引用してフランス語訳も全部添付することにしますので、きっと彼女もこの曲に愛着を感じるようになると思います。ありがとうございました。
星野嘉邦dot 2016.01.11 05:26 | 編集
コメントありがとうございました。お役に立ててうれしいです。どうぞ引用してお使いください。
朝倉ノニーdot 2016.01.11 07:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top